【秘蔵】特級バタール・モンラッシェ 2019 [オリヴィエ・ルフレーヴ(ドメーヌ)]

型番 【秘蔵】エノテカ那須エイジングワインセラー在庫
販売価格 69,850円(税込)
在庫数 1本
購入数

名家ルフレーヴの誇りと最高の技術でオリヴィエ・ルフレーヴが造るドメーヌ物の特級バタール・モンラッシェ

ドメーヌ・ルフレーヴがビオディナミ農法で管理してきた区画を相続し、オリヴィエ・ルフレーヴ自社畑として造る
「特級バタール・モンラッシェ2019」



 ルフレーヴ家出身のオリヴィエ・ルフレーヴ氏は1982年〜1994年まではドメーヌ・ルフレーヴを共同所有し、この間三代目当主のアンヌ・クロード氏と共にドメーヌを世界最高の白ワイン生産者の地位にまで引き上げました。その一方で、1985年にネゴシアン事業としてを起ち上げたのがオリヴィエ・ルフレーヴ・エ・スールです。


 1995年に大きくなったネゴシアン事業やホテル・レストラン等の自身の事業に専念するため、ドメーヌ・ルフレーヴを離れ、独立しました。オリヴィエ・ルフレーヴは株式会社組織で、38名の株主で構成されていますが、オリヴィエと兄のパトリックが株式の7割を所有しています。

 オリヴィエ・ルフレーヴの場合、単なるネゴシアンではなく、ラベルには、「オリヴィエ・ルフレーヴ・フレールによる醸造、熟成、瓶詰」とあり、樽買いや瓶詰ワインを買うネゴシアンとは明確に一線を画しています。

 オリヴィエ氏は自分のワインの特徴について、次のように語っています。『ルフレーヴ家300年の伝統的手法を採用する。葡萄もしくはマスト(果汁)を買い、決してワインは買わない。葡萄で買うから、畑の区画が選べる。自分はどこが良い区画か知っていて、その葡萄だけを選ぶ。そして最後に、ワイン造りのルールは存在しない。自分の舌で全てを決める』

 現在、買い葡萄と17haの自社畑から、65のAOCにまたがる総数80万本のワインを生産していますが、白の最高峰生産者ルフレーヴ家出身であることから、その85%は白ワインです。

 オリヴィエ氏は名家ルフレーヴ家出身であることから、自社所有畑の中には、最近までドメーヌ・ルフレーヴが所有し、ビオディナミ農法で管理されていた特級畑シュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェやピュリー・モンラッシェ一級畑レ・ピュセルとフォラティエール、ムルソー一級畑スール・ド・ダーヌ等の偉大な畑が相続により、もたらされており、これらはラベルにドメーヌでの生産を意味する[Recolte du Domaine=ドメーヌの収穫物]の表記があります。

(正確に言いますと、ルフレーヴ一族のオリヴィエ・ルフレーヴ氏はドメーヌ・ルフレーヴの幾つかの区画を以前から相続で得ていましたが、これまでその区画をドメーヌ・ルフレーヴに貸しており、そこでビオディナミ農法が行われていました。近年、畑賃貸契約の期限切れに伴い、再契約をせず、自社畑として取り戻したものです。)



 こちらの商品は、ドメーヌ・ルフレーヴから相続によりオリヴィエ・ルフレーヴの自社畑となった、ドメーヌ物の「特級バタール・モンラッシェ2019」です。オリヴィエ・ルフレーヴは、買い葡萄によるネゴシアン物のバタール・モンラッシェも造っていますが、こちらは僅か0.073haの自社畑で造る稀少なドメーヌ物のバタール・モンラッシェです。

 特級畑バタール・モンラッシェは、ピュリニーとシャサーニュの両村にまたがる特級畑で、県道を挟んで特級畑モンラッシェとは向い同士に位置しており、その面積はピュリニー側が6.02ha、シャサーニュ側が5.84haで合計11.86haです。

 モンラッシェとバタール・モンラッシェの基岩の組成は全く同じですが、二つの畑の間には県道を挟んで断層があり、約3mほどバタールの方が低く、また、表層土はバタール・モンラッシェの方が厚くて重くなっており、この土壌がバタールを重厚で骨格がしっかりとしたワインとしています。

 ご承知の通り、ドメーヌ・ルフレーヴは、バタール・モンラッシェ最大の所有者で、ピュリニー側に2区画1.24ha、シャサーニュ側に2区画0.67haで合計1.91haを所有しています。植えられている葡萄樹は一番古いもので1962年の植樹です。
 
 オリヴィエ・ルフレーヴの相続したバタール・モンラッシェの区画は、下の写真の通り、ピュリニー側で、ビァンヴニュー・バタール・モンラッシェの上、モンラッシェ下に位置する0.18エーカー(0.073ha)の小さな区画で、これまでルフレーヴがビオディナミ農法で管理してきた畑です。従って、ドメーヌ・ルフレーヴとオリヴィエ・ルフレーヴのバタール・モンラッシェの飲み比べもブルゴーニュ愛好家にとってはとても楽しみとなりました。


 
 また、2019年のコート・ド・ボーヌ地区は4月〜5月に五回にわたる霜害の影響と夏の猛暑で、畑によっては30%〜70%収量が減少しています。その後の天候回復と収穫期の温暖な気候のおかげで、「葡萄の熟度も高く、果実味に溢れ、芳醇なワインとなった優良年」となっており、お薦めのヴィンテージです。
 


 こちらの【秘蔵】マーク商品のインポーターはエノテカ(株)で、当店が購入後、直ちに、環境と設備の優れた同社のワイン専用倉庫の那須エイジングワインセラーに搬入し、現在も保管を委託中のものです。

 また、セラー契約で一旦倉庫外に出たワインの再入庫はできないことから、商品写真は全てエノテカ施設内で撮影したもので、搬入後から現在まで、一切倉庫外には出ておらず、この間、動かされることなく、良好なコンディション下で熟成のための眠りについている希少プレミアムワインです。

 当店では、このように買付・輸入・通関から現在の保管に至るまで一度もエノテカ(株)の管理下から外れたことのないワインを【秘蔵】と定義し、これに該当するワインにのみ【秘蔵】マークを付けています。

 こちらのエノテカ那須エイジングワインセラー保管商品については、「良コンディションの維持」、「配送期間の短縮」及び「配送に伴うリスク軽減」のためエノテカ那須エイジングワインセラーからお客様の元へクール宅急便で直送いたします。

  また、エノテカ那須エイジングワインセラー保管商品と店舗内保管セラー商品を同時にご購入になった場合には、原則として、エノテカ那須及び当店からそれぞれを個別に配送いたしますが、その場合の追加の配送料はいただきません。
*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。
 
【商品内容】
商品名:特級バタール・モンラッシェ2019

仏語名:2019 Batard Montrachet Grand Cru

生産者:オリヴィエ・ルフレーヴ(ドメーヌ)
   (Domaine Olivier Leflaive)
容量 :750ml
タイプ:白ワイン


Your recent history

Category

Recommended