2008年にドメーヌ名をアルヌー・ラショーに改称し更に飛躍

 ロマネ・サン・ヴィヴァンとレ・スショの二枚看板を持つ名門ドメーヌ

 【ドメーヌ・ロベール・アルヌー】

 (現ドメーヌ・アルヌー・ラショー)

  〜Domaine Robert Arnoux (Arnoux Lachaux)〜


 ドメーヌ・ロベール・アルヌーは、1858年創設のヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌです。ドメーヌに名を残す先代のロベール氏は1957年に当主になり、一気にドメーヌの名声を高め、その規模を拡大した偉大な人物で、ブルゴーニュのグラン・ヴァン・テイスティング(ブラインド試飲)では、しばしばDRC等のトップ・ドメーヌと肩を並べる評価を受け、著名なワイン評論家ロバート・パーカー氏から「プティDRC](小さなDRC)と称賛されました。

 2008年にドメーヌ・ロベール・アルヌーは名称がドメーヌ・アルノー・ラショーとなり、エチケットのデザインも一新されていますが、これには次の様な経緯があります。

 ロベール氏には3人の娘がいましたが、跡取りとなる男子がいなかったことから、末娘のフローランスが婿をとり、ドメーヌを継ぐことになります。その婿婿が五代目となる現当主のパスカル・ラショーです。

 パスカル・ラショーは元々ワイン造りの家系ではなく、薬剤師として働いていた頃にロベール・アルヌーの娘フローランスと知り合い、結婚します。

 結婚後、義父の下で葡萄栽培とワイン造りを学び、ドメーヌに参画します。そして1990年から醸造責任者につき、1995年頃にドメーヌを引き継ぎます。1995年にロベールが他界して以降はパスカルとフローランスのふたりでドメーヌを切り盛りし、カーヴの拡張、醸造施設の改装、そして畑もさらに増やしていきます。婿入り前、薬剤師として磨いた論理性と知性を備えるパスカル氏が造るワインの評価は、先代を凌ぐほどに高まりました。

 日本においても下の写真の通り、美術出版社発行のワイナート41号(2007年11月発刊)「ヴォーヌ・ロマネ完全読本」の中でドメーヌ・ロベール・アルヌーとその看板ワイン「ロマネ・サン・ヴィヴァン」が大きく紹介されています。

 その自信の表れでしょうか、2008年に、これまでのドメーヌ・ロベール・アルヌーの名称を自分の名前を入れて、ドメーヌ・アルヌー・ラショーへと改称し、パスカル・ラショーの名前でネゴシアン事業も始めており、今日ではヴォーヌ・ロマネの著名生産者の一人として活躍しています。

 ヴォーヌ・ロマネが本拠地だけに、下の所有畑一覧表の通り、ヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュを中心に素晴らしい数々のクリマを所有し、畑の総面積は13ヘクタールを超えています。

 特級畑はロマネ・サン・ヴィヴァン、エシェゾー、クロ・ド・ヴージョ、それにラトリシエール・シャンベルタンとじつに豪華ですが、実は所有畑の中で最も注目され、人気を集めているのが、看板ワインのヴォーヌ・ロマネ一級レ・スショです。

 一級畑レ・スショは、「造り手によっては、特級扱いにされる一級畑の代表格」ですが、窪地で水捌けの悪い区画が多いため、所有畑の位置によってワインの出来に大きな差が出ます。しかし、アルヌー家が所有する0.43haの区画は、「特級リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、エシェゾーに囲まれた、水捌けの良い絶好の斜面上部に位置」し、同ドメーヌを「プティDRC」と言わしめた特級のポテンシャルを持つ最上のキュヴェなのです。

 これに加えて、レ・スショでもう一つ説明が必要なのが、葡萄の種類と樹齢です。

現在、ブルゴーニュ地方で多く栽培されているピノ・ノワール種のクローンの元となった株は安定した収量が見込め、病害虫にも耐性があるなど、栽培のしやすさから選ばれたピノ・ドロワです。

 このピノ・ドロワとは別にピノ・ノワール種の原型に近いより伝統的なピノ・ファンという株がありますが、栽培も難しく、収量も少ないことから今日では非常に少なくなってしまっています。しかし、このピノ・ファンこそ果粒が小さく、濃縮果汁に秀逸性がある亜種で、あのロマネ・コンティも実はこのピノ・ファンから造られているのです。

 ブルゴーニュワインの神様故アンリ・ジャイエ氏がミルランダージュ(結実不良)によって生じた小さな果粒の葡萄を愛したことは有名ですが、貴腐ワインといいアイスワインといい、食用では不適と思われるものがワインの世界では絶品の材料になるのですから不思議なことで、まさに「神の悪戯」だと思います。

 話は逸れましたが、ドメーヌではこの樹齢60年から100年に達する超ヴィエーユ・ヴィーニュのピノ・ファンが植わる区画をレ・スショに所有しており、ピノ・ファンという株とその樹齢に加え、ロマネ・サン・ヴィヴァンとグラン・エシェゾーの間という好立地も手伝ってグラン・クリュ並みの逸品に仕上がり、しかも生産本数も稀少であることからレ・スショは人気稀少ワインとなっています。

 実際に、このレ・スショはドメーヌのセラーでの試飲の際、クロ・ド・ヴージョとエシェゾーの後、ロマネ・サン・ヴィヴァンの前に供されるとのことですので、その実力のほどがわかります。

 また、一級畑オー・レニョはコント・リジェ・ベレールのモノポール特級畑ラ・ロマネの上に接する面積1.62haの小さな畑で、ラ・ロマネを間に挟んでロマネ・コンティからは直線距離で約50メートルほどの上の斜面にあります。しかもロベール・アルヌーの所有する区画は、ラ・ロマネに接し、リシュブールのDRC区画の直ぐそばという好立地の僅か0.2haの極小区画です。

 ドメーヌでの通常の新樽比率は村名で20〜25%、一級畑で30〜50%、特級は100%ですが、稀少ワインであるレ・スショとオー・レニュにも100%の新樽を用いています。

 ロベール・アルヌーそして世代交代したアルヌー・ラショーのワインは、なんといってもバランスがよいことが挙げられ、果実味が過ぎたり、樽香が強すぎることもなく、しかも十分な凝縮感を伴っています。

 現在は長男のシャルルがドメーヌの仕事に加わっていますが、2012年ヴィンテージからは醸造をこの当時25歳の息子に担当させているようで、世代交代に成功して、ますますの発展が期待されているドメーヌ・アルノー・ラショーです。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

Your recent history

Category

Recommended