特級リシュブール2013[ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 48,600円(税込)
在庫数 1本
購入数

名門リジェ・ベレール家至宝の特級畑リシュブール
中心部の小区画レ・リシュブールの僅か0.55haの畑から造られる稀少品


南をDRC、北をジャン・グリヴォに挟まれた好立地で、1936年植樹の古樹から造られる逸品

 ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレールの初リリースは2002年ですが、その僅か3年後の2005年ヴィンテージのリシュブールに、世界的に著名なワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏が、ロマネ・コンティと全く同じ評価点をつけたことで一躍トップ・ドメーヌの仲間入りを果たしました。

 ドメーヌの至宝とも言うべきリシュブールの区画はヴォーヌ・ロマネでも最良かつ最古と言われる小区画レ・リシュブールの南側の歴史的区域に位置する0.55haの畑で、DRCのリシュブール区画の真横にあり、葡萄は1936年植樹の古樹という素晴らしいものです。

当主ティボー・リジェ・ベレール氏によれば、「リシュブールは喉で感じるワインで、若い内は味覚で細部をくまなくとらえることができないが、素晴らしい後味の中に濃厚な果実味があらわれる」とのこと。

 名門リジェ・ベレール家至宝の特級リシュブールを是非セラーにお加え下さい。

 ここで特級畑リシュブールについて少し詳しくご説明します。

  特級畑リシュブールは、世界最高の畑ロマネ・コンティに隣接する面積8.03haの畑で、DRC社(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)が所有する二つの別格のモノポール(単独所有畑)を別にすれば、ヴォーヌ・ロマネ最高位の特級畑とされ、DRC、ルロワを始めとする超一流生産者がこのリシュブールを舞台にその腕を競っています。

 このリシュブールは二つの小区画(リュー・ディ)から構成されており、一つはロマネ・コンティに接し、リシュブール本体である「レ・リシュブール=Les Richebourgs」(面積5.05ha)と、もう一つは背斜谷寄りの「レ・ヴェロワイユまたはリシュブール=Les Verroilles ou Richebourgs」(面積2.98ha)の小区画です。

 「レ・ヴェロワイユまたはリシュブール」の小区画は元々「リシュブール下のヴェロワイユ」(Verroilles sous Richebourgs)という名前でしたが、抜け目ないマーケティング上の知恵によって「sous (下の)」の頭の「s」をとって「ous(または)」と改名されたものです。レ・ヴェロワイユの小区画の主な所有者はメオ・カミュゼやグロ一族ですから、この改名はおそらくメオ・カミュゼ家やグロ一族の主張によるものだと思われます。

 リシュブールを構成するこの二つの小区画は僅かに畑の向きが異なっており、前者は東向き、後者が東北東向きとなっており、結果としてレ・ヴェロワイユの方がやや葡萄の熟するのが遅いようです。

 現在のリシュブールの所有者は11名で、ロマネ・コンティの生産者として名高いDRCの3.51haが最大の所有者で、元々ブルゴーニュの名家であったグロ家はレ・ヴェロワイユの小区画の中に1.89haを所有していましたが、現在では相続により、グロ・フレール・エ・スール0.69ha、アンヌ・フランソワ・グロ0.60ha、アンヌ・グロ0.60haに分割所有されています。またドメーヌ・ルロワの0.78haの区画は、1988年にブルゴーニュ・ワインの神様故アンリ・ジャイエと比肩されたドメーヌ・シャルル・ノエラを買収したことにより取得したものです。

 下に、現在のリシュブール所有者の区画図を掲載します。ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレールの所有する区画(水色に塗りつぶした部分)がリシュブール中央に位置し、南がDRC、北がドメーヌ・ジャン・グリヴォに隣接する好立地にあることが良くお分かりになると思います。





 こちらの商品はドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品ですが、セラー契約上お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。


*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


【商品内容】
商品名:特級リシュブール2013 

仏語名:2013 Richebourg Grand Cru

生産者:ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール
     (Domaine Thibault Liger-Belair)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended