名門グロ一族の中でも特に人気のドメーヌでブルゴーニュ屈指の女性醸造家

 【ドメーヌ アンヌ・グロ】

  〜Domaine Anne Gros〜


 

 ヴォーヌ・ロマネのワインを語るときに欠かせない名門中の名門、グロ家ですが、ヴォーヌ・ロマネには、”グロ”の名前を冠するワインが数多く存在するため、グロ・ファミリーを理解するには、まず、その系譜に触れなければなりません。(詳細は後述の【補足説明】をご覧下さい)

 

 その歴史は、1830年ニュイ・サン・ジョルジュ村近くショー村のアルフォンス・グロによって設立されたことに始まります。 1963年、ドメーヌの礎を築いた4代目、ルイ・グロの引退時に4人の子供が2組に別れ、グロ家の畑は二つのドメーヌに分割されます。1つはギュスターヴとコレットによる「グロ・フレール・エ・スール」。もう1つが、ジャンとフランソワによる「グロ・ペール・エ・フィス」です。

 

 後者の「グロ・ペール・エ・フィス」は1973年、2人がそれぞれ独自にワイン造りをすることで再分割され、ジャンが設立したドメーヌが「ジャン・グロ」、フランソワが設立したのが「フランソワ・グロ」となりました。

 

 そして後者のドメーヌ フランソワ・グロは、一人娘アンヌ・グロさんに譲られることになります。つまり、ドメーヌ アンヌ・グロはブルゴーニュワインの発展に尽力したルイ・グロを祖父に持ち、ワイン造りとブドウ畑を引き継いだ4人の子供の1人フランソワ・グロが立ち上げたドメーヌを一人娘のアンヌが引き継いだものなのです。

 

 1988年にドメーヌを引き継いだ当主アンヌ・グロは、1995年よりドメーヌ名を『ドメーヌ・アンヌ・グロ』とし、アンヌ自ら先頭に立ちワイン造りを行っています。

 アンヌ・グロの品質と人気は非常に高く、ルロワ、ルフレーヴと共に、ブルゴーニュ屈指の女性醸造家と評され、グロ一族の中でも特に人気のドメーヌとなっています。当然メディアにも注目されており、下の写真の通り、美術出版社発行のワイン専門誌「ワイナート」41号(2007年11月発刊)の「ヴォーヌ・ロマネ特集」の中で大きく紹介されていますので、日本にも多くのファンがいらっしゃいます。

 ドメーヌ・アンヌ・グロは、下の所有畑一覧表の通り、畑面積6ha弱の小さなドメーヌであるため、特級リシュブールを始めとする珠玉のワインはいずれも稀少なプレミアムワインとなっています。

 ドメーヌ及びワインの詳細については、各商品ページをご覧下さい。また、ブルゴーニュきっての名門グロ家の家系図及びドメーヌの継承図は後述の【補足説明】をご覧下さい。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [11] 商品中 [1-11] 商品を表示しています




全 [11] 商品中 [1-11] 商品を表示しています

【補足説明】グロ一族の家系図とドメーヌ継承図について

 

 ドメーヌ アンヌ・グロ設立までの経緯については、上述の通りですが、名家グロ一族は現在4つのドメーヌに分かれていますので、それぞれの設立経緯と当主の相関図を理解するために、次のとおり「グロ一族の家系図とドメーヌ継承図」を整理し、掲載しました。

 各ドメーヌの看板ワインのエチケットも併せて掲載していますので参考にして下さい。

  上のエチケットは左から順に、[Domaine Anne Gros]、 [Domaine Michel Gros]、

[Domaine Anne-Francoise Gros]、 [Domaine Gros Frere et Soeur]です。

Your recent history

Category

Recommended