【秘蔵】ニュイ・サン・ジョルジュ一級レ・シェニョ2013[ドメーヌ・ジョルジュ・ミュニレ-ジブール]

型番 【秘蔵】エノテカ那須エイジングワインセラー在庫
販売価格 18,700円(税込)
在庫数 1
購入数

ドメーヌ・ジョルジュ・ミュニレ・ジブールの
ニュイ・サン・ジョルジュ一級レ・シェニョ2013



堅牢なニュイの礎の上にヴォーヌ・ロマネのエレガンスが調和した人気ワイン
ドメーヌ蔵出し正規品のバック・ヴィンテージ!!




 ニュイ・サン・ジョルジュの一級畑レ・シェニョは、ニュイ・サン・ジョルジュの集落とヴォーヌ・ロマネ村の境界線の中間あたりの斜面中腹に位置する面積5.85haの一級畑です。粘土質の強い土壌から生まれるワインはスパイシーで、ボディもしっかりしていると言われています。

 ヴォーヌ・ロマネと隣り合うニュイ・サン・ジョルジュの北側丘陵にはこのレ・シェニョを始めレ・ヴィーニュ・ロンドやブドー、ミュルジュ等の優れた一級畑がありますが、これらの畑はニュイ・サン・ジョルジュの典型とも言われるがっしりとした骨組みはそのままに、隣村ヴォーヌ・ロマネゆずりのエレガントさを持つことで知られます。

 ジョルジュ・ミュニレ・ジブールの造るレ・シェニョも堅牢なニュイ・サンジョルジュの礎の上にヴォーヌ・ロマネ的なエレガンスと調和が見られると評される人気ワインです。

 ドメーヌ・ジョルジュ・ミュニレ・ジブールがレ・シェニョに所有する区画面積は1.27haですが、分益耕作が結ばれているため、ドメーヌは全ての果実を手にいれることはできず、生産量の少ない稀少ワインとなっています。

 こちらのニュイ・サン・ジョルジュ一級レ・シェニョのヴィンテージは2013年ですが、2013年のブルゴーニュは天候に悩まされた年でした。 春は雨と高い湿度に悩まされ、全体的に生育が遅くなり、開花期にも雨が降り、花ぶるいや結実不良が起きてしまいます。更には比較的冷涼な夏となり、雹の被害を受けることにもなりました。多雨、低温、霜害、雹害、花ぶるいにベト病と、葡萄栽培には苦難の年でした。従って2013年は一般的にはヴィンテージチャートは平均年評価とされています。

 しかし、実際に蓋を開けてみると2013年ヴィンテージは綺麗でエレガントなミレジムとなり、「良いサプライズ」もしくは「化けたヴィンテージ」というのが現在の生産者の評価です。

 この理由は、収穫前の8月は晴天が続き、赤はタンニンの熟成をじっくりと待てる好機を得たので、多くの優良生産者は、完熟した葡萄を得るには収量をぎりぎりまで低くし、選果も厳しくしたため、凝縮感があり、各テロワールの特徴が際立っているヴィンテージとなったためです。 

 ジョルジュ・ミニュレ・ジブールの2013年も素晴らしい出来として評判だったヴィンテージで、2019年12月末に入荷したドメーヌ蔵出し正規品の貴重なバック・ヴィンテージです。

 こちらの【秘蔵】マーク商品のインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ(株)経由当店が購入し、直ちに環境と設備の優れた同社のワイン専用倉庫の那須エイジングワインセラーに搬入し、現在も保管を委託中のものです。

 また、セラー契約で一旦倉庫外に出たワインの再入庫はできないことから、商品写真はエノテカ施設内で撮影したもので、搬入後から現在まで、一切倉庫外には出ておらず、この間、動かされることなく、良好なコンディション下で熟成のための眠りについている稀少プレミアムワインです。

 当店では、このように買付から現在の保管に至るまで一度もエノテカ(株)の管理下から外れたことのないワインを【秘蔵】と定義し、これに該当するワインにのみ【秘蔵】マークを付けています。

 こちらのエノテカ那須エイジングワインセラー保管商品については、「良コンディションの維持」、「配送期間の短縮」及び「配送に伴うリスク軽減」のためエノテカ那須エイジングワインセラーからお客様の元へクール宅急便で直送いたします。
 
 また、エノテカ那須エイジングワインセラー保管商品と店舗内保管セラー商品を同時にご購入になった場合には、原則として、エノテカ那須及び当店からそれぞれを個別に配送いたしますが、その場合の追加の配送料はいただきません。 
*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。



【商品内容】
商品名:ニュイ・サン・ジョルジュ一級
    レ・シェニョ2013 

仏語名:2013 Nuis-St.-Georges 1er Cru
    Les Chaignots

生産者:ドメーヌ・ジョルジュ・ミニュレ・ジブール
    (Domaine Georges Mugneret-Gibourg)

容量 :750m
タイプ:赤ワイン




Your recent history

Category

Recommended