世代交代し、新たな飛躍のスタートをきった、ブルゴーニュ屈指の名門グロ家の系譜に連なるドメーヌ

 【ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール】

  〜Domaine Gros Frere et Soeur〜


 ヴォーヌ・ロマネのワインを語るときに欠かせない名門中の名門、グロ家ですが、ヴォーヌ・ロマネには、”グロ”の名前を冠するワインが4つ存在します。

 グロ家の歴史は1804年生まれのアルフォンス・グロが1830年にドメーヌを設立したことに始まり、その息子ルイ・グロが19世紀半ばにはドメーヌ元詰めワインを販売し、家業を発展させます。

 ルイ・グロにはジャン、フランソワ、ギュスターヴ、コレットの4人の子供がいましたが、1963年のルイ・グロの引退時に4人の子供が2組に別れ、グロ家の畑は二つのドメーヌに分割されます。1つはギュスターヴとコレットによるこちらの「グロ・フレール・エ・スール」。もう1つが、ジャンとフランソワによる「グロ・ペール・エ・フィス」です。

 後者の「グロ・ペール・エ・フィス」は1973年、2人がそれぞれ独自にワイン造りをすることで再分割され、ジャンが設立したドメーヌが「ジャン・グロ」(現在のミシェル・グロとアンヌ・フランソワーズ・グロ)、フランソワが設立したのが「フランソワ・グロ」(現在のアンヌ・グロ)となります。

 この中で、グロ一族の名声を今日のように高めたのはジャン・グロでした。彼はとても独創的・革新的な人物で、畑の拡張や機械化の促進など、様々な革新を試み、醸造方法の開発に貢献した人でしたが、1995年に引退し、ミシェル、ベルナール、アンヌ・フランソワーズの3人の子供に畑を分配しました。

 そして、長男ミシェルが、父ジャン・グロから相続した畑を基に設立されたドメーヌが、ドメーヌ・ミシェル・グロで、ブルゴーニュの名門グロ一族の本家を継ぐ嫡流ドメーヌです。また、長女アンヌ・フランソワーズ・グロが引き継いで設立したのがドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロとなります。

 一方、1963年にギュスターヴとコレットにより設立された、こちらの「グロ・フレール・エ・スール」には後継者がいなかったことから、ジャン・グロの次男ベルナールが、叔父叔母が所有していたグロ・フェール・エ・スールを1980年より継承し、1984年に叔父のギュスターヴ氏が亡くなると、叔母のコレット女史を支え、抽出と新樽の強いスタイルを打ち出します。機械好きのベルナール氏は、果汁凝縮機や最新の醸造技術を導入、エキゾチックかつパワフルなスタイルのワインを造り出しました。

 このあたりの事情は文章では分かりにくいので、補足説明として当ページの最下部に「グロ一族の家系図とドメーヌの継承図」を作成・掲載しておりますので、そちらをご覧下さい。

  そんなブルゴーニュの老舗名門ドメーヌ、グロ・フレール・エ・スールですが、2016年ヴィンテージより息子のヴァンサン氏が醸造に加わることで、一気に新世代の風が吹き込みます。

 2016年と2017年ヴィンテージは、ヴァンサン氏の進言で、父ベルナール氏との話合いの結果、酸化防止剤である亜硫酸の不使用(サン・スフル=Sans Soufre)を決断し、長年築いてきた父のスタイルである『抽出が強く飲み応えがあり、果実の甘みを感じるパワフルなワインのスタイル』を尊重しつつ、全行程における酸化防止剤の無添加に挑戦したのです。

 グロ・フレール・エ・スールの造る全てのワインをサン・スフルにするという決断は大胆かつリスクも伴うものでした。適切な保管環境に置かれなければ、すぐに劣化した状態になるからです。そして、2016年、2017年と試行錯誤を重ね、2018年からは極少量の酸化防止剤を使用することで、葡萄のピュアな果実味、ナチュラルさが前面に出たスタイルを確立すると共に品質の劣化を防ぐことに成功し、これにより名門グロ・フレール・エ・スールは、世代交代により新たな飛躍のスタートをきったと申せます。

 ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スールは、現在21haの畑を所有していますが、看板ワインは特級畑リシュブールで、小区画[Les Verroilles ou Richebourg]のメオ・カミュゼとアンヌ・フランソワーズ・グロの所有区画に挟まれた0.66haの区画から年間3000本のリシュブールを造っています。

 リシュブールは元々グロ家が小区画[Les Verroilles ou Richebourg]の中の大きな一区画を所有していましたが、現在はグロ・フレール・エ・スール、アンヌ・フランソワーズ・グロ、アンヌ・グロが分割所有しています。この中にグロ家嫡流ドメーヌのミシェル・グロがないのは、1860年から取得しているモノポール畑「ヴォーヌ・ロマネ一級クロ・デ・レア」を相続による分割から守るため、相続にあたってリシュブールを他の兄弟に譲ったためです。

 ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スールは、名門グロ家の系譜に連なる大ドメーヌであるだけに、リシュブール以外にも、特級畑グラン・ゼシェゾー(DRC区画に隣接する0.35ha)、エシェゾー(アンヌ・グロと隣接する0.93ha)、クロ・ド・ヴージョ(城の傍で特級畑ミュジニーと隣接する小区画ミュジニの1.5ha)等の好立地区画を所有しています。また、村名ヴォーヌ・ロマネは、特級畑エシェゾーの一部の葡萄をデクラセしてブレンドしており、コストパフォーマンスが良く、お薦めです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています


全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

【補足説明】グロ一族の家系図とドメーヌ継承図について

 

 名家グロ一族は現在4つのドメーヌに分かれていますので、それぞれの設立経緯と当主の相関図を理解するために、次のとおり「グロ一族の家系図とドメーヌ継承図」を整理し、掲載しました。

 各ドメーヌの看板ワインのエチケットも併せて掲載していますので参考にして下さい。

  上のエチケットは左から順に、[Domaine Anne Gros]、 [Domaine Michel Gros]、

[Domaine Anne-Francoise Gros]、 [Domaine Gros Frere et Soeur]です。

Your recent history

Category

Recommended