コート・ド・ニュイ最南端の村名アペラシオンで経済の中心地

【ニュイ・サン・ジョルジュ 〜Nuits-Saint-Georges〜】

←クリック

 コート・ド・ニュイに所在する村々はいずれも人口数百人ほどの小さな村ですが、最南端のニュイ・サン・ジョルジュは人口5,500人のコート・ド・ニュイ最大の町です。ここにはフェヴレ社を始め多くのメゾンの本社があり、ブルゴーニュワインの経済的な中心地です。

 北はヴォーヌ・ロマネ村、南はコート・ド・ボーヌの玄関口ラドワ・セリニー村に接する南北に5劼砲錣燭辰萄拂垢伸びるこのアペラシオンには特級畑はありませんが、「レ・サンジョルジュ」、「レ・ヴォークラン」、「クロ・デ・ポレ」、「クロ・ド・ラ・マレシャル」等の有名な一級畑があります。

下にニュイ・サン・ジョルジュの葡萄畑の概略地図を掲載していますのでご覧下さい。この概略図はブルゴーニュワイン大全等の資料を基に、当店店長がエクセルで描画したものなので、縮尺(畑の広さ)は正確ではありませんが、畑の位置関係等は参考になると思います。

 特に秀逸な一級畑は1892年に制定された町の名前の由来となった畑で現在特級への格上げの検討がされている7.47haのレ・サンジョルジュです。また、町の名前を決める時、最後までレ・サン・ジョルジュと競った候補がレ・ヴォークランであることから、この二つが最良の一級畑と言えます。

 

 ニュイ・サン・ジョルジュで最も有名かつ秀逸な生産者は次にあげるドメーヌでしょう。まずは、「ニュイ・サン・ジョルジュの王様」と呼ばれ、現在ニュイ最高の造り手との評価の高いドメーヌ・ロベール・シュヴィヨンです。

 

 20世紀初頭からワインを造っている名門ドメーヌですが、ドメーヌの創設者ロベール・シュヴィヨン氏が運営にかかわり始めた1968年頃から頭角を現し、その後1977年から全てドメーヌ元詰めを開始し、今日の名声を築きました。

 

 ロベール・シュヴィヨンが擁する全ての葡萄畑は、ニュイ・サン・ジョルジュにあり、まさにニュイに特化したドメーヌです。このニュイ・サン・ジョルジュのお手本とも言えるこのドメーヌの特筆すべき点は葡萄の樹齢が高いことで、平均で50〜75年、ヴォークランには樹齢100年のものもあります。

 

 そしてもう一つは、ニュイ・サン・ジョルジュ屈指の老舗名門ドメーヌであるドメーヌ・アンリ・グージョです。創始者アンリ氏はブルゴーニュのドメーヌワインの立役者とも言える人物で、20世紀初期、ネゴシアンによって名前を偽ったブルゴーニュワインが出回っていたのを危惧して1929年、ブルゴーニュワインの品質を守る組織を結成し、この地でもっとも早く自家元詰を実現しています。

 

 また、ヴォルネイのマルキ・ダンジルヴィーユ氏と共に原産地呼称制度の推進を進め、1946年にはコート・ドールの組合長に就任するなど、今日のブルゴーニュ・ワインの基礎を築いた偉大な方なのです。ワインの偉大な造り手ということだけでなく、高潔な人格者で、アペラシオンに格付け作業をしていた当時、ニュイ・サン・ジョルジュの村長かつニュイの葡萄畑の主要所有者でもあったことから、身贔屓との批判を避けるためニュイ・サン・ジョルジュに敢えて特級畑を認めなかったと言われています。

 

 1967年の偉大な創始者の死後、ドメーヌ・アンリ・グージョは一時期低迷していた時代もありましたが、1990年代に入ってアンリ氏の孫にあたる三代目のピエール氏とクリスチャン氏が後を継いでからは、再び高い品質と評判を取り戻し、ニュイ・サン・ジョルジュのトップ・ドメーヌの地位に返り咲いています。

 また、大手ネゴシアンのアントナン・ロデ社の社長を務めたベルトラン・ドヴィラール氏が前所有者から1996年に買収し、著名な醸造家ナディーヌ・ギュブラン女史を採用して、一気に人気ドメーヌの仲間入りを果たしたドメーヌ・デ・ペルドリも注目すべき造り手の一人です。DRCに匹敵すると評価されたエシェゾーの他に、ここニュイ・サン・ジョルジュにおいて、カジ・モノポール(ほぼモノポール)でペルドリ(ヤマウズラ)の絵柄のエチケットが印象的な一級オー・ペルドリを造っています。

 更に、1987年に保険会社のアクサが建物とクロ・ド・ラルロ及びクロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュの二つのモノポールとクロ・デュ・シャポーを買い取り、生まれ変わったドメーヌ・ド・ラルロも見逃せません。この新生ドメーヌ・ド・ラルロは、デュジャックの創設者ジャック・セイスに師事したジャン・ピエール・ド・スメにドメーヌ運営が託され、フィネスとエレガンス溢れるそのワインは「プティDRC」と高く評価されヨーロッパで絶大な人気を誇ります。

 スメの退職後、醸造責任者はオリヴィエ・ルリシュ、クロ・ド・タールに引き抜かれた天才ジャック・デヴォージュ、現在のジェラルディンヌ・ゴドと比較的短期間で代わりますが、根底にあるエレガントなワインのスタイルの軸が連綿と継承されているのは、見事というほかはなく、ドメーヌ・ド・ラルロにおけるワイン造りの根幹が、「畑のテロワールを純粋に表現すること」と「高品質で凝縮された果実を収穫すること」にあるのがその理由です。

 ニュイ・サン・ジョルジュはジュヴレ・シャンベルタンに次ぐ栽培面積の大きなアペラシオンであることから、ニュイ・サン・ジョルジュに本拠を置くドメーヌだけでなく、エマニュエル・ルジェやジャック・フレデリック・ミュニエ等の最高峰生産者がここに畑を所有し、秀逸なワインを造っています。

 特に一級クロ・ド・ラ・マレシャルは50年契約でフェヴレ社に貸し出していたものが、2003年に契約期限が終了し、ミュニエ家に帰ってきたもので、2004年ヴィンテージからジャック・フレデリック・ミュニエの9.55haのモノポール(単独所有畑)として新たにリリースが始まった注目のワインです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [17] 商品中 [1-12] 商品を表示しています 次のページへ




全 [17] 商品中 [1-12] 商品を表示しています 次のページへ
[ニュイ・サン・ジョルジュのテロワール]

 下の写真は、美術出版社発行のワイナート55号「ニュイ・サン・ジョルジュ特集」記事中に掲載されたニュイ・サン・ジョルジュの葡萄畑区画地図です。

 上の写真図を見てお分かりのように、ニュイ・サン・ジョルジュのアペラシオンは、ニュイ・サン・ジョルジュ町とその南のプレモー・プリセ村の2村が栽培区域に指定された細長い区域で、その全長は南北に5キロメートルにも及んでいます。 ニュイ・サン・ジョルジュには特級畑はありませんが、実に41、合計面積147haもの一級畑があり、非常に評価の高い優れたクリマも少なくないものの、複雑で分かりにくいアペラシオンとなっています。

 従って、ニュイ・サン・ジョルジュのテロワールを知るには次の三つの区域・タイプに分けて考える必要があります。

 (1)まず、ニュイ・サン・ジョルジュは、ムーザン川を境に二つに分けられ、北側のヴォーヌ・ロマネに接する北部エリアは、ヴォーヌ・ロマネとよく似た土壌構成であることから、ニュイの典型であるがっしりとした骨組みはそのままに、ヴォーヌ・ロマネ風の柔らかく、優美なスタイルが際立ってくる区域です。このエリアに位置する主な一級畑は、レ・ブード、シェニョ、ミュルジュ、ダモード、ヴィーニュ・ロンド、リシュモーヌ等の一級畑群です。

 (2)一方、南側はこのアペラシオンの中核となる区域で、全般的に表土が深く、その表土も粘土質が強めであるため、大変濃厚で力強いニュイが造られます。特級畑のないニュイにおいて最も優れた一級畑と言われ、特級昇格の動きのあるレ・サン・ジョルジュを始め、ヴォークラン、レ・カイユ、プリュリエ等の一級畑がこのエリアに位置します。

 (3)アペラシオンの最南端となるのがプレモー・プリセ村の区域で、ここでは表土は深いものの、石灰質が強くなるためか、再び柔らかみを帯びたワインが産み出されています。また、ここでは重さや力強さを抽出しようとすると、粗削りなタンニンが出てくるので、熟練の技が求められるとも言われています。

 しかし、なんと言ってもプレモー・プリセ村の一級畑の特徴は、著名ドメーヌのモノポール畑が多いことで、コート・ド・ニュイ一の広さを持つジャック・フレデリック・ミュニエのクロ・ド・ラ・マレシャル、プリューレ・ロックのクロ・デ・コルヴェ、ラルロのクロ・ド・ラルロ、クロ・デ・フオレ・サン・ジョルジュ、ペルドリのオー・ペルドリ等実に8つのモノポール畑が存在します。

 このような理由から、もしもニュイ・サン・ジョルジュのテロワールを極めたければ、ニュイの北側と南側、そしてプレモー・プリセ村の三つのクリマを試してみることが必要と言われているのです。

Your recent history

Category

Recommended