【モンラッシェ概要】  

 世界に冠たる白ワイン「モンラッシェ」を産むのが、ピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェの二つの村です。世界最高峰の白ワイン「モンラッシェ」は、小説「三銃士」で有名な文豪デュマ(1802〜1870)が、「脱帽し、跪いて飲むべし」と称えたことで有名です。

 フランス語では、” Il faut deguster le montrachet à genoux et tête découverte,affirmait  . 〜 Alexandre Dumas〜”という台詞です。

 モンラッシェの評価がこれほどまでに高くなったのは、18世紀になってからで、1787年にフランスのワイン畑を視察し、格付けを記した、かのトーマス・ジェファーソン(アメリカ独立宣言の起草者で、第3代米国大統領、当時は駐フランス公使)によれば、当時ブルゴーニュで最高のワインは、シャンベルタン、ロマネ(今のロマネ・コンティ)、クロ・ド・ヴージョ、そしてモンラッシェであり、これら四つのワインの価格は同じだったそうです。

 また、フランスワインの格付けと言えば、1855年ナポレオン3世の命により定められた「ボルドーの格付け」が有名ですが、ブルゴーニュでは同じ年に、その著書「コート・ドールの葡萄と銘酒の歴史と統計」によるディジョン大学の「ラヴァル博士の格付け」が有名です。この格付けは個人によるものではありますが、後のブルゴーニュのAOC制度に影響を与えたほど評価の高いものです。

この「ラヴァル博士の格付け」の中で、シャンベルタンとロマネ・コンティは、テッド・ド・キュベ(特級)ですが、モンラッシェは唯一テッド・ド・キュベ・エキストラという特別な称号を与えられており、更に「モンラッシェは稀少、かつ驚くべき葡萄酒にして、ごく少数の選ばれし民のみがその瑕疵なき姿態を堪能することが許される。最良年のボトルを購える者は、どんな価格であろうと、いくら払おうとも、高きに過ぎぬことを得心すべし。」と絶賛されています。

 これ以降モンラッシェこそがブルゴーニュ最高のワインであるとの評価が定まり、冒頭のあの文豪デュマの言葉となったのでしょう。

 日本でも下の写真の通り、美術出版社発行のワイナート47号の中で「モンラッシェ特集」として約50頁にわたって大きく紹介されておりますので、モンラッシェとその生産者についてよくご存じの方は多いと思います。

 モンラッシェ(Montrachet)とはフランス語の禿山の意味ですが、石灰岩と泥灰岩が交互に重なるこの禿山の土壌は、灌木や雑草が生えるだけの痩せた不毛の地でした。この土地から世界最高の白ワインが生まれるとは不思議な気がします。

 特級畑モンラッシェは、「ラッシェ山」の中腹にピュリニーとシャサーニュ両村にまたがって広がる面積7.9980haのクリマで、ピュリニー側が面積4.01ha、シャサーニュ側が面積3.98haで、モンラッシェに区画を持つ幸運な所有者は16名です。二つのモンラッシェの違いは、ピュリニー側の区画が定冠詞のつかない「Montrachet」、シャサーニュ側の区画が定冠詞がつく「 Le Montrachet」となりますが、実際には厳密に区別されてはいないようです。

【モンラッシェ区画図と所有者】

 下の図はブルゴーニュワイン大全等の資料を元に、当店店長がエクセルでモンラッシェの区画図とその区画毎の所有者を描画したものです。モンラッシェを理解する上でも是非ご覧ください。

 (*注)区画図中の番号は、モンラッシェの畑の区画番号ですが、歯抜け状態になっているのは、これまでの合併や分割によるためです。例えば、二つの区画が合併すると「片方の区画番号は消失」し、逆に一つの区画を分割すると、もう一つの区画は「一番大きな番号に1を加えた番号」となります。

【2016年ヴィンテージのモンラッシェ-NEWS-】  

 2016年はモンラッシェにとって歴史に残る大変なヴィンテージとなりました。と言うのも、2016年4月下旬にブルゴーニュ全域は霜による被害を受けましたが、壊滅的な被害を被ったのがモンラッシェだったためで、モンラッシェの2016年の生産量は通常年の1/10と言われてるほど稀少かつ貴重なものになっています。

 通常は霜は冷気のたまる平地にある村名やACブルゴーニュの畑に大きな影響を及ぼしますが、2016年春は「コート・ドール(黄金の丘)」と呼ばれる東向きの斜面全体に及び、南はシャサーニュ・モンラッシェの白ワインの畑から、北はディジョン郊外までがその対象となったため、モンラッシェやバタール・モンラッシェのような標高の高い斜面のグランクリュが霜害を受けたためです。

 シャサーニュ側のル・モンラッシェの最上部の「ダン・ド・シャン(犬の歯)」に僅か0.11haの極小区画を所有しているマルク・コランの言によれば、「これまでに深刻な霜害は1951、1967、1974、1981年があるが、今年は81年よりひどい。モンラッシェとバタール・モンラッシェはほぼ全滅だろう」とのこと。

 

下にモンラッシェの2016についてのワインリポートを引用・転記しておりますのでご覧下さい。

 『世界最高峰の白ワインと目されるブルゴーニュのMontrachet Grand Cru(モンラッシェ グランクリュ)の2016年ヴィンテージで、ぶどうの収穫量の少なさから各ワイナリー単独でワインが醸造できず、6つのドメーヌがぶどうを持ち寄り、そのぶどうからひとつのワインが造られることとなった。

 加わるのはDomaine de la Romanée-Conti (DRC:ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)、Domaine des Comtes Lafon(ドメーヌ・デ・コントラフォン)、Domaine Leflaive(ドメーヌ ルフレーヴ)、Domaine Guy Amiot et Fils(ドメーヌ ギィアミオ・エ・フィス)、Domaine Lamy-Pillot(ドメーヌ ラミィ-ピヨ)、Domaine Fleurot Larose(ドメーヌ フルーロ-ラローズ)の6つの生産者。

 2016年のヴィンテージでは、各ドメーヌの所有するモンラッシェ グランクリュの畑から収穫されたぶどうを一緒に醸造して、228リットルのバレル2樽分のワインが造られる見込み。

 モンラッシェ グランクリュの総面積は7.9ヘクタールで、上記6社は合計でそのうち1.25ヘクタールを所有する。 2016年ヴィンテージは、春の霜害の打撃でぶどうの収穫量が激減し、6つの生産者の収穫を合算してもワイン2樽分(750mlボトル・600本分)にしかならず、これは例年6社が生産するモンラッシェ グランクリュの総量の10分の1に過ぎないという。2016年ヴィンテージでは、6社のうちどの生産者も1樽分を自分で満たすことができなかった。

 コントラフォンのDominique Lafon氏とDRCのAubert de Villaine氏の提案で、6つのプロットから収穫されたぶどうは、ルフレーヴのネゴシャンハウスがすべて同一金額で買い取り、ワインはルフレーヴで醸造され管理される。ワインのリリース時には、ワインは6社で平等に分けられるという。』-以上引用・転記-

 上記の報告の通り、2016年4月26日〜4月27日にかけてコート・ドールを襲った霜害の被害は甚大で、特に成長の早いシャルドネが影響を受け、地域的にはムルソーとシャサーニュ・モンラッシェが壊滅的な打撃を受けています。

 しかし、霜害の後の天候が良かったため2016年ヴィンテージは高評価となっており、「生産量は少ないものの、厳しい環境を生き抜き、たくましく育った葡萄で造った秀逸なモンラッシェ」として歴史に残るヴィンテージとなりました。

【最高峰生産者の造るモンラッシェ】

【エティエンヌ・ソゼのモンラッシェはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・コント・ラフォンのモンラッシェはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・マルク・コランのモンラッシェはこちらからどうぞ】

Your recent history

Category

Recommended