1889年設立のル・メニル・シュール・オジェ村に本拠地を置く、ブラン・ド・ブランのスペシャリスト

クロ・デュ・メニルと双璧を成す、ル・メニル・シュール・オジェ村の最高峰の単一畑「レ・シェティヨン」の所有者

 【ロベール・モンキュイ】

  〜Robert Moncuit〜


 

 ロベール・モンキュイは、ブラン・ド・ブランの聖地として名高い特級ル・メニル・シュール・オジェ村にアレックス・モンキュイによって1889年に設立されたレコルタン・マニピュラン(RM)です。 

 

 設立当初は葡萄栽培のみでしたが、アレックスの孫ロベールが1928年に初めて瓶詰めまで行い、彼が亡くなる1987年まで携わり続け、現在は彼の娘であるフランソワーズ・アミエ・モンキュイがマーケティングを、そして孫のピエール・アミエが2000年からワイン造りを行っています。

 所有畑全てがシャルドネの特級村ル・メニル・シュール・オジェと隣接するオジェ村にあるブラン・ド・ブランのスペシャリストで、長年にわたり、ビルカール・サルモン、ルイ・ロデレール(クリスタル用)へ葡萄たを供給していましたが、増え続ける需要により、現在は100%元詰めをしています。

 所有する8ha、30もの小区画は、フィネス、ミネラルを最大に表す為に何よりも常に畑を耕す事を最優先とし、パーセル毎に分けた細やかな醸造を行っています。

 ロベール・モンキュイのラインナップの中で、最もお薦めの看板シャンパーニュが、単一畑で造る「ブラン・ド・ブラン レ・シェティヨン」です。

 シャルドネの銘醸地ル・メニル・シュル・オジェの中でも最も評価の高い単一畑の一つが「レ・シェティヨン」で、世界的に知られる「クリュッグ」の単一畑「クロ・デュ・メニル」と双璧を成すと言われ、「ル・メニル・シュル・オジェの至宝」として称賛される畑です。

 レ・シェティヨンは、ロベール・モンキュイとピエール・ペテリスの二人が別々に区画を所有しており、ロベール・モンキュイの区画に葡萄樹が植えられたのが1956年で、樹齢60年を超えるヴィエイユ・ヴィーニュから収穫されたシャルドネは凝縮感があり、複雑さを有しています。

 シュール・リー期間は72ヶ月にも及び、ドサージュは必要最低限とする3g/lにまで抑えており、極限までドサージュを控えることで最高品質のシャルドネが持つ純粋さが際立ち、ドライな味わいの中にも豊かな果実味を堪能できる最高峰のプレスティージュ・シャンパーニュです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended