【シャンボール・ミュジニー概観】

 ブルゴーニュで「最もエレガントで女性的」と表現されるワインを産むアペラシオンがシャンボール・ミュジニーです。シャンボール・ミュジニーは人口僅か300人ほどの小さな村ですが、そこから生まれるワインは「レースのような口当たり」とたとえられる優美さと繊細さで世界中のワインラヴァーを魅了しています。

 シャンボール・ミュジニーには2つの特級畑と24の一級畑がありますが、北端と南端に位置するボンヌ・マールとミュジニーという2つの偉大な特級畑が象徴するように、村の北部と南部ではワインの特徴が異なります。

 村の北端のグラン・クリュ「ボンヌ・マール」や銘醸一級畑「レ・クラ」は、比較的粘土質を多く含む土壌で、傾斜がなだらかで表土が厚いため、ジュヴレ・シャンベルタンのように肉付きが良くしっかりとした骨格のワインとなります。

 一方、南端のグラン・クリュ「ミュジニー」や圧倒的な人気を持つ一級畑「レザムルーズ」は、勾配がきつい斜面のため土壌の層は薄く、地層の石灰岩が表土近くまで迫っているため、石灰岩由来のミネラルにより優美な骨格と気品を持ったワインとなるのです。

 下にシャンボール・ミュジニーの葡萄畑の概略図を掲載しましたが、これはブルゴーニュ・ラヴァーにとってバイブルとも言うべきブルゴーニュワイン大全等の資料を基に、当店店長がエクセルで描画したものですので、縮尺(畑の広さ)は正確ではありませんが、畑の位置関係を理解する参考になると思います。

【一級畑レザムルーズのご紹介】

 レ・ザムルーズは、シャンボール・ミュジニーを代表する特級畑ミュジニーの下に位置する面積5.40haの比較的小さな一級畑です。下の写真の通り、南東を向いた斜面は、クリマの下部では、ヴージョの村に向かって急勾配となっています。  急斜面の畑に立つと、眼下にヴージョの湧き水でできた池、その向こうにヴージョの村の家並み、右手にクロ・ド・ヴージョの城、そして遥か地平線まで続く緑の大地を一望することができ、コート・ド・ニュイ随一の絶景です。

 元々レ・ザムルーズは、同じく一級の「クロ・パラントゥ」、「クロ・サン・ジャック」と並んで”特級を凌ぐ偉大な一級銘醸畑”として知られていました。シャンボール・ミュジニー一級レ・ザムルーズではなく、単にアムルーズとだけ言い慣わされてきたので、特級と勘違いされるほどで、実際多くの造り手たちが試飲順を特級ボンヌ・マールの後にし、かつ値付けもボンヌ・マールと同等あるいはそれ以上にしています。

 日本においてその名が更に有名になったのは、人気漫画「神の雫」第一巻に登場した"第一の使徒"が、ジョルジュ・ルーミエの造るアムルーズ(ルーミエはエチケットに定冠詞Lesを付けず、Amoureusesと表記)であったことにもよるでしょう。

 一つの畑に複数の所有者が存在するのがブルゴーニュの特徴ですが、ここレ・ザムルーズもご多分にもれず17名の所有者がおり、最大所有者のロベール・グロフィエ(1.07ha所有)を筆頭に複数の生産者がレ・ザムルーズを造っていますが、いずれの生産者のレ・ザムルーズも銘醸畑に相応しい品質と評価されています。

 下の図表は、当店の店長がいろいろな関連書籍から一級畑レザムルーズの主要所有者の区画位置とその面積を調べ、エクセルで描画したものです。縮尺や区画の形状は正確ではありませんが、レザムルーズを理解する上で参考になると思います。

 レ・ザムルーズの中で、ブルゴーニュ最高峰の作り手であるJ.Fミュニエ(0.53ha)、ヴォギュエ(0.56ha)、ルーミエ(0.4ha)が極少量造るレ・ザムルーズは特に素晴らしく、これが人気と希少性を一層加速させ、入手困難にしています。

 事実、ヴォギュエの作るワインの中で、一級レ・ザムルーズは、特級ミュジニー、ボンヌ・マールに次いで3番手の銘柄ですが、生産量が二つの特級畑と比べ極端に少ない上に、「恋人たち」を意味する畑名も人気を呼んで、上位2銘柄よりも高価で手に入りにくいワインになっています。

 余談ですが、多くの本でこれまでレ・ザムルーズの和訳を「恋人たち」としていましたが、男女のカップルの場合は「Les Amoureux」(畑の方はLes Amoureuses)と綴るそうで、従って最近では「恋する乙女たち」との訳語をあてているようです。50年以上も昔、舟木一夫の歌に「花咲く乙女たち」というヒット曲がありましたが、そんな感じでしょうか。上手い訳語をつけるものです。

 上述の三人の最高峰の造り手の他にも、最大の所有者ロベール・グロフィエを始め、シャンボール・ミュジニーのトップクラスの造り手であるドメーヌ・アミオ・セルヴェル等が素晴らしいレザムルーズを造っています。

 更に、現在ブルゴーニュで新進気鋭の人気生産者ドメーヌ・フーリエも2013年ヴィンテージから個人名ジャン・マリー・フーリエの名前でレザムルーズのリリースを開始していますので、これら優れた生産者の競演で、今後もより優れた品質のワインが生み出されていくはずです。

【ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエのレ・ザムルーズはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・アミオ・セルヴェルのレ・ザムルーズはこちらからどうぞ】
【最大の所有者ドメーヌ・ロベール・グロフィエのレ・ザムルーズはこちらからどうぞ】
【当代一の人気生産者ドメーヌ・フーリエ当主ジャン・マリー・フーリエのレ・ザムルーズはこちらからどうぞ】

Your recent history

Category

Recommended