ブルゴーニュ格付けで一級から特級へ格上げされた数少ない畑

 クロ・デ・ランブレイを実質的にモノポール状態で所有するドメーヌ

 【ドメーヌ・デ・ランブレイ】

  〜Domaine des Lambrays〜


 1935年の制定以来、その格付けはほとんど変わることのなかったブルゴーニュのAOC。その中で一級から特級へ格上げされた数少ない畑がクロ・デ・ランブレイです。ドメーヌ・デ・ランブレイは、その面積8.84haの畑の95%以上を所有しており、モノポールといっても過言ではありません。

 1980年代は、「ブルゴーニュの中で最も評価の低いグラン・クリュ」という不名誉な評価をされたこともありましたが、1996年からはドイツのフレウント家がオーナーとなると、醸造設備を一新し、若樹の区画を格下げするなど抜本的な改革を推し進めた結果、1990年代後半からはかつての名声を取り戻しました。

 2014年4月からは高級シャンパン・ブランドを数多く持つ、LVMH( モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)がオーナーとなっています。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended