ムルソー一級 ペリエール2007 [ドメーヌ・コシュ・デュリ]

型番 店舗内セラー在庫
販売価格 129,600円(税込)
在庫数 在庫0本売切れ中

SOLD OUT
「白の魔術師」コシュ・デュリが造る
愛好家垂涎の逸品 ペリエール2007


  コシュ・デュリといえば、白ワインの名手中の名手として知られ、コント・ラフォンと並んでムルソーの二大巨匠と評価されています。

 2006年デキャンタ誌の「世界の白ワイン・トップ生産者10傑」に選ばれ、「白ワインの魔術師」や「シャルドネの神様」と称賛されるコシュ・デュリはブルゴーニュで最も入手困難な白ワイン生産者と言ってもよいでしょう。

 ドメーヌの設立は1920年。初めは6つのムルソーの畑の分益耕作からスタートし、二代目から畑を買い増し、徐々に拡大していきました。
 ドメーヌの名称がコシュ・デュリとなったのは、三代目のジャン・フランソワ・コシュ氏が当主となった1974年で、ドメーヌ名のコシュ・デュリは氏の苗字(Coche)と夫人の旧姓(Dury)を結んだものです。

 ワインの元詰はドメーヌ設立時から始めていますが、商習慣で今でも樽の1/3を昔からの付き合いのネゴシアンに売却しているため、市場では常に商品が品薄の状態です。
 トップ・キュベの特級コルトン・シャルルマーニュとムルソー一級ペリエールは、生産量が少ないことに加え、世界中の愛好家から引っ張りだこで、ほとんど目にすることはありません。

 2001年からは息子ラファエル氏がドメーヌに参加。2008年ヴィンテージをもって四代目ラファエル氏へとドメーヌは引き継がれましたが、ノンフィルターで、最低18ヶ月の長期熟成を特徴とする初代からのワイン造りを踏襲しており”ブルゴーニュファンならば一度は飲んでみたいワイン”との名声と憧れを保ち続けています。

 こちらの商品の一級ペリエールは、ブルゴーニュを代表する畑の1つですが、クリマ名のペリエールとは「石切り場」に由来します。ムルソーの丘、中腹よりやや斜面上部にある14.58haの畑は、ペリエールという名のとおり、ミネラルを多く含む土壌で、特級に匹敵するとも言われ、引き締まった強靭な味わいを持つ素晴らしい白ワインを生み出す銘醸畑です。

 コシュ・デュリがペリエールに所有する面積は僅か0.56haで、植えられた葡萄は樹齢60年を超えた古樹となっていますので、生産量は年平均2000本程度です。
 
 ムルソー最良の一級畑ペリエールはどの生産者も高価ながら、入手困難な人気ワインです。ムルソーにおいてコシュ・デュリと双璧をなす巨匠コント・ラフォンのペリエールも、生産量が約4800本ありながら、瞬く間に完売となります。

 ましてや、生産量が更に少ないコシュ・デュリのペリエールとなれば、市場で見つけること自体が大変困難であり、希少プレミアムワインの代表格となっているのです。

 こちらの商品は、その希少プレミアムワインの「ムルソー一級ペリエール2007」です。ヴィンテージ・チャートを見れば分かりますが、2007年のブルーゴーニュの白は葡萄の出来が良く、長期熟成に向く優良年の評価の年です。 
 近年の地球の温暖化傾向は、葡萄の出来に限っては、冷涼な気候のブルゴーニュでは成熟した葡萄果が収穫できる良い影響があるようで、最近では「不良年」という言葉を聞かなくなりました。

こちらは店舗内セラー保管商品となります。

【商品内容】
商品名:ムルソー 一級 ペリエール2007
仏語名:2007 Meursault 1er Cru Perrieres
生産者:ドメーヌ・コシュ・デュリ
   (Domaine J.F Coche-Dury)
容量 :750ml
タイプ:白ワイン
 



Your recent history

Category

Recommended