モレ・サン・ドニ一級 クロ・ド・ラ・ビュシェール 2017 [ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 33,000円(税込)
在庫数 1本
購入数

ルーミエ自慢のモノポール(単独所有畑)
モレ・サン・ドニ一級クロ・ド・ラ・ビュシェール

素晴らしい葡萄が収穫できた2017年ヴィンテージの蔵出し正規品です


 ブルゴーニュの中でも、実力と人気を兼ね備えた生産者がジョルジュ・ルーミエで、 この造り手のワインを、世界中の愛好家が血眼になって捜し求めています。

 1982年にドメーヌを引き継いだ三代目の現在の当主クリストフ・ルーミエ氏は“自然”であることを大切にし、テロワールの持つ個性を表現することを重視したワイン造りを行い、化学薬品、化学肥料、除草剤の使用を廃止するなど大規模な改革を実施し、ドメーヌの評価を現在の最高レベルにまで引き上げました。

 古典的な自然に任せた造りを行うことで生まれるエレガントさやピュアさは、まさにシャンボール・ミュジニーのテロワールを見事に表現した味わいで、今や、世界で最もエレガントなワインを作る生産者として、ブルゴーニュラヴァーにとって、垂涎の的となっています。

 モレ・サン・ドニ一級クロ・ド・ラ・ビュシェールは、モレ・サン・ドニ村に所有する面積2.59haのルーミエ自慢のモノポール(単独所有畑)で、かつてはドメーヌ・デュジャックの前身ドメーヌ・グライエの所有畑でした。




 このクロ・ド・ラ・ビュシェールのエチケットにはモノポールを意味する、[Seul Propreietaire(ただ一人の所有者)]という言葉が記載されています。

 カシスやブラックベリーを思わせる豊かな果実味に、モレ・サン・ドニらしい堅牢なストラクチャーを持ち、これもまた、ルーミエを代表するワインのひとつです。繊細でエレガントなワインで魅了するルーミエも、ここでは一転してモレ・サン・ドニらしい、男性的なワイン造りをしています。

 ブルゴーニュの畑名で良く見られる「クロ」とは、四方を石垣で囲まれた畑のことです。またビュシェールとは、ウシュ川のほとりにあったビュシェール修道院のラ・ビュシェール・スュル・ウシュ僧正にちなんだもので、1287年にこの畑がビュシェール修道院に寄進されたことからこの名がついています。ご参考までに、この修道院の建物は近年宗教的な用途から離れ、「アベイ・ド・ラ・ビュシェール(Abbaye de la Bussiere)」というホテルへと改装されています。

 ジョルジュ・ルーミエのワインの唯一の難点は低収量で、生産量が少ないため、世界中で争奪戦が展開され、どの銘柄も発売と同時に直ぐに売り切れてしまうことです。特に最新ヴィンテージの2017年は素晴らしい葡萄が収穫できた優良年となっており、どの銘柄も市場で見つけることは難しくなっています。


 こちらの商品のインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー在庫商品ですが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。


【商品内容】
商品名:モレ・サン・ドニ 一級
    クロ・ド・ラ・ビュシェール 2017

仏語名:2017 Morey - Saint - Denis
    1er Cru Clos de La Bussiere

生産者:ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ
    (Domaine George Roumier)
容量 :750m
タイプ:赤ワイン






Your recent history

Category

Recommended