【シャンボール・ミュジニー概観】

 ブルゴーニュで「最もエレガントで女性的」と表現されるワインを産むアペラシオンがシャンボール・ミュジニーです。シャンボール・ミュジニーは人口僅か300人ほどの小さな村ですが、そこから生まれるワインは「レースのような口当たり」とたとえられる優美さと繊細さで世界中のワインラヴァーを魅了しています。

 シャンボール・ミュジニーには2つの特級畑と24の一級畑がありますが、北端と南端に位置するボンヌ・マールとミュジニーという2つの偉大な特級畑が象徴するように、村の北部と南部ではワインの特徴が異なります。

 村の北端のグラン・クリュ「ボンヌ・マール」や銘醸一級畑「レ・クラ」は、比較的粘土質を多く含む土壌で、傾斜がなだらかで表土が厚いため、ジュヴレ・シャンベルタンのように肉付きが良くしっかりとした骨格のワインとなります。

 一方、南端のグラン・クリュ「ミュジニー」や圧倒的な人気を持つ一級畑「レザムルーズ」は、勾配がきつい斜面のため土壌の層は薄く、地層の石灰岩が表土近くまで迫っているため、石灰岩由来のミネラルにより優美な骨格と気品を持ったワインとなるのです。

 下にシャンボール・ミュジニーの葡萄畑の概略図を掲載しましたが、これはブルゴーニュ・ラヴァーにとってバイブルとも言うべきブルゴーニュワイン大全等の資料を基に、当店店長がエクセルで描画したものですので、縮尺(畑の広さ)は正確ではありませんが、畑の位置関係を理解する参考になると思います。

【特級畑ボンヌ・マールのご紹介】

 下に特級畑ボンヌ・マールの区画図と主な所有者の区画を示した図を掲載していますので、ご覧下さい。この図はブルゴーニュワイン大全等の関連書籍を調べ、当店店長がエクセルで描画したものですので、縮尺や区画形状は正確ではありませんが、ボンヌ・マールを理解する上で参考になると思います。

 

ボンヌ・マールの畑の中には、モレ側(図の右側)の上部から反対側の下部にかけて対角線上に一本の小径が走っています。この小径を境として、左上(斜面上部)の石灰質の「テッレ・ブランショ(白い土)」と右下(斜面下部)の粘土質の「テッレ・ルージュ(赤い土)」という全く異なる土壌のリューディからなっています。欧米の専門家の中には全く異なるテロワールは、二つの別クリマに分けるべきだとの意見もあるほどですが、その一方で二つの異なるテロワールが融合した時の素晴らしさもまた称賛されています。

 

上の図を見てお分かりの通り、二つの区画をバランスよく所有している造り手は多くはありません。例えば最大の所有者コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエの所有区画のほとんどは、テッレ・ルージュです。(これはこれで、豊満で厚みのある素晴らしいワインが産み出されます。)

 

 それに対し、ジョルジュ・ルーミエは両方の区画をほぼ均等に所有し、これらをアッセンブラージュすることで、最高のボンヌ・マールと評価されているのです。シャンボールで大絶賛されているもう一人の造り手ジャック・フレデリック・ミュニエもこの二つの異なるテロワールを持つ区画を所有しています。

 また、ドメーヌ・デュジャックがこのボンヌ・マールに所有する面積は赤土のテール・ルージュのみの0.43haでしたが、2005年にトマ・モワラールの買収によって石灰質土壌のテール・ブランシュの区画が加わり、合計で0.59haに増えました。そこから造る特級ボンヌ・マールは、これまでのモレ的な性格のワインからシャンボール的なよりエレガンスなボンヌ・マールへと変貌しています。

 これら最高の技量を持つ生産者が造るボンヌ・マールが極めて高い評価になることも大いに頷けるところです。

【最高峰生産者の造るボンヌ・マール】

【ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエのボンヌ・マールはこちらからどうぞ】
【ドメーヌ・デュジャックのボンヌ・マールはこちらからどうぞ】

Your recent history

Category

Recommended