【モンラッシェ概要】  

 世界に冠たる白ワイン「モンラッシェ」を産むのが、ピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェの二つの村です。世界最高峰の白ワイン「モンラッシェ」は、小説「三銃士」で有名な文豪デュマ(1802〜1870)が、「脱帽し、跪いて飲むべし」と称えたことで有名です。

 フランス語では、” Il faut deguster le montrachet à genoux et tête découverte,affirmait  . 〜 Alexandre Dumas〜”という台詞です。

 モンラッシェの評価がこれほどまでに高くなったのは、18世紀になってからで、1787年にフランスのワイン畑を視察し、格付けを記した、かのトーマス・ジェファーソン(アメリカ独立宣言の起草者で、第3代米国大統領、当時は駐フランス公使)によれば、当時ブルゴーニュで最高のワインは、シャンベルタン、ロマネ(今のロマネ・コンティ)、クロ・ド・ヴージョ、そしてモンラッシェであり、これら四つのワインの価格は同じだったそうです。

 また、フランスワインの格付けと言えば、1855年ナポレオン3世の命により定められた「ボルドーの格付け」が有名ですが、ブルゴーニュでは同じ年に、その著書「コート・ドールの葡萄と銘酒の歴史と統計」によるディジョン大学の「ラヴァル博士の格付け」が有名です。この格付けは個人によるものではありますが、後のブルゴーニュのAOC制度に影響を与えたほど評価の高いものです。

 この「ラヴァル博士の格付け」の中で、シャンベルタンとロマネ・コンティは、テッド・ド・キュベ(特級)ですが、モンラッシェは唯一テッド・ド・キュベ・エキストラという特別な称号を与えられており、これ以降モンラッシェこそがブルゴーニュ最高のワインであるとの評価が定まり、冒頭のあの文豪デュマの言葉となったのでしょう。

 モンラッシェ(Montrachet)とはフランス語の禿山の意味ですが、石灰岩と泥灰岩が交互に重なるこの禿山の土壌は、灌木や雑草が生えるだけの痩せた不毛の地でした。この土地から世界最高の白ワインが生まれるとは不思議な気がします。

 特級畑モンラッシェは、「ラッシェ山」の中腹にピュリニーとシャサーニュ両村にまたがって広がる面積7.9980haのクリマで、ピュリニー側が面積4.01ha、シャサーニュ側が面積3.98haです。二つのモンラッシェの違いは、ピュリニー側の区画が定冠詞のつかない「Montrachet」、シャサーニュ側の区画が定冠詞がつく「 Le Montrachet」となりますが、実際には厳密に区別されてはいないようです。

【モンラッシェ区画図と所有者】

 下の図はブルゴーニュワイン大全等の資料を元に、当店店長がエクセルでモンラッシェの区画図とその区画毎の所有者を描画したものです。モンラッシェを理解する上でも是非ご覧ください。

 (*注)区画図中の番号は、モンラッシェの畑の区画番号ですが、歯抜け状態になっているのは、これまでの合併や分割によるためです。例えば、二つの区画が合併すると「片方の区画番号は消失」し、逆に一つの区画を分割すると、もう一つの区画は「一番大きな番号に1を加えた番号」となります。

【最高峰生産者の造るモンラッシェ】

【エティエンヌ・ソゼのモンラッシェはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・コント・ラフォンのモンラッシェはこちらからどうぞ】

Your recent history

Category

Recommended