特級エシェゾー レ・ルージュ 2018 [ドメーヌ・アルヌー・ラショー]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 56,100円(税込)
在庫数 在庫0本売切れ中

SOLD OUT
エシェゾーの小区画レ・ルージュ・デュ・バから造られる極上のエシェゾー

小区画名を記した新エチケットを付けた最新ヴィンテージ
特級エシェゾー レ・ルージュ 2018


 ヴォーヌ・ロマネの老舗ドメーヌとして名高いドメーヌ・アルヌ・ラショーは、ヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュを中心に素晴らしい数々のクリマを所有し、畑の総面積は13ヘクタールを超えています。

 その所有畑は実に豪華で、特級畑はロマネ・サン・ヴィヴァン、エシェゾー、クロ・ド・ヴージョ、ラトリシエール・シャンベルタン、一級畑はヴォーヌ・ロマネ一級レ・スショ、レ・ショーム等を所有するヴォーヌ・ロマネきっての名門ドメーヌです。

 こちらの商品は、若き当主シャルル・ラショーが率いるドメーヌ・アルヌー・ラショーの新しいエチケットがついた最新ヴィンテージ2018年の「特級エシェゾー レ・ルージュ 2018」です。

 ドメーヌがエシェゾーに所有する区画は、中腹の斜面にある小区画レ・ルージュ・デュ・バにある面積0.35haの区画で、畝は斜面に対して水平方向に伸びています。

 また、このレ・ルージュ・デュ・バは、小区画エシェゾー・デュ・ドゥスュのすぐ上から斜面を登るように伸びており、レ・ボーモンの一級畑部分と隣接しています。

 土の下に横たわるのは分厚いプレモー石灰岩で、表土がほとんどないため、エレガントでミネラル風味に富んだミディアム・ボディのエシェゾーとなります。他の造り手では、メオ・カミュゼやモンジャール・ミュニレ、エマニュエル・ルジェ等がこの小区画でエシェゾーを造っています。

 標高約270〜280mにある、東向きの日当たりの良い畑からは、糖度と酸をしっかりと保持した成熟した葡萄が採れ、きめ細かなタンニンと繊細なミネラルに魅了されるエレガンスに満ち溢れた、極上のエシェゾーが生まれます。

 最新2018年ヴィンテージから従来のエチケットを一新していますが、面積が広い特級畑エシェゾーでは、下の写真の通り、小区画名を追加記載しており、エシェゾーの後には、「レ・ルージュ(Les Rouges)」が表記され、どこの区画の葡萄を使用しているのかわかりやすくしています。



 かつて、祖父ロベール・アルヌーや父パスカル・ラショーの時代には「プティDRC]と称賛されたドメーヌ・アルヌー・ラショーでしたが、2013年から新当主となったシャルル・ラショーは、ルロワ女史に感化され、全房発酵、畑作業の厳格化等の様々な改革により大きく進化し、ブルゴーニュにおける新世代の造り手の先頭を走る一人として高く評価されています。

 なお、2018年ヴィンテージのアルヌー・ラショーの各銘柄は、近年のブルゴーニュワインの価格高騰の中で、大きく値上がりしていますが、この理由の一つに、父の時代には1haあたり40hlであった収量が、現在は1haあたり25hlまでに抑えられおり、生産本数が少なくなっていることが挙げられます。
 
 祖父や父の時代には「プティDRC」と呼ばれていたアルヌー・ラショーですが、現当主シャルルは「プティ・ルロワ」を目指していると評した専門誌もあり、1haあたり25hlという収量はドメーヌ・ルロワの平均収量と一緒で、収量を減らすことにより、葡萄樹のエネルギーを引き出したいと考えている点にもルロワ女史の影響があるようです。

 また、2018年ヴィンテージは、2017年と同様に暑く乾燥した夏と収穫期の温暖な気候のおかげで、「豊作で葡萄の熟度も高く、果実味に溢れ、芳醇なワインとなった優良年」と報告されており、多くの専門家も「2018年ヴィンテージは、各畑のテロワールがよく出ている年」と絶賛しており、お薦めのヴィンテージです。  



 こちらの商品はラックコーポレーション輸入のドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品ですが、セラー契約上お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


【商品内容】
商品名:特級エシェゾー レ・ルージュ 2018 

仏語名:2018 Echezeaux Les Rouges Grand Cru

生産者:ドメーヌ・アルヌー・ラショー
     (Domaine Arnoux-Lachaux)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン


Your recent history

Category

Recommended