人気漫画「神の雫」で「第五の使徒」として登場

シャサーニュ・モンラッシェ最高の造り手のシュヴァリエ・モンラッシェ

【ミシェル・コラン・ドレジェ】

〜Domaine Michel Colin Deleger〜


 1878年より続く、ミッシェル・コラン・ドレジェは、ブルゴーニュで秀逸な白ワイン生み出すシャサーニュ・モンラッシェ村を代表する造り手の一人です。有名な評論家ロバート・パーカー氏も5ツ星に評価する造り手で、20ヘクタールの畑を所有し、シャヴァリエ・モンラッシェを始めとする数多くの秀逸の畑を持っています。

 近年、ブルゴーニュでは、秀逸なワインを生んできたドメーヌの多くが世代交代を迎えており、このドメーヌでも2004年にドメーヌを分割し、長男フィリップがドメーヌ・フィリップ・コラン、次男ブリュノはドメーヌ・ブリュノ・コランと、別々のドメーヌとして独立し、生産を始めました。

 

 父のミシェル・コランも引退はせず、自身の名義でも生産は続けていて、看板ワインの特級シュヴァリエ・モンラッシェはこれまで通りミシェルのラベルとなっています。また、シュヴァリエ・モンラッシェ以外には、ピュリニー・モンラッシェの銘醸一級畑レ・ドモワゼルとシャサーニュ・モンラッシェの銘醸一級畑アン・ルミリーの2銘柄がミシェル・コラン・ドレジェのラベルでリリースされていますが、そろそろご子息への引き継ぎによるミシェル・コラン氏の完全引退も囁かれており、いずれのワインも稀少人気ワインとなっています。

 

 日本でミシェル・コラン・ドレジェのシュヴァリエ・モンラッシェが広く知られるようになったきっかけは、人気漫画「神の雫」で、ミシェル・コランのシュヴァリエ・モンラッシェ2000年ヴィンテージが界で最高のワイン12本の内の1本、「第五の使徒」として描かれたことでしょう。

 ミシェル・コラン・ドレジェは、ルフレーヴ等とともに3本の指に入るシュヴァリエ・モンラッシェの名手として知られていますが、ドメーヌが所有するシュヴァリエ・モンラッシェの面積は、わずか0.16haで、生産量は数百本ほどで、ほとんど見かけることのない稀少プレミアムワインです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended