サヴィニー・レ・ボーヌ一級オー・ベルジュレス2018 [ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フィス]

型番 店舗内セラー在庫
販売価格 8,910円(税込)
在庫数 1
購入数

サヴィニー・レ・ボーヌ最高の一級畑であり、
ドメーヌ・シモン・ビーズを代表するワイン



素晴らしい葡萄が収穫できた最新ヴィンテージの
サヴィニー・レ・ボーヌ一級オー・ヴェルジュレス2018




 サヴィニー・レ・ボーヌのトップ生産者ドメーヌ・シモン・ビーズは、設立が1880年という歴史あるドメーヌですが、その基礎を固めたのは、1950年に3代目当主としてドメーヌを継承した孫のシモンで、葡萄栽培のみならず、醸造家としての才能にも恵まれた彼は、ブルゴーニュワインの二大改革である「トラクター使用とドメーヌ元詰め」をサヴィニーで真っ先に導入し、ドメーヌの知名度を高めました。

 そして、ドメーヌを飛躍的に発展させたのが1972年にドメーヌを引き継いだ息子のパトリックです。彼はドメーヌの名声をさらに高めると同時に、葡萄畑を大きく拡張し、1995年にラトリシエール・シャンベルタン、1997年にコルトン・シャルルマーニュと、赤白ふたつのグラン・クリュをいずれもメタヤージュ契約ではありますが、手に入れることに成功し、サヴィニー・レ・ボーヌのトップ生産者にとどまらず、ブルゴーニュのトップ生産者の仲間入りを果たします。

 パトリック氏は2013年10月に61歳の若さで他界し、以後ドメーヌの舵取りは妻のビーズ・千砂氏とパトリックの妹で、ジャン・グリヴォに嫁いだマリエル氏の奮闘で、ドメーヌの評価は高く、パトリック亡き後のドメーヌも安泰です。

 シモン・ビーズが本拠地としているサヴィニー・レ・ボーヌは、コート・ボーヌの北に位置し、ロワン川が流れるペルナン・ヴェルジュレス側とボーヌ側の谷間の斜面の上流にある美しい村です。下に掲載したサヴィニー・レ・ボーヌのAOC地図の通り、川に近い位置や平坦な場所が「村名」畑で、丘の中腹が「一級」畑となっており、特にロワン川左岸(地図上の右側)斜面中腹の真南あるいは南東向きに位置する一級畑からは長熟型のワインが産まれます。



 サヴィニー・レ・ボーヌ一級オー・ヴェルジュレスは、サヴィニー・レ・ボーヌ最高の一級畑で、ペルナン・ヴェルジュレスの評価の高い一級畑イル・デ・ヴェルジュレスの真上に位置する東南向きの畑です。パトリック・ビーズの父が戦後手に入れて開墾した畑で、心地よい酸とタンニンに支えられ、絶妙なバランスの上に立つ、ドメーヌ・シモン・ビーズを代表するワインです。

 ドメーヌがオー・ベルジュレスに所有する畑は2.3haで、この内2.0haにピノ・ノワールを植え、1995年からは0.3haにシャルドネを植えており、少量の「オー・ベルジュレス ブラン」も造っています。オー・ベルジュレスで特筆すべきは植えられている葡萄の樹齢で、1939年、1949年、1954年に植樹された古樹となっています。

 最新ヴィンテージとなる2018年は、2017年と同様に暑く乾燥した夏と収穫期の温暖な気候のおかげで、「豊作で葡萄の熟度も高く、果実味に溢れて芳醇」と報告されており、長期熟成も楽しみなお薦めのヴィンテージです。
 


 こちらのインポーターはラックコーポレーションの蔵出し正規品で、店舗内セラーー保管商品です。

【商品内容】
商品名:サヴィニー・レ・ボーヌ
    一級オー・ヴェルジュレス2018 

仏語名:2018 Savigny-les-Beaune
     1er Cru Aux Vergelesses

生産者:ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フィス
    (Domaine Simon Bize & Fils)

容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended