高密植栽培による収量制限と”遅摘み”をモットーとする実力派ドメーヌ

父ジャッキーからドメーヌを引き継いだ有能な二人の醸造家兄弟が、果梗まで熟した葡萄を全房発酵して造るパワフルなヴァン・ド・ギャルド

 【ドメーヌ・コンフュロン・コトティド】

 〜Domaine Confuron Cotetidot〜


 

 ヴォーヌ・ロマネに本拠を構えるドメーヌ・コンフュロン・コトティドと言えば、1980年代のブルゴーニュで、一世を風靡したレバノン生まれの伝説的な醸造家「ギィ・アッカ」氏の名前を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

 ドメーヌ・コンフュロン・コトティドが、ギィ・アッカ氏のコンサルタントを受けていたのは、1977年から1990年代前半までで、今は、その当時5代目当主であった父ジャッキー・コンフュロン氏から代替わりし、二人の息子、ジャン・ピエールとイヴがドメーヌを運営しています。

 この二人の兄弟は、ジャン・ピエールはボーヌのメゾン・シャンソン、イヴはポマールのドメーヌ・ド・クーセルのコンサルタントを務めるほどの有能な醸造家で、現在でも父が行っていた時の手法をベースとしつつも、彼ら独自の工夫を加えて、素晴らしい長熟型のワインを造り続けています。

 

 ちなみに、ブルゴーニュには、同じコンフュロン姓を名乗るドメーヌ・ジャン・ジャック・コンフュロンがありますが、ドメーヌに名を残す故ジャン・ジャック・コンフュロン氏とジャッキー・コンフュロン氏は兄弟の関係です。  

 先代の父ジャッキーの時代から、このドメーヌは「遅摘み」をモットーとしています。緯度が高く、気象の安定しないブルゴーニュでは、遅摘みには雨や腐敗などのリスクがあることから、大多数の葡萄栽培農家は遅摘みを敬遠しますが、全房発酵のために、可能な限り果梗まで完熟した葡萄を収穫しており、毎年最後に葡萄を収穫する造り手として知られています。また、畑では「高密植栽培」で収量を抑え、収穫した葡萄は、除梗せず、全房発酵させ、樽熟成についても新樽率を低くする一方で、熟成期間を長くとっています。

 こうして造られるワインは、深みのある色調と豊かなアロマを持ち、味わいも濃縮感溢れるもので、まさに「パワフルなヴァン・ド・ギャルド(Vin de Garde=長期熟成型ワイン)」と呼ぶにふさわしいものです。

 

 所有する畑は11haで、ドメーヌの本拠地のヴォーヌ・ロマネの特級畑エシェゾーを筆頭に、クロ・ド・ヴージョ、一級畑レ・スショ、ジュヴレ・シャンベルタンにも特級畑マジ・シャンベルタン、シャルム・シャンベルタン、一級畑ラヴォー・サン・ジャック、プティット・シャペル等の素晴らしい銘醸畑を所有しており、今や醸造するアペラシオンは、コート・ド・ニュィからコート・ド・ボーヌまで及んでいます。

 日本にもファンは多く、上の写真の通り、美術出版社発行の「ワイナート41号(2007年11月発行)」にも、ヴォーヌ・ロマネのトップ生産者の一人として、看板ワインの特級エシェゾーと共に掲載・紹介されています。また、ドメーヌ・コンフュロン・コトティドの畑の葡萄は古樹で知られており、トップ・キュヴェのエシェゾーは比較的若木だとは言え、それでも樹齢60年を超えており、高収量のヴィンテージでさえ、28hl/haという低収量です。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています


全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended