アンリ・ジャイエと比肩された伝説の造り手シャルル・ノエラの偉大なテロワールとワイン造りの情熱を受け継ぐ名門ドメーヌ 

 ワイン愛好家にとって羨望の的であり、入手困難な新進気鋭の造り手

 【ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ】

  〜Domaine Alaine Hudelot Noellat〜


 ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラは、シャンボール・ミュジニー生まれのアラン・ユドロ氏とヴォーヌ・ロマネに本拠を置いた名門ドメーヌ・シャルル・ノエラの孫娘オディル氏が結婚後1964年にヴージョで創設したもので、ドメーヌの名称は双方のファミリー・ネームを結合させたものです。

 その後1978年にオディル夫人が祖父シャルル・ノエラの所有畑の4分の1を受け継ぎ、ヴォーヌ・ロマネからシャンボール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュにかけて一挙に珠玉の畑を所有することとなります。

 ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラの現当主はアラン・ユドロ氏とオディル夫人の孫にあたるシャルル・ヴァン・カネイ氏(Charles Van Canneyt)です。1988年生まれのカネイ氏は、2008年にドメーヌを引き継ぎ、2005年からここで働くヴァンサン・ムニエ氏の補佐の下で葡萄栽培、醸造、マーケティングにいたるまでドメーヌの仕事のほとんどを委ねられています。また、最近では自家の畑以外の葡萄を使って[シャルル・ヴァン・カネイ]の個人名でネゴシアンものを手掛けるなど新進気鋭の造り手として活動の幅を広げています。

 その様子は下の写真の通り、美術出版社発行のワイン専門誌「ワイナート」70号(2013年春発刊)の「ブルゴーニュの今を知る5生産者」として4頁に渡って大きく紹介されています。

 

 下表は、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラの所有畑一覧表ですので、参考にして下さい。それぞれの畑から仕立てるワインの生産本数(概算)は1ヘクタール当たりの平均年での葡萄収量から、「4000本x所有面積(ha)」の算出式でおおよその目安が分かります。

 ドメーヌの本拠地であるヴージョにおいても、前ページのヴージョ所有者区画図を見てお分かりの通り、特級畑クロ・ド・ヴージョの中に所有する区画は、古くから「教皇の畑」と呼ばれてきた畑上部の最優良区画内で、クロ・ド・ヴージョ城裏手のルロワと隣接するガレンヌの小区画とメオ・カミュゼのシウルと隣接する小区画内に合わせて0.69ha、シャンボールの銘醸畑ミュジニー及びレザムルーズと隣接する貴重な一級畑プティ・ヴージョに0.53haと名門ドメーヌならではの秀逸な畑を所有しています。

 シャルル・ノエラは全盛期には、ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエと比較されるほどの名ドメーヌでしたが、1988年ドメーヌ・ルロワに畑を売却したため、シャルル・ノエラの名前は消失し、現在はそれらの畑からはドメーヌ・ルロワの珠玉のワインが生み出されています。

 今や伝説となった幻のドメーヌ・シャルル・ノエラの畑は、ドメーヌ・ルロワとドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラに継承されたため、珠玉の特級畑(リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、クロ・ド・ヴージョ)に所有する両者の区画は相互に近接した場所に位置しています。

 参考までに、ロマネ・サン・ヴィヴァン及びクロ・ド・ヴージョともルロワとアラン・ユドロ・ノエラの区画に隣接してジャン・ジャック・コンフュロンが所有する区画がありますが、この畑もシャルル・ノエラのもう一人の孫娘が嫁いだことによりコンフュロン家が相続したもので、元々シャルル・ノエラの所有する一つの畑だったためです。

 一例として、下に、ロマネ・サン・ヴィヴァンの所有者の区画図を掲載します。また、クロ・ド・ヴージョの所有者の区画図については、前ページの「ヴージョ」の説明に掲載していますので併せてご覧下さい。それぞれの畑において、ルロワとジャック・コンフュロン、そしてアラン・ユドロ・ノエラの所有する区画が隣り合っている理由は、元々シャルル・ノエラが所有する一つの畑だったためであることが良くお分かりになると思います。

 そんな宝石のようなシャルル・ノエラの畑を引き継いでいるアラン・ユドロ・ノエラのワインは、きめ細やかで華やかなワインとして知られ、人気漫画「神の雫」の中でも「とても女性的なやさしいワインを造るドメーヌ」として紹介されています。

 珠玉の畑を有するだけに、新進気鋭の若き後継者を得て、近年その評価は急上昇していますが、元々フランス国内やヨーロッパ各国に根強い人気があり、EU以外への輸出量は全生産量の20%程度と言われていますので、アラン・ユドロ・ノエラをよくご存じでない方もいらっしゃると思いますが、米国においても評価は非常に高く、著名なワイン評論家パーカー氏も「探し求めてでも、手に入れたい宝石のようなワイン」と絶賛しています。

 特に特級・一級クラスの稀少キュベについては販売数も少量であることから、毎回リリース毎に即完売の入手困難な稀少プレミアムワインの代表格となっています。

 中でも、名だたる特級畑リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、エシェゾーに周囲を囲まれたヴォーヌ・ロマネの一級銘醸畑[レ・スショ(Les Suchots)]は、ドメーヌで最も古い樹齢80年の古樹の葡萄で、アラン・ユドロ・ノエラのエレガンスの見本とされる看板ワインというだけにとどまらず、このクリマを代表する造り手として評価されています。

 勿論、あのドメーヌ・ルロワやDRCと所有区画が隣接している特級リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、クロ・ド・ヴージョは、いずれもその素晴らしいテロワールを反映した稀少な逸品で、今や日本のブルゴーニュ愛好家の方々にとってはまさに垂涎と羨望のドメーヌとなっています。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています



全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended