特級シュヴァリエ・モンラッシェ2020[ドメーヌ・ド・モンティーユ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 126,500円(税込)
在庫数 1本
購入数

由緒ある歴史を持つシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェから引き継いだ僅か0.25haの珠玉の特級シュヴァリエ・モンラッシェ

長期熟成向きの優良年2020年に僅か1050本のみ造られた稀少キュヴェ
[特級シュヴァリエ・モンラッシェ2020]


 ドメーヌ・ド・モンティーユの特級シュヴァリエ・モンラッシェは、2017年ヴィンテージからドメーヌ・ド・モンティーユ名でリリースされていますが、それまでは「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」が所有していた畑でした。

 「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」という素晴らしい名前を持つこのドメーヌは、ピュリー・モンラッシェの村はずれに佇む壁に囲まれた瀟洒な城館を持つ、いかにもピュリニーらしい造り手ですが、次のように幾つかの変遷を経ています。

 この城館は17世紀に建てられたもので、ナポレオン帝政期には、当時のボーヌ市長ジャン・バティスト・デスドゥアールが所有し、1950年代からは葡萄栽培家でサン・ロマン村長のロラン・テヴナンの手にわたり、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェのワインは名声を誇りました。

 その後テヴナン氏は、シャブリのミシェル・ラロッシュに売り、ラロッシュはすぐにシャトーの前庭の樹木を引き抜いて畑にし、大通りまで葡萄を植えました。これが今のブルゴーニュ・ブラン クロ・デュ・シャトーですが、この頃からシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェは、長い低迷期に入ります。
 
 ラロッシュはシャブリの生産者であるだけに、シャトーの前庭を潰し、畑にするなど収量をあげ、生産本数を増やすことを第一に考えていたようで、畑には除草剤を使用し、鍬入れもしてこなかったことで畑は最悪の状態で、所有する珠玉の特級畑モンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェも正に「宝の持ち腐れ」であったようです。


 結局、パリに本拠を置くクレディ・フォンシェ銀行に身売りすることになりますが、2001年に銀行は低迷期からの脱出を図るために、ドメーヌ・ド・モンティーユの当主エティエンヌ氏を総責任者に指名します。エティエンヌ氏は直ちに畑の改良に着手し、収量を極端に下げ、ビオディナミ農法に転換して、ワインの酒質は劇的に改善され、傾きかけていたシャトーの名声復活を成し遂げすことに成功しました。

 そして、2012年にドメーヌ・ド・モンティーユが銀行からこの由緒あるシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェを買い取ったのです。

 シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェは、特級モンラッシェとバタール・モンラッシェも所有していましたが、この二つの特級畑はドメーヌ・デュージェニーのフランソワ・ピノー氏に売却し、残った特級シュヴァリエ・モンラッシェ、ムルソー一級ペリエール等の上位アペラシオンは、ド・モンティーユとして、また、下位アペラシオンはド・モンティーユのネゴスものとしてそれぞれリリースすることとなります。

 かくして、2016年ヴィンテージをもって、歴史あるシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェの名前での生産を終え、2017年からはドメーヌ・ド・モンティーユのラベルで造られていいるのです。

 大変長い前置きとなりましたが、こちらの商品は、ドメーヌ・ド・モンティーユの最新ヴィンテージの[特級シュヴァリエ・モンラッシェ2020]で、2024年2月輸入元から入荷のドメーヌ蔵出し正規品です。

 「騎士」の名を持つシュヴァリエ・モンラッシェは、モンラッシェの上部に位置する7.58haの特級畑で、標高260〜300mの斜面は東南東を向いています。造り手によっては、時にはモンラッシェを凌駕すると称えられる最高峰の白ワインです。

 シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェからド・モンティーユが引き継いだシュヴァリエ・モンラッシェは、ピュリニー・モンラッシェ一級ル・カイユレの真上にある面積0.25haのル・カイユレ区画(1974年特級認定)のもので、表土は浅く、石灰質の母岩が露出する土壌にあり、面積は僅か0.25haと大変稀少なワインで、輸入元資料によれば、『アカシアの花とそのハチミツのようなフレーバーがトップノーズに現れ、ミネラルの風味がアタックから余韻まで支配する秀逸なシュ ヴァリエ・モンラッシェ』です。

 下に当店店長がエクセルで描画したシュヴァリエ・モンラッシェ所有者とその区画図を掲載いたしましたので、ル・カイユレ区画(地図中番号А砲鬚干稜Гださい。

 (*注)生産者の中には関係書籍に記載のないものや公式HPを持たず、またHPに畑位置を公開していないところも多くあり、HP写真に写り込んだ風景や文章から推測したものも含まれておりますが、ほぼ正確な区画図と考えております。また、縮尺や面積は正確なものではありませんので、この点にご留意下さい。




  また、2020年のブルゴーニュについて、ブルゴーニュワイン委員会のHPを見ると、『2020年ヴィンテージは、発芽から収穫まで歴史的な早熟で、好天に恵まれ雨が降らなかったため、病気はほとんどなく、衛生状態の良い葡萄が収穫でき、多くの生産者にとって2020年のワインは並外れたものとなり、長期熟成向きの偉大なヴィンテージと予想される』と記しています。

 しかしながら、次の2021年ヴィンテージは、遅霜や湿気、病気等により葡萄畑は壊滅的な被害を被り、フランス農務省からも過去半世紀で最低の収量との報告もされています。特に萌芽の早いシャルドネの被害が甚大で、コート・ド・ボーヌでは、多くの生産者が70%〜80%の大幅な収量減となっています。この影響もあり、2020年ヴィンテージも大幅な価格高騰、かつ日本への輸入量も減少し、入手困難となっていますが、2021年ヴィンテージのワインは、更なる価格高騰と品薄が必至ですので、2020年ヴィンテージを是非ご検討下さいませ。

 ご参考までに、ド・モンティーユの公式HPによれば、この特級シュヴァリエ・モンラッシェ2020は、新樽率40%で、1050本造られましたが、次の2021年ヴィンテージは650本のみの生産で、対2020年比で40%減少しており、日本への輸入枠も少なく、品薄で価格高騰は不可避な状況でございます。


 こちらの商品は、ラックコーポレーション様輸入のドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品となりますが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。
【商品内容】
商品名:特級シュヴァリエ・モンラッシェ2020

仏語名:2020 Chevalier Montrachet Grand Cru

生産者:ドメーヌ・ド・モンティーユ
    (Domaine de Montille )
容量 :750ml
タイプ:白ワイン


 


Your recent history

Category

Recommended