ブルゴーニュ・ワインの神様アンリ・ジャイエに育てられ

 その薫陶を今に受け継ぐブルゴーニュ屈指の名門ドメーヌ

 【ドメーヌ メオ・カミュゼ】

  〜Domaine Meo Camuzet〜


 ブルゴーニュ屈指の名門ドメーヌ メオ・カミュゼの歴史は1900年代初頭のエティエンヌ・カミュゼ氏に始まりますが、ブルゴーニュの象徴として有名なクロ・ド・ヴージョ城がかつてはメオ家の所有であったことでもわかるように、多くの畑を所有する資産家であり、名士でした。

 従って、代々直接ドメーヌの管理をすることはなく、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られており、単なる大地主という存在にすぎませんでした。

 メオ・カミュゼがドメーヌ元詰めを始めたのは1985年からで、この背景には1980年代にメタヤージュ契約が切れ、小作人も引退の時期を迎えたことで、葡萄畑のメオ家への返還が始まったこと、1989年にジャン・メオ氏の子息で現当主のジャン・ニコラ・メオ氏が24才の若さで生まれ育ったパリからブルゴーニュに移り、ドメーヌを託されたことがあげられます。

 

 この時の小作人の一人でドメーヌのワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュの神様、アンリ・ジャイエ氏です。彼は、リシュブールを始めとする銘醸畑をメタヤージュしてきましたが、1989年の契約切れ後も若いジャン・ニコラ・メオ氏にワイン作りを教え、その後もコンサルタントとして関わり、ドメーヌ メオ・カミュゼの今日の名声に寄与してきました。

 

 ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエに育てられ、その薫陶を今に受け継ぐ名門ドメーヌ、それがメオ・カミュゼなのです。

 名門ドメーヌを若くして受け継いだニコラ・メオ氏もドメーヌを率いてはや20余年となりましたが、立ち止まることなく進化を続けています。そんな様子は下の写真の通り、美術出版社発行のワイン専門誌「ワイナート」70号(2013年11月発刊)の「ヴォーヌ・ロマネの今を知るための5名」の一人としてドメーヌ・ルロワ等と共に大きく紹介されています。

 

 下表はドメーヌ・メオ・カミュゼの所有畑の一覧表です。ブルゴーニュ屈指の老舗名門ドメーヌだけに、特級畑はリシュブール、クロ・ド・ヴージョ、エシェゾーに三つのコルトン等の6畑、一級畑は神様アンリ・ジャイエの開拓した伝説の畑クロ・パラントゥを始めとする5畑を有する、絢爛豪華なラインナップです。

 

 ドメーヌ及びワインの詳細については、各商品ページをご覧ください。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [19] 商品中 [1-12] 商品を表示しています 次のページへ




全 [19] 商品中 [1-12] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

Category

Recommended