ピュリニー・モンラッシェ一級レ・ピュセル2019[ドメーヌ・ルフレ−ヴ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 47,300円(税込)
在庫数 1本
購入数

”ピュリニーの至宝”ドメーヌ・ルフレーヴが造る
特級に匹敵する品質を誇る一級銘醸畑レ・ピュセル


熟成後の素晴らしさはルフレーヴ愛好家を虜にする最新ヴィンテージの銘酒レ・ピュセル2019

  ドメーヌ・ルフレーヴといえば、透明感とミネラル感あふれるワイン造りで、ブルゴーニュの白ワインの最高峰と言える存在です。
 ピュリニー・モンラッシェにおよそ25haもの葡萄畑を所有し、しかも、その大部分を特級畑と一級畑が占めている大ドメーヌで、”ピュリニーの至宝”とも称えられる珠玉のドメーヌです。

 ルフレーヴ家は1580年から続く名家で、1717年よりピュリニィでワイン造りを開始しました。創設者はジョセフ・ルフレーヴ氏で、その後代々ルフレーヴ一族の経営が続き、現当主のアンヌ・クロード氏が一人で運営をするようになったのは1994年のことです。

 アンヌ・クロード氏が加わり、1997年のビオディナミ農法への移行等種々の改革を次々に実施し、ドメーヌは一気にトップの座へ浮上します。
 2006年に英デカンタ誌で専門家により世界で最も優秀な白ワイン生産者に選ばれ、2014年にはマスター・オブ・ワイン協会の「ワインメーカーズ・ワインメーカー」に選ばれました。
 同時にアンヌ・クロード氏は、ルロワ氏、アンヌ・グロ氏と共にブルゴーニュ屈指の女性醸造家と評されています。

  こちらの商品は、ピュリニーのプルミエ・クリュの中でも特に評価が高い最新ヴィンテージのレ・ピュセル2019で、下の写真の通り、県道一本を挟んで特級畑バタール・モンラッシェとビアンヴニュー・バタール・モンラッシェの北側に隣接し、標高も同じところに位置しており、東南東を向いた水捌けの良い土地から生まれるレ・ピュセルはグラン・クリュに匹敵するような高い品質を誇ります。

 レ・ピュセルは三つの小区画、ラ・グランデ(La Grande)、ラ・プティット(La Petite)、クロ・デ・メ(Clos des Meix)から構成される畑で、粘土石灰質土壌ですが、小石が多く水はけの良い畑です。

 ルフレーヴはこのレ・ピュセルの中に3つのパーセル、合計3.06haと、全作付面積6.76haのほぼ半分にあたる3.06haの面積を占めています。特に、ピュセルに入り込んだ小区画クロ・デ・メ(Clos des Meix)では全面積1.63ha中、1.12haの畑がルフレーヴの所有となっています。

 また、各区画に植えられている葡萄の樹齢も古く、ドメーヌの公式HPの資料では、各パーセルの所有面積と植樹年は次の通りとなっています。
 (1) Clos des Meix:1.12ha(1981年と1985年植樹)
 (2) La Grande:1.57ha
  (1954年、1957年、1958年、1961年と1963年植樹)
 (3) La Petite:0.39ha(1969年植樹)




 ドメーヌ・ルフレーブのラインナップの中でも一級畑レ・ピュセルは、特級シュヴァリエ・モンラッシェと並んで鋼のように強靭なミネラルが落ち着くまでに長い年月を要します。しかし、待てば待った分だけ、いざ開けた時の感動は大きく、世のルフレーヴ・マニアを虜にして離しません。

 また、上述の通り、ルフレーヴがワイン造りを開始したのは1717年のことで、2017年はちょうど300周年に当たりました。従って、一昨年リリースされた2017年ヴィンテージのシュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェ、ビアンヴニュー・バタール・モンラッシェの三つのグラン・クリュとこの一級レ・ピュセルだけには、300周年を記念する金色に縁取りされ、エンボス加工が施されたエチケットが貼付されました。ドメーヌが一級ワインの中でこのレ・ピュセルだけに記念エチケットを貼ったのは、レ・ピュセルが特級に匹敵するほどの銘醸ワインであることを示しています。

 2019年のコート・ド・ボーヌ地区は4月〜5月に五回にわたる霜害の影響と夏の猛暑で、畑によっては30%〜70%収量が減少しています。その後の天候回復と収穫期の温暖な気候のおかげで、「葡萄の熟度も高く、果実味に溢れ、芳醇なワインとなった優良年」となったものの、価格が大きく高騰する結果となっています。当頁最下段にドメーヌ・ルフレーヴが発表した2019ヴィンテージ情報を掲載しておりますので、ご参照下さい。

 こちらの商品のインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品となりますが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。

【商品内容】
商品名:ピュリニー・モンラッシェ
    一級レ・ピュセル2019

仏語名:2019 Puligny-Montrachet
    1er Cru Les Pucelles

生産者:ドメーヌ・ルフレーヴ
    (Domaine Leflaive)
容量 :750ml
タイプ:白ワイン

 


下に、正規代理店のラックコーポレーション様を通じて、ドメーヌからの2019ヴィンテージ情報が発表されておりますので、参考までに全文を掲載いたします。厳しい自然条件に翻弄されながらも、それに対処していった生産者の苦労がうかがえますので、ルフレーヴのみならず、2019年のブルゴーニュ全体のヴィンテージ情報としてお読みくださいませ。
----------------------------------------------------------------------------------------
【☆2019ヴィンテージ情報】
『先ず畑での丁寧な仕事があって、初めてヴィンテージの成功がある。幸いヴィンテージの中には、畑で問題があっても全てのノウハウを駆使することで、カーヴでは有望なヴィンテージに変る場合もある。2019年ヴィンテージはそのタイプの一つだ。特に短かった冬の後、2月と3月はほとんど春のような陽気。かつ乾燥しており、2/27にはこの季節の最高気温を記録したほどだった。畑は自然からのメッセージを受け、早くに目覚め成長を始めた。季節は4/5になると通常の気温となり、初めて早朝の霜を観測した。5/7まで他に4回の霜が続く。2016年、2017年の霜で得た教訓を活かし、今回生産者達は共同で霜と闘った。ロウソクを出し、藁を燃やし、風車を回し、少しでも暖かくできるよう防水シートを敷いた。全ての方法が同じように効果があったわけではなく、藁を燃やすのは見た目が派手な割に、確かな効果は見られなかった。2019年の夏は、知る限り最も暑い夏の一つだ。6月の終わりと7月の終わりの2回熱波があった。ある場所では40度Cを超え、干しブドウ化の兆候が見られた。幸い、8月には8/10、8/12の2回恵みの雨が降り、自然に畑は元通りになっていった。9月の初めは涼しく、9/11の収穫が近づくにつれて気温は上昇していった。』

Your recent history

Category

Recommended