ジュヴレ・シャンベルタンにおいてカルト的人気を誇る最高峰生産者

 【ドメーヌ・ベルナール・デュガ・ピィ】

  〜Domaine Bernard Dugat-Py〜


 ご承知の通り、デュガ・ピィは、いとこのクロード・デュガと共に、ジュヴレ・シャンベルタンに本拠を置く小規模ドメーヌながら、カルト的な人気を誇る造り手で、僅か0.05haで1樽にも満たない特級シャンベルタンを筆頭とする珠玉のワインを造っています。また、デュガ・ピィの畑の葡萄の樹齢は非常に古く、ドメーヌ平均で65年、しかも所有する畑はいずれも極小で、生産量も少ないことでも有名で、ブルゴーニュ愛好家垂涎の入手困難な造り手の代表格となっています。

 ベルナール・デュガ・ピィのワイン造りのスタイルは、濃密な果実味をバックボーンに備えながら、あくまでピノ・ノワール特有のエレガントさを体現し、それに個々のテロワールの差異が彩りを添えるというものであり、現在のブルゴーニュで望みうる最上のワインを産するドメーヌと呼ばれています。1998年から完全有機農法(ビオロジック)を開始し、2003年にすべての畑をビオロジック栽培に転換完了しており、酸、タンニン、果実味、樽が高い次元で渾然一体となった驚くべき品質のワインを造り出しています。

 ワイン版ミシュランと呼ばれるフランスのワイン評価本レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス(2007年版までの名称はル・クラスマン)でも、最高の三ツ星生産者にランクされています。この本の中でブルゴーニュの三ツ星生産者は11名、その内、赤ワインに限ると三ツ星生産者はルロワ等5名だけですので、その品質は折り紙付きです。

 また、日本でも下の写真の通り、美術出版社発行のワイナート43号「特集至高のブルゴーニュ」にも掲載されていますので、ご存知の方も多いと存じます。

 デュガ・ピィのエチケットには、ドメーヌ自慢のセラーが描かれています。この柱や天井の形式はどこかで見たことがありませんか?そう、これは12世紀始めのゴシック建築のリヴ・ヴォールト天井の様式で、世界遺産で有名なモン・サン・ミッシェルの迎賓の間や回廊の天井の様式と同じものです。現在ドメーヌ・デュガ・ピィがワインを貯蔵しているセラーは、12世紀に建てられたもので、ビザンチンの柱、ローマの壁、そしてゴシックの天井を合体させた折衷様式で造られており、ディジョンのベニューニュ大聖堂のワインを貯蔵していた由緒あるものなのです。 下に写真を並べてみましたのでご覧ください。

 下表はデュガ・ピィが所有する畑の一覧表です。それぞれの畑に所有する面積が非常に少ないため、需要を満たすだけの生産量がなく、入手困難な造り手であることが良く分かりますね。

 各畑でのワインの生産本数(概算)は1ヘクタール当たりの平均年での葡萄収量から、「4000本x所有面積(ha)」の算出式でおおよその目安が分かります。例えば極小の特級畑シャンベルタンの場合、「4000x0.05」で約200本程度の生産量となります。ブルゴーニュの標準のピエス樽は、1樽容量が225リットル(約300本)ですから、標準樽は大きすぎて使えず、樽メーカーのフランソワ・フレール社にその年の醸造量にピッタリのサイズの樽を特注しているそうです。

 シャンベルタンの他に、マジ・シャンベルタン、マゾワイエール・シャンベルタン、シャルム・シャンベルタンの特級畑を所有していますが、これら非常に少量かつ高価な特級畑以外に注目されるワインは、やはりジュヴレ・シャンベルタン キュベ・クール・デュ・ロワでしょう。クール・デュ・ロワは畑の名前ではなく、村のいろいろな場所にある複数の区画をブレンドしたもので生産量は4,500本から5,100本ほど、村名格ながら75%の新樽が用いられている他、特筆すべきは葡萄の樹齢で、最も古い樹々は1910年のもので、平均樹齢は75年にもなるという超ヴィエイユ・ヴィーニュです。

 近年、コート・ド・ボーヌにも進出し、ポマールの赤ワインとムルソー及びシャサーニュ・モンラッシェの白ワインがいくつか加わりましたが、ジュヴレ・シャンベルタンを本拠地とするドメーヌだけにやはりビオロジックでの葡萄栽培から手摘みでの収穫、醸造・熟成まで丁寧に造られたジュヴレ・シャンベルタンの銘柄がお薦めです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [7] 商品中 [1-7] 商品を表示しています



全 [7] 商品中 [1-7] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended