【秘蔵】特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2016 [ドメーヌ・ド・ラルロ]

型番 【秘蔵】エノテカ那須エイジングワインセラー在庫
販売価格 88,000円(税込)
在庫数 1本
購入数

ロマネ・コンティと道一本を挟んで隣り合うドメーヌ・ド・ラルロの稀少なロマネ・サン・ヴィヴァン

ロマネ・サン・ヴィヴァンの中でロマネ・コンティの真下に位置する僅か0.25haの好立地区画

 1789年のフランス革命以降に設立されたドメーヌ・ド・ラルロは、その後幾多の変遷を経て、1987年に保険会社のアクサが建物とクロ・ド・ラルロ及びクロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュの二つのモノポールとクロ・デュ・シャポーを買い取り、新生ドメーヌ・ド・ラルロとして生まれ変わりました。

 新生ラルロは、1991年に特級ロマネ・サン・ヴィヴァン(0.25ha)、ついで1992年にヴォーヌ・ロマネ一級畑レ・スショ(0.85ha)を購入し、総面積14haのドメーヌに成長します。

 ドメーヌ開始直後から、テロワールを尊重する目的でビオディナミ実践に向けて移行しており、1991年に除草剤・殺虫剤の使用を全廃、1999年から段階的にビオディナミを導入し、2003年からは全ての畑で実践しています。

 また醸造においては、色の濃さよりも、味わいのバランスを重要視し、デュジャック仕込みの全房発酵で仕込むことにより、抽出は柔らかく、純真無垢の味わいとなり、優雅で絹のような舌触りを持ったワインは「プチDRC」とも呼ばれ、フランス内外で高い評価を獲得し、全ブルゴーニュでもトップドメーヌの仲間入りを果たします。

ドメーヌの中核となるのは広い面積を所有する二つのモノポールの「クロ・ド・ラルロ」と「クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ」ですが、ドメーヌのトップ・キュベはやはり稀少な特級ロマネ・サン・ヴィヴァンです。

ドメーヌ・ド・ラルロが1991年に入手した特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンの0.25haの小さな区画は、道一本を挟んで、世界一有名な特級畑ラ・ロマネ・コンティと接しており、正にラ・ロマネ・コンティの真下という絶好な位置にあるのです。

下に「ロマネ・サン・ヴィヴァンの所有者10名の区画図」「ロマネ・コンティとロマネ・サン・ヴィヴァンの間にある道から撮影した写真」を掲載しましたのでご確認下さい。

「水色で塗った┐龍莢茵がドメーヌ・ド・ラルロの所有区画です。





 ドメーヌ・ド・ラルロがニュイ・サン・ジョルジュの造り手でありながら、「プチDRC」と呼ばれるのにはワインの味わいの他にこのような地理的な理由もあるのではないでしょうか。

 ドメーヌ・ド・ラルロが所有するロマネ・サン・ヴィヴァンの区画面積は僅か0.25haで、毎年の生産本数は約1000本ですが、2016年ヴィンテージは春の霜害により収量が減少したため870本となっており、特に稀少で入手困難となっています。


 こちらの【秘蔵】マーク商品はドメーヌ蔵出しの正規品で、エノテカ(株)が買付・検品後、当店が購入し、直ちに環境と設備の優れた同社のワイン専用倉庫の那須エイジングワインセラーに搬入し、現在も保管を委託中のものです。

 また、セラー契約の規定で一旦倉庫外に出たワインの再入庫はできないことから、写真もエノテカ施設内で撮影しており、那須倉庫搬入後から現在まで、一切倉庫外には出ておらず、この間、動かされることなく、良好なコンディション下で熟成のための眠りについている希少プレミアムワインです。

 当店では、このように買付から現在の保管に至るまで一度もエノテカ(株)の管理下から外れたことのないワインを【秘蔵】と定義し、これに該当するワインにのみ【秘蔵】マークを付けています。

 こちらのエノテカ那須エイジングワインセラー保管商品については、「良コンディションの維持」、「配送期間の短縮」及び「配送に伴うリスク軽減」のためエノテカ那須エイジングワインセラーからお客様の元へクール宅急便で直送いたします。
 
 また、エノテカ那須エイジングワインセラー保管商品と店舗内保管セラー商品を同時にご購入になった場合には、原則として、エノテカ那須及び当店からそれぞれを個別に配送いたしますが、その場合の追加の配送料はいただきません。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


【商品内容】
商品名:特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2016
    
仏語名:2016 Romanee St-Vivant Grand Cru

生産者:ドメーヌ・ド・ラルロ
    (Domaine de l'Arlot )
容量 :750m
タイプ:赤ワイン






Your recent history

Category

Recommended