ブルゴーニュ・ワインの基礎を築いたシトー修道院の本拠地

【 ヴージョ  〜Vougeot〜 】

 ヴージョの歴史は1098年シトー派の修道院の設立によって始まります。以降修道士たちはヴージョ村に次々に葡萄畑を獲得・開拓していきます。ブルゴーニュの畑名で多い「クロ」とは「石垣で囲われた畑」の意味ですが、ヴージョでは既に1228年の文献に「シトー派による偉大なクロ」の記述があります。

 更に13世紀から14世紀にかけてのシトー派の勢力や権力の伸長に伴い、その造るワインが評判になると同時に政治の道具にもなったことから規模は飛躍的に拡大され、1789年のフランス革命により、畑を没収され、競売にかけられるまで続きます。

 ブルゴーニュ・ワインのシンボル「シャトー・ドュ・クロ・ド・ヴージョ」(クロ・ド・ヴージョ城)は、フランス革命まではワイナリーとして周辺一帯の葡萄を醸造していたのです。現存するクロ・ド・ヴージョ城は1551年に第48代シトー会修道院長のドン・ロワジエにより再建されたもので、現在は博物館と利き酒騎士団の本拠になっています。

 AOCとしてのヴージョの特徴はなんと言っても、村唯一の特級畑クロ・ド・ヴージョが村の葡萄畑のほとんどを占めることです。村の葡萄畑の全作付面積は65.86haですが、その内クロ・ド・ヴージョが50.96ha(77%)を占めています。反面、村名格畑はわずか3.22haに過ぎないことから、ヴージョは村名アペラシオンがコートドールで最少の村としても知られます。

 大変不幸なことに、この50.96haの広い面積に78名もの所有者が存在することが、由緒ある歴史を持つ特級クロ・ド・ヴージョの評価を過小かつ不遇なものにしています。下にヴージョ村の葡萄畑の概略地図を掲載したのでご覧ください。この地図は、当店店長が、ブルゴーニュ大全等の資料を基にエクセルで描画したものなので、縮尺(畑の大きさ)は正確ではありませんが、クロ・ド・ヴージョの小区画や主要所有者の保有区画、更にヴージョ周辺の村の葡萄畑の位置関係の理解の参考になると思います。

 特級畑クロ・ド・ヴージョは、その面積の広さからブルゴーニュ最大のグラン・クリュですが、上の地図を見て直ぐに分かる通り、畑の上部はシャンボール・ミュジニーの珠玉の特級畑「ミュジニー」やフラジェ・エシェゾー村の特級畑「グラン・エシェゾー」に隣接しているのに対し、畑の下部は国道74号線にまで達しており、隣り村の村名格畑と同じ標高・立地条件にあります。従って、クロ・ド・ヴージョのワインは均一ではなく、しかも転売や相続などによる畑の細分化で生産者も多数であることから、まさに「玉石混交の特級ワイン」となっているのです。

 ロマネ・コンティを筆頭とする幾つかのモノポール(単独占有畑)を除き、通常一つの畑に複数の生産者が存在するブルゴーニュでは畑と生産者の組合せが重要ですが、ここクロ・ド・ヴージョにおいては、特に畑の区画位置と生産者が品質の決定要因となります。その意味で、クロ・ド・ヴージョは最もブルゴーニュらしいワインと言えるのではないでしょうか。

 1831年の資料によると、クロ・ド・ヴージョは上部の『水はけ良好な石灰質の土壌』が「教皇の畑」、中央の 『砂利の多い一帯』は「王の畑」、下部の『粘土質の一帯』が「修道士の畑」として扱われていました。当然のことですが、特級に相応しいワインは上部の畑から造られますが、下部の畑も同じ特級クロ・ド・ヴージョを名乗れる上に、生産者の技量も加わるので、期待外れのワインも多いことから消費者にとっては非常に選択が難しく、これが約1000年もの由緒ある歴史を有する偉大なクロ・ド・ヴージョに対する正当な評価を妨げているのではないかと思います。

 

 古来よりクロ・ド・ヴージョの畑は小区画の位置により品質が異なるとされており、その小区画が示された古地図も残存しています。下の地図は、上に掲載したクロ・ド・ヴージョの葡萄畑地図の上に、古地図に示されている小区画の位置を重ねたものです。どの所有者が、どこの小区画に畑を持っているのか二つの地図を見比べて下さい。  もっとも、この小区画名は、数の単位や広さの単位、さらに土地の高低の表現がほとんどであり、幾つかを除いて、あまり魅力的なネーミングとはいえません。

 

 多くの生産者はこの小区画名をエチケットにつけることなく、単に「クロ・ド・ヴージョ」として造っているのがほとんどで、これらの小区画名は捨てられたと同然の状態です。この中で例外と言える小区画は、ドメーヌ・アンヌ・グロとミッシェル・グロ及びグレート・ヴィンテージの2009年限定でドメーヌ・メオ・カミュゼが付けた「グラン・モーペルチュイ」とグロ・フレール・エ・スールの「ミュジニ」の二つだけです。

 

 グラン・モーペルチュイは畑の上部で隣のフラジェ・エシェゾー村の特級畑グラン・エシェゾーに隣接するヴージョ最高と言われる小区画、またミュジニは、同じく畑の上部で、シャンボール村の珠玉の特級畑「ミュジニー」に隣接する優良な小区画であるだけに、優良生産者がこの小区画名をワインのエチケットにつけることで、他の多くのクロ・ド・ヴージョとの差別化を図り、クロ・ド・ヴージョの輝きを一日も早く取り戻して欲しいと一人のブルゴーニュ・ラヴァーとして心から願っています。

 上の二つの地図により畑の区画位置と生産者の組合せの観点から優良なクロ・ド・ヴージョを探すと、まず第一に挙げられるのがドメーヌ・メオ・カミュゼです。メオ家の畑面積は合計で3.03haですが、その中心となる区画の位置は、クロ・ド・ヴージョ城に隣接する最上の区画のシウル[Chioures]のもので、初代エティエンヌ・カミュゼが1920年にクロ・ド・ヴージョ城と一緒に手に入れたものです。メオ・カミュゼは、これ以外にも特級畑グラン・エシェゾーと接するヴージョ最高の優良小区画とされるグラン・モーペルテュイ[Grand Maupertui]内等にも分散して少量の畑を所有しており、これらをブレンドして最上級のクロ・ド・ヴージョを造っています。

左の写真はクロ・ド・ヴージョ城正面から左手に広がるメオ家の葡萄畑です。

 次に名門グロ一族の中で実力・人気ともNo.1のドメーヌ・アンヌ・グロです。アンヌ・グロの区画は、グラン・モーペルテュイ[Grand Maupertui]の小区画内にあり、グラン・エシェゾーに隣接する斜面上部の南向きの0.93haの区画です。この好立地を際立たせるため、小区画名グラン・モーペルテュイをエチケットにも表記しています。ただグラン・クリュとして認めているのはクロ・ド・ヴージョだけのため、多くの生産者は小区画名は付けていません。

 例外は、このアンヌ・グロのグラン・モーペルテュイと同じグロ一族のグロ・フレール・エ・スールのミュジニ[Musigni](畑最上部で特級ミュジニーの下)の二つで、いずれも最高の小区画です。本来はこのような優良な小区画を別格のアペラシオンとすべきなのでしょうが、格付けの見直しは利害関係が交錯し、裁判沙汰になるのが常なので難しいでしょうね。

 これ以外では、あのロマネ・コンティとラ・ターシュに挟まれた稀有のモノポール「ラ・グランド・リュ」で知られるドメーヌ・フランソワ・ラマルシュもクロ・ド・ヴージョに立地条件の良い四つの区画で合計1.35haの面積のまとまった畑を所有しており、これらをブレンドすることで、素晴らしいクロ・ド・ヴージョを造っています。

 また、2005年にドメーヌ・トマが所有していたクロ・ド・ヴージョ城真下の区画0.29haを買収したヴォルネイの大御所ドメーヌ・ド・モンティーユのクロ・ド・ヴージョや凄腕の職人レジ・フォレが率いるドメーヌ・フォレ・ペール・エ・フィスのコストパフォーマンスの高いクロ・ド・ヴージョも見逃せません。

 これら有力生産者はいずれもヴォーヌ・ロマネやヴォルネイの造り手ですが、残念ながら、これまではヴージョに本拠地を置く「クロ・ド・ヴージョのスペシャリスト」と評価される生産者は見当たりませんでした。しいて名前を挙げれば、ヴージョ畑内に唯一の醸造所を持つ最大の畑所有者シャトー・ド・ラトゥールでしょうか。近年ワインの質が飛躍的に向上していると言われますが、まだまだ最高峰生産者と呼ばれるまでには至っていないのではないでしょうか。

 ところが、近年ヴージョに本拠を置く、人気・評価とも急上昇のスター・ドメーヌがあります。その名は、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラで、アンリ・ジャイエと比肩された伝説の造り手シャルル・ノエラ(1988年に畑をルロワに売却し、名称は消滅)の偉大なテロワールとワイン造りの情熱を受け継いだ名門ドメーヌです。現当主は創設者アラン・ユドロの孫にあたる1988年生まれのシャルル・ヴァン・カネイ氏(Charles Van Canneyt)で、2008年に弱冠20歳でこのドメーヌを引き継いでいます。

 ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラは、シャンボール・ミュジニー生まれのアラン・ユドロ氏とヴォーヌ・ロマネに本拠を置いた名門ドメーヌ・シャルル・ノエラの孫娘オディル氏が結婚後1964年にヴージョで創設したドメーヌです。その後1978年にオディル夫人が祖父シャルル・ノエラの所有畑の4分の1を受け継ぎ、ヴォーヌ・ロマネからシャンボール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュにかけて一挙に珠玉の畑を所有することとなります。

 ここヴージョにおいても、特級畑クロ・ド・ヴージョの中の区画はクロ・ド・ヴージョ城裏手でルロワと隣接するガレンヌの小区画とメオ・カミュゼのシウルと隣接する小区画内に合わせて0.69ha、シャンボールの銘醸畑ミュジニー及びレザムルーズと隣接する貴重な一級畑プティ・ヴージョに0.53haと名門ドメーヌならではの秀逸な畑を所有しています。

 そんなシャルル・ノエラの畑を引き継いでいるユドロ・ノエラのワインは、きめ細やかで華やかなワインとして知られ、人気漫画「神の雫」の中でも「とても女性的なやさしいワインを造るドメーヌ」として紹介されています。

 珠玉の畑を有するだけに、若き後継者を得て、近年その評価は急上昇していますが、元々フランス国内やヨーロッパに根強い人気で、EU以外への輸出量は生産量の20%程度と言われている稀少ワインです。米国においても評価は非常に高く、著名なワイン評論家パーカー氏も「探し求めてでも、手に入れたい宝石のようなワイン」と絶賛しています。

 当然、日本でも大人気で、特に特級・一級クラスの稀少キュベについては販売数も少量であることから、毎回リリース後、即完売の入手困難な稀少プレミアムワインの代表格で、日本のブルゴーニュ愛好家の方々にとってはまさに垂涎と羨望のドメーヌとなっています。

 ワインの生産者ではありませんが、クロ・ド・ヴージョ城が、ブルゴーニュワインの普及推進活動を推進するラ・コンフレリ・デ・シェヴァリエ・デュ・タストヴァン(La Confrerie des Chevaliers du Tastevin=利き酒騎士団)の本拠地でもあり、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラを始めとするヴージョ全体の今後の奮起により、クロ・ド・ヴージョが正当に評価され、もっと注目が集まるようお願いしたいと個人的にも思っています。

 上述したように、一般的には、クロ・ド・ヴージョは教皇の畑と言われていた上部の区画が優れていると考えられていますが、実際にはそれほど単純ではなく、畑全体に斜面の麓から上部にかけてなだらかな傾斜や波のようなウネリがあり、場所ごとにテロワールは微妙に異なっているようで、例えば最も優れたクロ・ド・ヴージョを産み出すドメーヌ・ルロワも所有畑の約半分は下部の区画にあります。

 フランス革命で1790年に畑が没収されるまで、シトー会修道院が全て所有していたクロ・ド・ヴージョは、ロマネ・コンティやシャンベルタンと並び称されていた銘酒でしたが、これは単一テロワールがもたらしたものではなく、様々な小区画から生まれるワインを寄せ集めてブレンドするというシトー会修道士たちのボルドー的な熟練した技術にあったとされています。

 ですから、やはり最終的には、小区画の位置だけではなく、畑の耕作と葡萄の栽培・剪定、収量・選果そして醸造技術の腕前が品質を左右すると思われます。

 このように考えてみると、畑のテロワールと造り手の技量によって玉石混交のクロ・ド・ヴージョの中で、真のクロ・ド・ヴージョを探すことこそがブルゴーニュ・ラヴァーにとって腕の見せ所であり、喜びではないでしょうか。また、ワイン愛好家として嬉しいことは、現在のクロ・ド・ヴージョはやや地味な存在のため、上述の最上級のものでも他AOCの特級ワインと比べてリーズナブルな価格で入手できることです。ドメーヌ・メオ・カミュゼとドメーヌ・アンヌ・グロ、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラの極上のクロ・ド・ヴージョ、そして上述した有名生産者が造るコストパフォーマンスの高いクロ・ド・ヴージョ、いずれもお勧めしたい一本です。

【メオ・カミュゼの造る極上のクロ・ド・ヴージョは

←こちらからどうぞ】


【アンヌ・グロの造る極上のクロ・ド・ヴージョ グラン・モーペルテュイは

←こちらからどうぞ】


【アラン・ユドロ・ノエラの造る極上のクロ・ド・ヴージョは

←こちらからどうぞ】


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています



全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended