【シャンボール・ミュジニー概観】

 ブルゴーニュで「最もエレガントで女性的」と表現されるワインを産むアペラシオンがシャンボール・ミュジニーです。シャンボール・ミュジニーは人口僅か300人ほどの小さな村ですが、そこから生まれるワインは「レースのような口当たり」とたとえられる優美さと繊細さで世界中のワインラヴァーを魅了しています。

 シャンボール・ミュジニーには2つの特級畑と24の一級畑がありますが、北端と南端に位置するボンヌ・マールとミュジニーという2つの偉大な特級畑が象徴するように、村の北部と南部ではワインの特徴が異なります。

 村の北端のグラン・クリュ「ボンヌ・マール」や銘醸一級畑「レ・クラ」は、比較的粘土質を多く含む土壌で、傾斜がなだらかで表土が厚いため、ジュヴレ・シャンベルタンのように肉付きが良くしっかりとした骨格のワインとなります。

 一方、南端のグラン・クリュ「ミュジニー」や圧倒的な人気を持つ一級畑「レザムルーズ」は、勾配がきつい斜面のため土壌の層は薄く、地層の石灰岩が表土近くまで迫っているため、石灰岩由来のミネラルにより優美な骨格と気品を持ったワインとなるのです。

 下にシャンボール・ミュジニーの葡萄畑の概略図を掲載しましたが、これはブルゴーニュ・ラヴァーにとってバイブルとも言うべきブルゴーニュワイン大全等の資料を基に、当店店長がエクセルで描画したものですので、縮尺(畑の広さ)は正確ではありませんが、畑の位置関係を理解する参考になると思います。

【特級畑ボンヌ・マールのご紹介】

 下に特級畑ボンヌ・マールの区画図と主な所有者の区画を示した図を掲載していますので、ご覧下さい。この図はブルゴーニュワイン大全等の関連書籍を調べ、当店店長がエクセルで描画したものですので、縮尺や区画形状は正確ではありませんが、ボンヌ・マールを理解する上で参考になると思います。

 ボンヌ・マールはシャンボール・ミュジニーにある特級畑と紹介されることが多いのですが、実際にはシャンボール・ミュジニーとモレ・サン・ドニに跨って位置しており、畑の全体面積15.06haの内、13.54haはシャンボールに、1.52haはモレに属しています。

 元々モレ側の区画はもう少し広かったのですが、クロ・ド・タールの石垣の内側にあった、同一所有者モメサンの0.278ha分が1965年にクロ・ド・タールに編入されたため、モレ側のボンヌ・マールの面積は1.52haとなっています。

 実は、モメサン家の前にクロ・ド・タールを所有していたマレ・モンジェ家が19世紀にクロ・ド・タールに隣接する自家所有の0.278haのボンヌ・マールの畑も一緒に石垣で囲んでしまっており、このボンヌ・マールのはみ出し分が1965年にクロ・ド・タールに併合された訳です。

 

ボンヌ・マールの畑の中には、モレ側(図の右側)の上部から反対側の下部にかけて対角線上に一本の小径が走っています。この小径を境として、左上(斜面上部)の石灰質の「テッレ・ブランショ(白い土)」と右下(斜面下部)の粘土質の「テッレ・ルージュ(赤い土)」という全く異なる土壌のリューディからなっています。欧米の専門家の中には全く異なるテロワールは、二つの別クリマに分けるべきだとの意見もあるほどですが、その一方で二つの異なるテロワールが融合した時の素晴らしさもまた称賛されています。

 

上の図を見てお分かりの通り、二つの区画をバランスよく所有している造り手は多くはありません。例えば最大の所有者コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエの所有区画(上図〇膺Г龍莢)のほとんどは、テッレ・ルージュです。(これはこれで、豊満で厚みのある素晴らしいワインが産み出されます。)

 

 それに対し、ジョルジュ・ルーミエ(上図の仗Ф莢茵は両方の区画をほぼ均等に所有し、これらをアッセンブラージュすることで、最高のボンヌ・マールと評価されているのです。シャンボールで大絶賛されているもう一人の造り手ジャック・フレデリック・ミュニエ(上図∠色区画)もこの二つの異なるテロワールを持つ区画をほぼ均等に所有しています。

 また、ドメーヌ・デュジャックがこのボンヌ・マールに所有する面積は赤土のテール・ルージュのみの0.43haでしたが、2005年にトマ・モワラールの買収によって石灰質土壌のテール・ブランシュの区画が加わり、合計で0.59haに増えました。そこから造る特級ボンヌ・マールは、これまでのモレ的な性格のワインからシャンボール的なよりエレガンスなボンヌ・マールへと変貌しています。

 これら最高の技量を持つ生産者が造るボンヌ・マールが極めて高い評価になることも大いに頷けるところです。

  また、近年注目されているのがモレ側のボンヌ・マールです。元々この1.52haの区画は、マルサネの大ドメーヌ、クレール・ダユの所有分を、子ベルナールが相続したものです。しかし創業者ジョセフ・クレールの死後、相続を巡る家庭争議もあり、ジョセフの子ベルナールの引退時にクレール・ダユで働いたこともあり、家族付き合いもしていたフージェレイ・ド・ボークレールがフェルマージュ契約でボンヌ・マールの長期の賃借契約を結びます。この結果、フージェレイ・ド・ボークレールがボンヌ・マールの上位三番目の所有者となっていました。

 しかし、1980年代半ばにベルナールの子で、クレール・ダユ創業者ジョセフ・クレールの孫にあたるブルーノ・クレールがドメーヌ・ブルーノ・クレールを興し、一族の蔵と畑を再建の上、舵取りをし、ドメーヌは大発展を遂げ、現在に至っています。それに伴い、フージェレイ・ド・ボークレールに貸していたボンヌ・マールを契約期限が切れた区画から順次取り戻すこととなり、まず、2006年に0.42ha、2012年に0.22ha、そして2016年に残りの全ての区画が返還されたため、現在モレ・サン・ドニ側のボンヌ・マールの1.52haは全てドメーヌ・ブリュノ・クレールの所有(上図┘レンジ色区画)となり、「稀少なモレ側ボンヌ・マールの唯一の生産者」となっています。今後、戻ってきた畑の土壌や葡萄樹の剪定・栽培に手を加え、自分の満足いく畑となった時、ブリュノ・クレールのボンヌ・マールは質量ともにドメーヌの看板ワインの一つとなるのではないでしょうか。

【雑学豆知識をもう一つ】

 上図のボンヌ・マール左上のテッレ・ブランショの区画内に1.03haのかなり大きな区画(上図ゲ色区画)を所有しているのがドメーヌ・バールです。日本ではあまり馴染みのないドメーヌ・バールがボンヌ・マールにこのように大きな畑を所有しているのには理由があります。

 ジョセフ・クレール死後の相続問題で、クレール・ダユが分裂した時に、次女の持分がネゴシアンのルイ・ジャドに売却され、三女は同じマルサネのドメーヌ・バールに嫁いだことから、その持ち分がドメーヌ・バールにもたらされたためです。

 また、僅か5名の所有者しかいないブルゴーニュ屈指の一級畑クロ・サン・ジャックにおいて、ブルーノ・クレールとルイ・ジャドが隣接して夫々1haのパーセルを所有していることもこのためです。ドメーヌ・クレール・ダユのかつての大きさが分かりますね。

【参考:メタヤージュとフェルマージュの今後】

 

 上述のブルーノ・クレールの事例のように近年ブルゴーニュでは「メタヤージュ(分益耕作=畑の地代としてワインや葡萄を納める契約)」「フェルマージュ(賃借耕作=金銭による通常の賃借契約)」の期限切れに伴い、契約が更改されず、持ち主に返還されるケースが多くなっています。

 

 この理由としては、これまで単に地主の立場であった所有者(例えばメオ・カミュゼやコント・ラフォン、コント・リジェ・ベレール等)が当主の代替わりに伴い新たにドメーヌを興し、ヴィニュロンとしてドメーヌ元詰めを始めるケースが多くなったことが挙げられます。また、近年フランスでも借り手の権利保護の傾向がより強くなり、期限切れでの返還を拒否し、訴訟となる事例も多いことも契約非更改の背景にあるようです。

 

 但し、人気最高峰生産者の場合は全く事情が異なるようで、つい最近コルトンとコルトン・シャルルマーニュをフェルマージュ契約で取得したDRCを始め、エマニュエル・ルジェ、ジョルジュ・ルーミエ等はメタヤージュやフェルマージュによりドメーヌのラインナップを拡充させています。また、買い葡萄で造るネゴシアン物によりラインナップの充実を図っているドメーヌも多いですが、他者の育てた葡萄のため、ドメーヌ物より一段下に見なされがちですので、自ら耕作し葡萄を育てる畑を持つことが念願でしょう。

 しかし、ブルゴーニュの特級銘醸畑が売りにでることはほとんどないため、人気最高峰生産者の場合は、買い葡萄によるネゴシアン事業は今後も拡大するでしょうし、貸し手・借り手双方にメリットがあるメタヤージュやフェルマージュ契約も継続・拡大するのではないでしょうか。

【最高峰生産者の造るボンヌ・マール】

【ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエのボンヌ・マールはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・デュジャックのボンヌ・マールはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・ジャック・フレデリック・ミュニエのボンヌ・マールはこちらからどうぞ】

Your recent history

Category

Recommended