小規模ドメーヌながらブルゴーニュ最高の一級銘醸畑レ・ザムルーズの造り手として有名な生産者

 【ドメーヌ フランソワ・ベルトー】

  〜Domaine Francois Bertheau〜

 ドメーヌ・フランソワ・ベルトーは、2004年に先代の父ピエール・ベルトーよりドメーヌを引き継ぎます。5代目現当主のフランソワの代になって、そのワインはより繊細なスタイルへと変化し、シャンボール・ミュジニーの華麗なニュアンスを良く表現するものとなっています。

 下の所有畑一覧表の通り、シャンボール・ミュジニー村を中心に約6haの畑を所有し、年産15,000本程のワインを造っている小規模生産者ですが、その所有する畑は素晴らしいものがあります。

 ドメーヌの看板ワインは特級ボンヌ・マールとシャンボール・ミュジニー一級レザムルーズの二つのキュベです。テッレ・ルージュの区画から造る力強いボンヌ・マールも素晴らしいですが、何と言ってもフランソワ・ベルトーの芸術性が発揮されているのが0.32haの小さな区画で造る一級レザムルーズで、他の有名生産者のものと比べても遜色なく、繊細の極みとも言えるワインとして高く評価されています。

 ドメーヌの葡萄の平均樹齢は30年〜40年で、これらの畑は厳密なリュット・リゾネで栽培しています。また、熟成にあたっては、葡萄は100%除梗され、村名ワインはフードル(大樽)、一級以降はピエス(228リットルの小樽)を使用していますが、新樽比率は20%〜30%に抑え、18ヶ月の樽熟成を行い、瓶詰め後6ヶ月以上休ませた後に出荷しています。

 ドメーヌのワイン全てが雑味を微塵も感じさせない透き通るような果実味を持ち、派手さはないものの、一つ一つ丁寧な造り込みを感じさせてくれる、お薦めの造り手です。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended