親子二代にわたり、熟成ブルゴーニュだけをリリースする独自路線を歩むムルソーの老舗ドメーヌ

コート・ド・ボーヌで最も深く、冷涼な地下カーヴを有し、ムルソー最高の一級畑ペリエールを始めとする熟成美酒の造り手

【ドメーヌ・ロベール・アンポー】

       〜Domaine Robert Ampeau〜

 ドメーヌ・ロベール・アンポーは、日本ではあまり知られていない造り手ですが、実は自社カーヴで熟成させたワインだけを蔵出しでリリースするという独自路線を歩む「知る人ぞ知るムルソーの老舗ドメーヌ」です。

 現在のドメーヌ・ロベール・アンポーの当主は先代の亡父ロベールの後を継いだミシェル・アンポーですが、父の時代から、ブルゴーニュワインは熟成したものが美味しいということで、長期熟成型のワイン造りを行い、瓶詰後に自社ドメーヌのカーヴで何年も寝かせた後、当主が飲み頃と判断したものを蔵出しリリースしています。また、このような熟成ブルゴーニュの美酒を保管するため、ロベール・アンポーの所有するセラーは、コート・ド・ボーヌで最も深く、最も冷涼な地下カーヴだそうです。

 このような販売方法は、大規模資本のボルドーのシャトーやシャンパーニュのメゾンでは行われますが、家族経営で小資本かつカーヴのスペースの限られるブルゴーニュでは経営面でも難しく、ロベール・アンポー以外には見つけることはできません。しかも、その熟成させたブルゴーニュの価格は極めてリーズナブルで、まさに独自路線を歩むユニークな優良生産者です。

 勿論、ワイン造りの腕前も一流で、専門家の評価も極めて高く、「ブルゴーニュワインがわかる」の著者マット・クレイマー氏は、その著書の中で、「ロベール・アンポー父子は、ムルソー屈指の造り手に挙げられてきたが、そのワインは見事な姿をしている。ムルソー・ブラニのラ・ピエス・スール・ボワ、そしてとりわけペリエールに注目したい」と絶賛しています。

 また、「ブルゴーニュワイン大全」の著者ジャスパー・モリス氏も2004年に死去した父ロベール・アンポーの後を継いだミシェル・アンポー氏の独自路線とワインを高く評価し、「ポレ・ド・ムルソー(オスピス・ド・ボーヌの競売[栄光の3日間]の最後を締めくくる収穫祭)での恒例のブラインド・ティスティングで圧倒された記憶がある」と記しています。

 これ程の優良ドメーヌが日本であまり知られていない理由は、毎年新ヴィンテージがリリースされず、日本で見かけることもあまりないためですが、2014年に現当主のミシェル氏が大病を患ったため、過去数年間ロベール・アンポーのワインが全くリリースされていないこともあります。

 最近ようやく体調が回復されたことで、過去のヴィンテージのリリースが始まりましたが、そのヴィンテージは1990年代というオールド・ヴィンテージで、今回ご案内分も全て、ドメーヌ蔵出しの好コンディションのもので、その状態を保つため、エノテカ経由で購入後、直ちにエノテカ那須エイジングワインセラーに移送・保管中です。

 ドメーヌでは赤も白も造りますが、やはりムルソーの造り手であることから白の評価が高く、ムルソー最高の一級畑レ・ペリエールやラ・ピエス・スー・ル・ボワ、ピュリニー・モンラッシェ一級コンベット等はお薦めです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended