【ジュヴレ・シャンベルタン概要】

 九つのグラン・クリュを擁するブルゴーニュ・ワインの王様の地、それがジュヴレ・シャンベルタン村です。ジュヴレ・シャンベルタン村は、コート・ドールの中でグラン・クリュを擁する村としては最北端にあり、ディジョンを起点に葡萄畑を縦走するグラン・クリュ街道(県道122号線)を南下するとこの村で最初にグラン・クリュに遭遇します。

 九つのグラン・クリュ以外にも、村北部のコート・ド・サン・ジャック地区には、クロ・サン・ジャックを始めとする銘醸一級畑群があり、まさにブルゴーニュ・ワインの王様にふさわしい陣容となっています。

 下の図は、ジュヴレ・シャンベルタンの特級・一級畑の葡萄畑の地図です。この地図は、当店店長が関係資料を基に、エクセルで描画したオリジナルですので、縮尺や形は正確ではありませんが、ジュヴレ・シャンベルタン村の葡萄畑の概要を把握する参考になると思います。

【ありそうで、ないシャンベルタンの区画図】

 皆様は、ジュヴレ・シャンベルタンの9つのグラン・クリュの中でも別格の特級畑シャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの畑の区画図をご覧になったことがありますか?ブルゴーニュワイン大全等には主要所有者の所有面積は掲載されているのですが、区画図とその所有者は、なかなか見つけることができませんでした。

 

 そこで、これまでに色々な資料を探し、それらを組み合わせて、ようやくシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの所有者とその区画図を表した地図を作製しましたので、下に掲載します。この地図は当店店長がエクセルで描画したオリジナルで、縮尺は実寸とは異なりますが畑の主要な所有者と位置関係及び面積が把握できますので参考にして下さい。

 この地図を見るとこの別格の二つの特級畑をバランスよく所有しているのはルソー家だけですので、ジュヴレ・シャンベルタンにおけるアルマン・ルソーの偉大さがよく分かりますね。

ご承知の通り、アルマン・ルソーのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは高価かつ入手困難ですが、これ以外にも優れた区画を所有する面白い造り手がいますので、ご紹介します。

1.ドメーヌ・ジャン・クロード・ベラン

 サントネイで五代続くドメーヌでルイ・ラトゥール家との婚姻により、1987年にシャンベルタンの区画0.41haを手に入れ、話題となりました。しかし、何故か2009年にドメーヌを閉め、その畑を区画が近接していたアルマン・ルソーに売却します。その結果、2009年からアルマン・ルソーのシャンベルタンとなり、それ以前のヴィンテージのジャン・クロード・ベランのシャンベルタンは、ドメーヌは消失したものの、アルマン・ルソーと同じテロワールを持つ「幻のシャンベルタン」という珍品となっています。

2.ドメーヌ・ルイ・レミー(現シャンタル・レミー)

 ルイ・レミーとして知られていたドメーヌは、2009年から名称を変更し、現在はシャンタル・レミーとしてワインを造っています。区画図を見ると分かりますが、ルイ・レミーのシャンベルタンの畑はドメーヌ・ルロワの畑と隣あっています。ご存知の通り、ドメーヌ・ルロワのシャンベルタンはドメーヌではリシュブールと双璧のトップ・キュベであり、価格も30万円以上でしょう。このルロワとルイ・レミーの畑が隣接しているのは偶然ではありません。

 代々ブルゴーニュの大地主の名家であり、歴史ある生産者であったレミー家は、ジュヴレ・シャンベルタンとモレ・サン・ドニに二つのドメーヌを構え、モレ・サン・ドニはルイ・レミー、そしてジュヴレ・シャンベルタンは弟のフィリップ・レミーが相続していました。ところが、1989年にフィリップ・レミーはドメーヌ・ルロワに畑を売却した結果、兄のルイ・レミーの区画と隣り合うことになったのです。つまり、ドメーヌ・ルロワの区画は元々レミー家の畑の一部であったものですから、両者は同じテロワールを持った畑です。同時に、この区画は、アルマン・ルソーとも隣接する好立地にあります。

 

 ルイ・レミーの死後、ドメーヌは娘のシャンタル女史がドメーヌを引き継ぎ、80年超えの葡萄樹から造るシャンベルタンを始め、ラトリシエール・シャンベルタン、クロ・ド・ラ・ロッシュの錚々たるグラン・クリュを造っており、ワイナート43号で日本にも大きく紹介されました。

 参考までに、ルイ・レミーは1959年まで唯一の「シャンベルタン・ブラン」を造っていました。現在はその畑は売却し、新たな持ち主はピノ・ノワールに植え替えていますので、コート・ド・ニュイで白のグラン・クリュが造られるのはミュジニーだけになっています。

3.ジャン・マリー・フーリエ

 現在ブルゴーニュで人気のドメーヌ・フーリエの当主ジャン・マリー・フーリエが2013年ヴインテージから「買い葡萄」でシャンベルタン及びシャンベルタン・クロ・ド・ベーズを造り、個人名でリリースを開始しています。いわゆる「ネゴシアン物」になりますが、契約農家を厳選し、新たな挑戦を開始しています。

4.ドメーヌ・ロベール・グロフィエ

 ドメーヌ・ロベール・グロフィエは、しばしばシャンボール・ミュジニーまたはジュヴレ・シャンベルタンにあるものと思われています。というのも、所有畑の多くはシャンボール・ミュジニーやジュヴレ・シャンベルタンの村にあるためで、本拠地の所在するモレ・サン・ドニの村には特級・一級畑は全く持っていないという面白いドメーヌです。

 ロベール・グロフィエは銘醸畑シャンボール・ミュジニー一級レ・ザムルーズの最大所有者として有名ですが、ドメーヌのトップ・キュベは、特級シャンベルタン・クロ・ド・ベーズです。ロベール・グロフィエのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、わずか0.42haという区画内の樹齢約40年の葡萄から造られる、年産1500本という大変稀少なワインです。

【ドメーヌ・アルマン・ルソーのシャンベルタンはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・アルマン・ルソーのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・ジャン・クロード・ベランのシャンベルタンはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・ルイ・レミーのシャンベルタンはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・フーリエ(ジャン・マリー・フーリエ)のシャンベルタン・クロ・ド・ベーズはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・ロベール・グロフィエのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズはこちらからどうぞ】

Your recent history

Category

Recommended