【フラジェ・エシェゾー村の概要】

 ヴォーヌ・ロマネ村に隣接するフラジェ・エシェゾー村にはグラン・ゼシェゾーとエシェゾーの二つの特級畑と三つの一級畑がありますが、この村は単独のアペラシオンを持たないため、一級畑と村名格畑はAOCヴォーヌ・ロマネを名乗ります。

 特級畑グラン・ゼシェゾーはフランス革命以前は、レ・エシェゾー・デュ・バ(斜面下部のエシェゾー)と呼ばれていましたが、1800年代初めにはグラン・ゼシェゾーという呼称が一般的になりました。クロ・ド・ヴージョの斜面上で石垣に接する面積9.14haの畑は、非常に緩やかな東向きの斜面で、ミュジニーと同様にバショシアン階の石灰岩由来の下層土の上にやや厚い水はけの良い粘土層が載っている地質構造で、酸化鉄を豊富に含んでいるため、全体的に赤っぽく見えます。

 この土壌のおかげで、グラン・ゼシェゾーは口当たりがリッチで、ヴィンテージによる品質差も非常に少ない安定したワインとして知られます。また、品質の安定さは、単一リュー・ディのため土壌が全域にわたって均一であることもその要因の一つです。

 もう一つの特級畑エシェゾーは、クロ・ド・ヴージョと同様にシトー派の修道士達によって開墾されたものですが、現在37.69haの広い耕作面積に最大の所有者であるDRC、エマニュエル・ルジェ、アンヌ・グロ、デュジャック、メオ・カミュゼなどの最高峰生産者から無名のドメーヌまで46人もの所有者が存在し、玉石混淆のグラン・クリュと言えます。

【特級畑エシェゾーの詳細と小区画別所有者】

 特級畑エシェゾーは、13世紀にシトー派修道院が入植した時に始まりますが、その時の元来のクリマは、面積3.55haの小区画(リュー・ディ)エシェゾー・デュ・ドゥスュ(Echezeaux du Dessus)だけでした。しかし、AOC制定時に周辺の小区画にまで拡大・格付けされたため、現在の11小区画、面積37.69haもの特級畑が誕生することとなりました。

 11の小区画は斜面の向き、標高、傾斜、土壌まで様々で、これに生産者の栽培・醸造の技量が加わるので、まさに玉石混淆のグラン・クリュとなっているのです。しかし、逆に言えば、良い生産者と小区画を選べばグラン・クリュにふさわしいエシェゾーに巡り合うことができますので、最もブルゴーニュらしいワインと言えるのではないでしょうか。

 下にエシェゾーの小区画を中心とした周辺の葡萄畑地図と各小区画別の所有者一覧を掲載しましたので、ご参照下さい。この地図と一覧表はブルゴーニュワイン大全等の関係資料を基に、当店店長がエクセルで描画したものですので、縮尺や形状は実際とは少し異なりますが、各小区画の位置関係の理解の参考になると思います。

【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社(DRC)の所有区画】

 下の地図は、特級畑エシェゾーと特級畑グラン・ゼシェゾーの中で、両方の畑の最大所有者であるDRCの区画位置を表示したものです。図の中の赤色表示部分がDRCの所有する区画の位置となりますが、エシェゾーとグラン・ゼシェゾーの中心部の絶好の位置にまとまった畑を所有していることが良く分かります。

 図中の【解説】でご説明している通り、1988年の特級ロマネ・サン・ヴィヴァンの購入資金を捻出するため、エシェゾーの小区画┘譟Ε廛譽譟璽襪亮社畑4.24haとグラン・ゼシェゾーの自社畑の一部0.405haとをアシュランス・デュ・クレディ・ミュテュエル・ヴィに売却していますので、現在DRCが実際に所有している畑面積は、エシェゾーが0.425ha、グラン・ゼシェゾーが3.116haとなっています。

 但し、DRCは元の畑を新所有者と分益耕作契約をしていますので、今もDRCのラベルでこれまでと同量のワインを造っています。

 この経緯から、DRCにおいては、別格のモノポールであるロマネ・コンティとラ・ターシュを除く特級ワインの順位は[ロマネ・サン・ヴィヴァン>グラン・ゼシェゾー>エシェゾー]であることがはっきりしましたね。

【エシェゾー各小区画の説明】

.┘轡Д勝次Ε妊紂Ε疋ゥ好(Echezeaux du Dessus):3.55ha

 エシェゾーの心臓部にあたる区画で、グラン・ゼシェゾーのすぐ上に位置します。ここに葡萄樹を植えている幸運な主な生産者は、ロベール・アルヌー、ジャイエ・ジル、モンジャール・ミュニレ、ドメーヌ・ド・ペルドリなどです。

▲譟Ε襦璽献紂Ε妊紂Ε(Les Rouges du Bas):4.00ha

 この小区画は、エシェゾー・デュ・ドゥスュのすぐ上から斜面を登るように伸びており、一級畑レ・ボーモンと隣接しています。母岩はプレモー石灰岩で表土がほとんどないため、エレガントでミネラル風味に富んだミディアム・ボディのエシェゾーが生まれます。メオ・カミュゼは、この小区画名を付けたエシェゾーをリリースしています。その他の主な生産者は、モンジャール・ミュニレ、ダニエル・リオンなどです。

アン・オルヴォー(En Orveaux):5.03ha

 オルヴォーの上部1.79haは一級畑で、それ以外の部分は特級の格付け。岩の上に載っている表土がほとんどなく、骨格のしっかりしたミネラル風味に富むワインを産む。主な所有者は、コカール・ロワゾン・フルーロ、ビゾ、クレルジュなど。

ぅ譟Ε肇ゥ襦(Les Treux):4.90ha

 グラン・ゼシェゾーの南隣ではあるが、土壌は比較的深く、水分含有量も多めで、グラン・ゼシェゾーのような高貴さは備わっていない。この区画の主な生産者は、エマニュエル・ルジェ、モンジャール・ミュニレ、ビゾなど。

ゥ譟Εルティエ・ド・ニュイ(Les Quartiers de Nuits):1.13ha

 エシェゾーの最下部にあり、土壌は比較的肥沃。そのためカルティエ・ド・ニュイの大半はACヴォーヌ・ロマネで、北東の角の1.13haのみが特級畑に格付けされています。主な生産者は、ジャック・カシュー、ミュニレ・ジブール、ドメーヌ・デ・ペルドリなど。ドメーヌ・フォレ・ペール・エ・フィスもここに僅か0.08haの区画を所有していますが、デクラセしてACヴォーヌ・ロマネにしており、共に0.15haずつ所有するレ・トゥルーとクロ・サン・ドニをブレンドしてエシェゾーを造っています。

Ε譟Εリュオ/ヴィーニュ・ブランシュ(Les Cruots ou Vignes Blanches):3.29ha

 二つの名前は、白亜が多く含まれていることを意味し、表土が薄く痩せていて、かつてはここに白ワイン用の葡萄が植えられていました。ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエがこの区画の葡萄を熱烈に愛していたことで知られます。この区画の主な生産者はエマニュエル・ルジェ、ジャック・カシュー、ジャン・グリヴォー、フランソワ・ラマルシュなど。

Д譟Ε轡礇鵝Ε肇薀凜Д襯汽(Les Champs Traversins):3.59ha

 斜面のやや上方にあって、泥灰岩と砂の混じった土壌からは、軽く繊細なスタイルのエシェゾーが生まれます。最大の所有者はビショ(クロ・フランタン)で、デュジャックがこれに続きます。その他の主な生産者は、ジャック・カシュー、A-Fグロ、フランソワ・ラマルシュなど。

┘譟Ε廛譽譟璽(Les Poulailleres):5.12ha

 グラン・ゼシェゾーのすぐ上に位置し、表土が薄く、エシェゾーの畑の中では優れた小区画として認められています。この小区画の大半の4.25haがドメーヌ・ド・ロマネ・コンティの「所有であった」こともその評判の一因でしょう。「所有であった」と過去形の表記をした理由は、1988年にロマネ・サン・ヴィヴァンを購入する際の資金にあてるため、所有していたエシェゾーのこの小区画を売却したためで、自社畑としては別の小区画に僅か0.425ha残すのみです。現在もDRCは元の畑を新所有者のアシュランス・デュ・クレディ・ミュテュエル・ヴィと分益耕作契約をし、DRCのラベルでワインを造っています。その他の主な生産者はコカール・ロワゾン・フルーロ、ジャン・マルク・ミヨなど。

クロ・サン・ドニ(Clos St-Denis):1.80ha

 モレ・サン・ドニにある特級畑と同じ名称ですが、その名の由来は同じで、かつて聖ドニの参事会の所有でした。南北の端を接している小区画は、ヴォーヌ・ロマネ一級スショの下部とエシェゾーの小区画レ・トルーで、本来理想的な位置の小区画ではないと言われていますが、最高峰生産者のDRC、エマニュエル・ルジェ、フランソワ・ラマルシュ、フォレ・ペール・エフィスなどの錚々たる造り手達がこの小区画から素晴らしいエシェゾーを造って」います。

レ・ロアショース(Les Loachausses):2.49ha

 名前は「水はけの悪い土地」という意味ですが、この小区画はともに高く評価されるエシェゾー・デュ・ドゥスュとレ・クリュオに挟まれています。ドメーヌ・アンヌ・グロを始めとするグロ家の人々がこの区画を所有しています。

レ・ボーモン・バ(Les Beaux Monts Bsa):1.27ha

 この畑のほとんどは、一級畑に格付けされていますが、レ・ロアショースとレ・クリュオの上方にある1.27haのほんのわずかな区画が特級畑に含まれています。主な所有者はグロ・フレール・エ・スールなどです。

 以上、生産者と小区画の組み合わせの観点から見ると、必ずしも「最優良小区画=最優良エシェゾー」ではないように思います。葡萄栽培・剪定技術、収量、醸造技術など「人」に関する要素が最も大きいのではないでしょうか。単一の小区画で一定の面積を所有しているDRC、デュジャック、メオ・カミュゼ、アンヌ・グロのエシェゾーは高品質ですし、複数の小区画でも、まとまった大きさの面積の畑を所有しているエマニュエル・ルジェ、フランソワ・ラマルシュ、コカール・ロワゾン・フルーロ、ジャック・カシュー、フォレ・ペール・エ・フィス等の造り手は、これらをブレンドすることで安定したエシェゾーを造っています。

【ドメーヌ・デュジャックのエシェゾーはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・メオ・カミュゼのエシェゾーはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・アンヌ・グロのエシェゾーはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・ジャック・カシューのエシェゾーはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュのエシェゾーはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・フォレ・ペール・エ・フィスのエシェゾーはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・ジャン・グリヴォのエシェゾーはこちらからどうぞ】

Your recent history

Category

Recommended