「最高のシャブリ作りを追い求める」シャブリ最高峰の生産者

 【ドメーヌ フランソワ・ラヴノー】

  〜Domaine Francois Raveneau〜


 

  シャブリで最も優れた生産者と評価されているのが、ドメーヌ フランソワ・ラヴノーです。1948年にフランソワ・ラヴノー氏が創設したこのドメーヌの「最高のシャブリ作りを追い求める姿勢」は、直ぐに評判になり、ドメーヌの基礎を築きました。

 

 現当主のジャン・マリー・ラヴノー氏は、フランソワ氏の子息ですが、醸造学を修めた彼は、1995年にドメーヌを受け継ぎ、その名声を更に高めました。

 シャブリの最高峰生産者ドメーヌ・フランソワ・ラヴノーが所有する7ヘクタール弱の葡萄畑は、最高の特級クロ(0.54ha)を始めとするブランショ(0.6ha)、ヴァルミュール(0.8ha)の三つの特級畑と最良の一級畑モンテ・ド・トネール(3.2ha)、ビュトー(1.5ha)など六つの一級畑から構成されるという豪華さです。これに2007年のミレジム(製造年)から新たに稀少な村名シャブリ(0.95ha)が加わりました。

 2007年度版まで『クラスマン』として出版されていた、フランスの有名なバイヤーズガイド『レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス』でも、最高位の"3つ星"生産者として挙げられるなど、世界的に高い評価を得ており、それゆえ、今や世界中の愛好家が求める稀少なワインとなっています。

 

 下の写真の通り、著名なワイン専門誌「ワイナート47号」(2008年11月美術出版社発行)に、ドメーヌ・フランソワ・ラヴノーがその代表的なシャブリ・プルミエ・クリュ「モンテ・ド・トネル2005」と共に紹介され、古典主義の王道を歩むラヴノーのシャブリは、日本にも多数の愛好家が存在し、毎年のリリースを待ち望んでいます。

 

  ただ、こんなにも評価が高いだけに、フランス国内の3つ星レストランや、古くからのお得意様への販売でほとんど完売してしまい、残りのわずかな本数を世界中のワインマニアが奪い合っていて、日本に輸入される本数も極めて少量で、リリース後直ぐに完売となります。

 

  [世界中に熱狂的なファンがいて、その少ない量をめぐっての奪い合い]というのが実情の超人気ドメーヌです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [11] 商品中 [1-11] 商品を表示しています




全 [11] 商品中 [1-11] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended