特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2007 [ドメーヌ・デュジャック]

型番 店舗内セラー在庫
販売価格 91,800円(税込)
在庫数 在庫0本売切れ中

SOLD OUT
”モレ・サン・ドニのスター”デュジャック
悲願の特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァン


 こちらの商品はデュジャックの所有する自慢の7つの特級畑の内、神に愛された村ヴォーヌ・ロマネの歴史ある銘醸特級畑「ロマネ・サン・ヴィヴァン2007」です。

 ドメーヌ・デュジャックは創設者ジャック・セイス氏が脱サラして1968年に創設した新興ドメーヌですが、モレ・サン・ドニを本拠地として素晴らしいワインを造り、次々に銘醸畑を取得・拡大し、一代でブルゴーニュのトップ・ドメーヌの地位を築いています。

 しかしこれまで名手デュジャックの保有する特級畑は勿論優れた銘醸畑ではあるものの、そのラインナップは本拠地モレ・サン・ドニを中心としたもので、ブルゴーニュを代表する特級畑は所有しておりませんでした。

 新興ドメーヌのデュジャックにとってブルゴーニュの王様シャンベルタンや神に愛された村ヴォーヌ・ロマネの特級畑はまさに喉から手が出るほど欲しかった悲願ともいうべき畑だったのです。

 そして2005年ついにその悲願が達成されます。2005年に相続問題が発生し売りに出していたトマ・モワラールから、ヴォーヌ・ロマネ村の歴史ある銘醸畑ロマネ・サン・ヴィヴァンとブルゴーニュの王様シャンベルタンの取得に成功したのです。この二つの銘醸特級畑の取得により、ドメーヌ・デュジャックは名実共にブルゴーニュの最高峰生産者の一人として位置付けられたと言えるのではないでしょうか。

 ここで特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンについて少し詳しくご説明します。
下のロマネ・サン・ヴィヴァンの区画図を描いたヴォーヌ・ロマネ村中心部の葡萄畑地図をご覧ください。この地図は当店店長が「ブルゴーニュワイン大全」等の資料を基にエクセルで描画した概略図ですので、縮尺(畑の広さ)は正確ではありませんが、畑の位置関係の参考になると思います。




 このヴォーヌ・ロマネ村の葡萄畑地図を見ると分かるように、特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンは、世界最高の畑ロマネ・コンティとリシュブールの真下にある3つの区画から構成される9.43haの平坦な畑で、ロマネ・コンティの生産者として名高いDRC社(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)の5.29haを筆頭に現在10人の所有者がいます。
 
 「ヴォーヌ・ロマネ村=ロマネ・コンティ」とすぐに連想しがちですが、中世の頃のヴォーヌ・ロマネ一帯は、西暦890年頃に設立されたサン・ヴィヴァン修道院が所有していました。
 特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンは、このサン・ヴィヴァン修道院が12世紀に数度にわたり寄進を受けたものですが、16世紀頃まではワイン造りを伝えたローマ人を意味する「ロマネ」と呼ばれていました。
 世界最高の畑ロマネ・コンティは、このロマネ・サン・ヴィヴァンの中にあった一区画[Cloux des cinq journaux]が、1584年に単独で売却・分化され、後に1760年にここを購入したコンティ公の名にちなんでロマネ・コンティとなったもので、歴史的な観点から見ればロマネ・サン・ヴィヴァンが由緒正しい本家の畑と言えるのです。

 フランス革命後の1791年、ロマネ・サン・ヴィヴァンはブルゴーニュの大地主マレ・モンジェ家(Marey-Monge)が全区画9.43haを全て所有し、その後少しずつ切り売りしていきますが、それでも1988年までは子孫のネイラン家が9.43haの半分以上を占める5.29haを所有していました。DRC社はネイラン家からこの区画を賃借して特級ロマネ・サン・ヴィヴァンを造っていたのです。

 ところが1988年に相続問題がネイラン家に発生し、高額の相続税を納めるために、この5.29haの区画をこれまで賃貸契約関係にあったDRCに売却することになります。DRCはこの買収資金に充てるため、これまで所有していた特級畑グラン・ゼシェゾーとエシェゾーの一部を売却し資金を捻出、ロマネ・サン・ヴィヴァンを購入したのです。
 この経緯を聞くと、DRC社がロマネ・コンティの本家とも言える歴史ある銘醸畑ロマネ・サン・ヴィヴァンをいかに高く評価しているか、またいかに欲しかったかが分かりますね。ですから、DRCのロマネ・サン・ヴィヴァンのボトルのエチケットには、畑の最初の所有者マレ・モンジェ家に敬意を払い、「Marey-Monge」の名が刻まれているのです。
 
 2005年にデュジャックが新たに取得したロマネ・サン・ヴィヴァンの畑は0.17ha(坪換算で約510坪)と極小で、生産量は約600本程で日本への輸入量も僅か数十本程度とされ、大変希少なものです。
 同時期に取得した特級シャンベルタンと同様、ここ数年は日本への割り当てもないようですから実店舗やネット店舗で探しても商品はおろか、エチケットもご覧になったことがないお客様も多いのではないでしょうか。

 最後に、雑学豆知識を一つ。ロマネ・コンティの元となった区画は[Cloux des cinq journaux](クルー・デ・サンク・ジュルノー)であることは前述しましたが、この [journaux]は畑の広さを表す古い単位で[1journaux]は約0.34ha、[ cinq ]はフランス語の数字の「5」です。従って、ロマネ・コンティは、当初は5ジュルノー(約1.7ha)の畑だったのです。

 ですから、デュジャックが2005年に取得した0.17haのロマネ・サン・ヴィヴァンの区画はトマ・モワラールが所有していた[1journaux](約0.34ha)を二分割したものなのです。参考までに残りのもう一つの0.17haはDomaine Sylvain Cathiardが取得しました。ブルゴーニュの醸造家達は誰もがヴォーヌ・ロマネに畑を持ちたがりますが、高名な特級畑が売りにでることは極めて稀なので、相続問題等で売り物がでた場合には、激しい獲得競争が展開されるのです。

 是非この機会に名手デュジャックの悲願とも言うべき貴重な特級ロマネ・サン・ヴィヴァンをお客様のセラーにお加え下さい。


こちらは店舗内セラー保管商品となります。


【商品内容】
商品名:特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2007
仏語名:2007 Romanee-Saint-Vivant Grand Cru
生産者:ドメーヌ・デュジャック(Domaine Dujac)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended