ヴォーヌ・ロマネ一級クロ・デ・レア2021[ドメーヌ・ミシェル・グロ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 24,860円(税込)
在庫数 2本
購入数

名門グロ家の嫡流ドメーヌが誇る単独所有畑
[ヴォーヌ・ロマネ一級クロ・デ・レア]


霜害と病害により、収量が激減した最新ヴィンテージ2021年のドメーヌ蔵出し正規品
[ヴォーヌ・ロマネ一級クロ・デ・レア2021]


 ブルゴーニュの名門グロ一族の本家を継ぐ嫡流が六代目当主が運営するドメーヌ・ミシェル・グロです。(現在子息のピエール氏が七代目当主に就任しています)

 名醸造家ジャン・グロから引き継いだ数々の銘醸畑を所有していますが、中でもこちらのヴォーヌ・ロマネ一級クロ・デ・レアはドメーヌの看板ワインである面積2.12haのモノポールの畑です。

 ブルゴーニュの畑名で良く使われる「クロ(Clos)」とは「石垣」のことで、クロ・デ・レアはその名の通り、畑の周囲は石垣の塀で囲われています。



 グロ家では、1860年の取得以来何世代にもわたって、この貴重な畑が分割されないよう守ってきており、ミシェル・グロもこのクロ・デ・レアの分割を防ぐため、相続ではリシュブール等の特級畑を他の兄弟に譲っています。

 また、ドメーヌ・ミシェル・グロのワインのほとんどのボトルのエチケットには、このクロ・デ・レアのゲートの絵が描かれており、まさに名門グロ家のシンボルとも言えるモノポール畑です。

 ドメーヌ・ミシェル・グロの公式HPでは、このクロ・デ・レアについて次のように説明とコメントがされています。
『この畑を囲む三角形の壁は村の東側に伸びていて、その中腹 には巨大な門が堂々と立っている。非常に古い小さな家が壁の北側の隅にあり、村役場の広場に面している。

  クロ・デ・レアは、レアの谷から突き出た小さなふくらみの にある。下層土はオリゴセーヌ期のコングロメラ・ソーモ ンで、泥灰土と混ざり合った石灰の塊が多く存在する。こういった特徴の土壌が起伏しているので、水捌けは素晴らしく 良い。

  このような泥灰土の畑から生まれるワインは、タンニンがし なやかで、エレガントな芳香を放つ。酸が比較的弱いので、 若いうちから楽しむことができる。しかし飲みやすいという 印象によって判断を誤ってはならない。このワインは完璧なまでに均整がとれているため、実のところ10~15年にわたっ て果実味やフレッシュ感を保ち続けることができる』


 クロ・デ・レアは、ヴォーヌ・ロマネ村のプルミエ・クリュとしては標高240m〜245mのもっとも平地に位置し、東南東向きで、傾斜もほとんどない畑で、三角形の形をしており、すぐ傍にはドメーヌ・ルロワとその旗艦銘柄の一つ村名格畑ジュネブリエールもあります。下の航空写真でご確認下さい。


 こちらの商品は、ドメーヌ・ミシェル・グロがモノポール畑で造る最新ヴィンテージ2021年のドメーヌ蔵出し正規品[ヴォーヌ・ロマネ一級クロ・デ・レア2021]です。

 最新ヴィンテージとなるブルゴーニュの2021年は、遅霜や湿気、病気等により葡萄畑は壊滅的な被害を被り、また、フランス農務省からも過去半世紀で最低の収量との報告もされています。中でも、4月初旬の遅霜により、萌芽が早く早熟のシャルドネ主体のコート・ド・ボーヌ地区の霜害の被害は甚大で、コート・ド・ボーヌの白ワインは平均収穫量の70%〜80%減少と言われています。

 芽吹きの遅いピノ・ノワールは、シャルドネほどの被害はないものの、やはり収量は減少しており、ミシェル・グロの公式HPでは、2021年について、『高地のオート・コート・ド・ニュイは、芽吹きが遅く、霜害の被害は免れたものの、コート・ド・ニュイでは、収量の40%〜50%が失われた』と記しています。

 ある著名な生産者が、2021年ヴィンテージについて、『葡萄畑が大変な年で、衛生状態の良い、健全な葡萄を収穫するために一生懸命働いた』と語っているように、ブルゴーニュの2021年は『栽培家の力量と経験、ノウハウが生きた[栽培家のミレジム]とも言われ、収量こそ少ないものの、霜害や病害等の悪条件を乗り越えて健全に実った葡萄で造られたワインは高品質で、1970年代のようなクラシカルなスタイル(涼しい気温と変わりやすい天候を思い出させる、昔の純粋なブルゴーニュのヴィンテージ)』に仕上がっています。

 この収量減の影響で、これから順次リリースされる2021年ヴィンテージは大幅な価格高騰と品薄が必至な状況となっておりますので、著名生産者のワインはお早目の購入をお薦めいたします。


 こちらの商品は、ラックコーポレーション様輸入のドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品です。セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


【商品内容】
商品名:ヴォーヌ・ロマネ
    一級クロ・デ・レア2021

仏語名:2021 Vosne Romanee
    1er Cru Clos de Reas

生産者:ドメーヌ・ミシェル・グロ 
    (Domaine Michel Gros)
容量 :750m
タイプ:赤ワイン


ドメーヌ・ミシェル・グロの公式HPに於いて、2021年ヴィンテージ情報が発表されておりますので、参考までに全文を掲載いたします。ミシェル・グロのみならず、2021年のブルゴーニュ全体にほぼ共通するヴィンテージ情報としてお読みくださいませ。
----------------------------------------------------------------------------------------
 2020年から2021年にかけての冬は温暖で湿度が高く、冬が開ける頃には土壌に十分な 水分が蓄えられていました。

 2月末に温かくなり、早期の芽吹きを心配しましたが、幸いにも 3月に入ると冷涼な気候に戻り、月末になって気温が上昇してきました。

 葡萄の成長サイクル が既に始まっている中、4月6、7、8日に霜が下りたとき、それは衝撃的な惨事となりました。 損害はとても深刻でしたが、区画による大きな差も見られました。丘の頂上付近の畑ではより 早くに成長が始まるため損害が大きく、成長の遅い平野の畑では比較的損害が限られていました。コート・ド・ニュイで失われた芽は平均すると 40~50%、オート・コート・ド・ニュイは 標高が高く、成長が遅いために霜害を完全に逃れていました。

 8月中旬から天候条件が改善され、葡萄の色づきや成熟が助けられました。葡萄の健全さはこの時点で満足のいくものでしたが、ウドンコ病の存在はたくさんの畑で認められ、 特にオート・コート・ド・ニュイで増加していました。

 収穫は 9月19日にコートで始まり、10月3日にオート・コートで終わりました。コー ト・ド・ニュイでの葡萄の健全さはとても満足度の高いものに留まり、選果も軽くする程度 で済みました。

 一方、オート・コート・ド・ニュイでは、特に 9 月末に雨が降り出したことか ら、葡萄の健全度が落ちてしまい、最良の品質だけを求めるために厳しい選果が必須となり ました。区画の中の一つはあまりに劣化がひどく、収穫さえも出来ませんでした。

 ここ最近の 3 つのヴィンテージと異なり、2021年はより冷涼な年ですが、難しい天候に善処を尽くした、とても良い品質を呈す「クラシック」なヴィンテージと形容することができ るでしょう。美しいバランスに特徴づけられたこの年のワインは、果実味が高く、多大な繊細 さがあります。地方名のアペラシオンのワインは直ぐに喜びを与えてくれ、より格高い畑から 造られたワインは長期熟成に相応しいでしょう。


Your recent history

Category

Recommended