シャトー・ラトゥールのオーナーが手掛ける新世代のブルゴーニュワイン

名ドメーヌ ルネ・アンジェルを継承したドメーヌ・デュージェニー

 【ドメーヌ・デュージェニー】

  〜 Domaine d'Eugenie 〜


 ドメーヌ・ルネ・アンジェルは、ヴォーヌ・ロマネの偉大なドメーヌの一つとして知られていましたが、2005年5月に当主フィリップ・アンジェルがタヒチで静養中に亡くなり、後継者がいないため、ドメーヌの存続は難しく、一家はドメーヌを売ることとなりました。

 そして約19億円とも言われる最高値をつけて買い取ったのが、ボルドー五大シャトーの一つシャトー・ラトゥールのオーナーの大富豪フランソワ・ピノーで、彼は自分の祖母の名をとり、ドメーヌ・ドゥジェニーと名付けたのです。

 つまり、ボルドーの雄シャトー・ラトゥールがヴォーヌ・ロマネのルネ・アンジェルの畑でワインを造ることになったわけで、大きな話題となりました。

 現在ドメーヌの経営はラトゥール同様、フランソワ・ピノー氏の右腕のフレデリック・アンジェラがその任についています。2005年の収穫物は既にバルクで売られてしまっていたので、ラドワ出身の醸造家ミシェル・マラールを含む新しいチームは2006年から2008年までのヴィンテージはニュイ・サン・ジョルジュにあるリュペ・ショーレの本社で仕込みましたが、2009年からはヴォーヌ・ロマネのクロ・フランタン醸造所をビショから買い取り、ここに温度調節機能のついた開放型の木製発酵槽や垂直式の圧搾機など、最新の醸造設備を備えて醸造しています。

 所有する葡萄畑は全部合わせても約6haの少なさですが、下の所有畑一覧表の通り、その中身の5アペラシオンは、特級のグラン・ゼシェゾー、エシェゾー、クロ・ド・ヴージョ、ヴォーヌ・ロマネ一級オー・ブリュレ、村名ヴォーヌ・ロマネと実に豪華です。

 村名ヴォーヌロマネは二つの銘柄があり、通常のヴォーヌ・ロマネは、樹齢は30〜50年のレ・コミューン、レ・ヴィニューの2区画、約2haの畑をブレンドしたもの。もう一つは、あのDRCの特級畑ラ・ターシュとプリューレ・ロックのクロ・ゴワイヨットに挟まれた面積僅か0.57haの別格の村名格畑クロ・デュジェニーの葡萄だけを使った稀少人気ワインのヴォーヌ・ロマネ クロ・デュージェニーです。

 一級レ・ブリュレは、レ・ブリュレの畑を二つに分かつ道の両側に1.05haを保有。クロ・ド・ヴージョは最上部に位置する教皇の畑(グランエシェゾーに隣接する)に1.37ha保有し、樹齢は60年程度。エシェゾーはアン・オルヴォーに0.55haの区画を保有しており、樹齢は90年以上。グランエシェゾーはわずか0.5haの区画で、樹齢は60年となっています。

 ドメーヌでは2009年にまずクロ・デュージェニーと一級オー・ブリュレでビオディナミ農法を始め、2010年にはエシェゾーにも広げています。

 除梗については原則として完全除梗ですが、クロ・ヴージョは無除梗のキュヴェと完全除梗のキュヴェを造り、それをアッサンブラージュすることで力強さと丸みを帯びた豊かなアロマをもたらしています。新樽の使用比率と熟成期間も明確で、村名クラスで約40%、プルミエ・クリュは約50%、グラン・クリュで最大80%と定められています。

 こうして造られるワインは、しっかりした色調をもち、濃密な風味が印象的で、若いうちから十分に楽しめるが、熟成を経るにつれて複雑味を帯びた妖艶な味わいに変化するのが最大の魅力で、その圧倒的な存在感とエレガンスを極めたスタイルは、シャトー・ラトゥールに通ずるものがあると言ってもよいのではないでしょうか。ブルゴーニュ好きの方はもちろん、ボルドー好きの方にも是非飲んで頂きたい新時代のブルゴーニュワインです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended