ヴォーヌ・ロマネ一級レ・ボーモン2017 [ドメーヌ・ジャン・ジャック・コンフュロン]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 17,600円(税込)
在庫数 1
購入数

「美しい山」の意味を持ち、
多くの最高峰生産者が腕を競う人気銘醸畑

ジャン・ジャック・コンフュロンの造る
ヴォーヌ・ロマネ一級レ・ボーモン2017


 ドメーヌ・ジャン・ジャック・コンフュロンは、ニュイ・サン・ジョルジュのお隣プレモー・プリセ村に拠点を置くドメーヌで、ヴージョのドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラと同様、かつての名ドメーヌ、シャルル・ノエラの系譜にあるドメーヌです。

 ドメーヌの名称ともなっている前当主ジャン・ジャックの伴侶はかつての名ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘にあたるため、多くの銘醸畑を受け継ぐこととなり、ドメーヌの至宝、特級ロマネ・サン・ヴィヴァン、クロ・ド・ヴージョはその相続によりポートフォリオに加わったものです。

 現在このドメーヌを率いるのはジャン・ジャックの娘にあたる妻のソフィーと娘婿アラン・ムニエで、ソフィーがボーヌでワイン造りの勉強をしていたところ、電気技師のアラン・ムニエと知り合い、結婚しますが、既にジャン・ジャックは他界しており、アランはドメーヌ・ジャイエ・ジルのロベール氏(ジャイエ・ジルの父で、ブルゴーニュワインの神様アンリ・ジャイエ氏の従兄弟)や妻のソフィーからワイン造りを学んだそうです。

 こうして1988年にドメーヌの当主となったアラン・ムニエは1991年からのビオロジックでの栽培や遅摘・低収量収穫、2003年からの馬を使っての自然耕作等を採用を始めますが、元々優れたテロワールを持つ銘醸畑を所有しているだけに、その造るワインは一躍有名になり、現在はあの有名なロバート・パーカー氏から数少ない五つ星生産者として取り上げられているほど、高い評価を受けています。

 アラン・ムニエの造るワインは1990年代はすべてのアペラシオンにおいて100%新樽熟成を施し、濃厚で、新樽のヴァニラ香も華やかなタイプでしたが、それも2000年代半ばから変化が生じ、現在の新樽率は村名で30%、1級で50%、特級で70%とし、果実味を主張した繊細なスタイルへと変わっています。また、2008年からは有機認証を取得しており、有機認証のあるロマネ・サン・ヴィヴァンは、ルロワとジャン・ジャック・コンフュロンのみです。

 ヴォーヌ・ロマネ一級レ・ボーモンは、コンクール背斜谷の左岸開口部に位置し、グラン・クリュのエシェゾーとリシュブールに挟まれた場所にある11.45haの一級畑です。

 「美しい山」の意味を持つクリマ名の通り、ヴォーヌ・ロマネ村の丘で最も高い場所にあり、昼夜の温度差が大きいため、しっかりとした骨格の、筋肉質のパワフルな味わいとなるのが特徴です。

 また、ミネラル分を豊富に含むことから、非常に長熟に向いている人気銘醸一級畑で、ジャン・ジャック・コンフュロンの他、ドメーヌ・ルロワ、エマニュエル・ルジェ、セシル・トランブレ、デュジャック、ペロ・ミノ、ジャン・グリヴォー等錚々たる最高峰生産者がこのレ・ボーモンで腕を競っています。

 ジャン・ジャック・コンフュロンのワインは、ヴィンテージごとの大きな品質差が少なく、どの年も安定したクオリティーを持ち安心して飲めるワインとして評価が高いものです。加えて、近年のブルゴーニュ価格高騰の中でも価格は良心的なものとなっており、コストパフォーマンスから見てもお薦めの生産者と申せます。

 また、最新ヴィンテージの2017年は、霜害によって収量が激減した前年2016年とは打って変わって、天候に恵まれ素晴らしい葡萄が収穫できた優良年で、長期熟成にも適しており、お薦めのヴィンテージです。



 こちらの商品のインポーターはラックコーポレーションの蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品ですが、セラー契約上お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


【商品内容】
商品名:ヴォーヌ・ロマネ一級
    レ・ボーモン2017 

仏語名:2017 Vosne-Romanee
    1er Cru Les Beaux Monts

生産者:ドメーヌ・ジャン・ジャック・コンフュロン
     (Domaine Jean Jacques Confuron)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended