シャトー・バーン・オー・ブリオン2006

型番 店舗内セラー在庫
販売価格 13,750円(税込)
在庫数 1本
購入数

ボルドー最高のセカンドワイン
バーン・オー・ブリオンの最後のヴィンテージ



丁度飲み頃に入ったバーン・オー・ブリオン2006
2020年4月入荷の貴重なバック・ヴィンテージ
残りあと1本です!!




 シャトー・バーン・オー・ブリオンは、畑造り・葡萄の選定・醸造方法など、グラン・ヴァンのシャトー・オー・ブリオンと変わらないこだわりと丁寧さがあり、セカンド・ワインというのは勿体ないほどの品質で、ボルドー最高のセカンド・ワインの一つです。

 その理由は、他のセカンドラベルとは異なり、グラン・ヴァンのシャトー・オー・ブリオンと全く同じ畑で収穫した若樹の葡萄を使っており、その違いは樹齢だけで、土壌や品質管理については全てファーストラベルと同じで、限りなくファースト・ラベルに近いセカンド・ワインだからです。

 そのためファーストよりもかなりリーズナブルで、早くから飲めるのがこのワインの魅力で、長期熟成してももちろん楽しめますが、若いうちからシャトー・オー・ブリオンならではのエレガンスを堪能することができます。

 2006年ヴィンテージまではシャトー・バーン・オー・ブリオンとして生産されていたシャトー・オー・ブリオンのセカンドラベルでしたが、2007年からは『ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン』(Le Clarence de Haut-Brion)に名称が代わっており、現在では造られていない銘柄で、更に2007年からはボトルの形状も変わっています。

 旧名の「バーン」は、1796年から1875年まで同ワイナリーを所有していたバアンス家に由来していたものですが、現オーナーのクラレンス・ディロンがシャトー・オー・ブリオンを所有してから 2010年で75年を迎えることから、オーナーのディロン家を讃え、名称を変更することとしたものです。

  従って、こちらのシャトー・バーン・オーブリオン2006年はボルドー最高のセカンドワインとして1974年からの輝かしい歴史を持つバーン・オー・ブリオンの最後のヴィンテージで、もはや再入荷もない記念すべき貴重な一本で、2020年4月中旬入荷のバック・ヴィンテージです。

 しかも、シャトー・バーン・オー・ブリオンの最後のヴィンテージとなった2006年のボルドーは前年の2005年に引き続き秀逸なヴィンテージで、ファーストのシャトー・オー・ブリオンのパーカーポイントは96点で、こちらのセカンドワインも88-90点の高得点でした。

 


こちらは店舗内セラー保管商品です。

容量750ml  赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended