ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2012 草間彌生ギフトボックス [ヴーヴ・クリコ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 29,920円(税込)
在庫数 2本
購入数

二人の偉大な女性マダム・クリコと草間彌生が150年の時を隔ててコラボレーションした限定ボトル
[ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2012 草間彌生ギフトボックス](メゾン蔵出しの正規品)


ヴーヴ・クリコのトップキュヴェ[ラ・グランダム2012]を現代アーティストの巨匠草間彌生デザインのギフトボックスで包んだ限定品


 夫の死により、27歳という若さで、シャンパーニュメゾンの経営者となったマダム・クリコは、「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念に基づいて、ヴーヴ・クリコを今日まで続く偉大なシャンパーニュ・メゾンへと成長させてきました。

 現在も彼女の精神は受け継がれており、醸造責任者ディディエ・マリオッティ氏によって丹念に仕上げられたシャンパンのみがヴーヴ・クリコの名を冠することができます。

 こちらの商品は、ヴーヴ・クリコのトップ・キュヴェ[ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2012]を草間彌生氏デザインのギフトボックスに包んだ限定品[ウーヴ・クリコ ラ・グランダム2012 草間彌生ギフトボックス]です。



 ウーヴ・クリコの商品ラインナップは、スタンダード・キュヴェのイエローラベル、ホワイトラベル、ロゼ、リッチ等多岐にわたりますが、マダム・クリコへの敬意を表し、1972年に創業200年を記念して造られたのが[ラ・グランダム=偉大なる女性]です。

 使用されているのは、特級畑の葡萄のみで、複雑なアロマと、シルクのようにエレガントな深い味わいに仕上げられているこのラ・グランダムはヴーヴ・クリコを世界的に名の知れたシャンパーニュ・メゾンへと導いたマダム・クリコへ捧げるトップキュヴェです。繊細なアロマに力強さとエレガンスを併せ持つ味わいは、多くの人々に感銘を与えた強い女性を象徴するようなスタイルに仕上がっています。

 特に、シャンパーニュの偉大な年2012年のラ・グランダムには、通常版ギフトボックスとは別に、現代アーティストの巨匠草間彌生氏とのコラボレーションによるこの限定ボトル「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2012 草間彌生ギフトボックス」が特別にリリースされました。

 2012年のシャンパーニュ地方は、冬と春の霜、局地的な雹、ベト病やウドン粉病など、ありとあらゆる気候的災厄に見舞われながら、秋の天候回復で一転して優良年になったことから奇跡的な年として知られており、ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%のセパージュで造られたラ・グランダム2012は、力強さの中に、上品さや優雅さ、繊細さを持つ最も成功した逸品として高く評価されています。ご参考までに優良年のみに造られるサロンも2008年以来4年ぶりに造られており、シャンパーニュの2012年は長期熟成ポテンシャルのある偉大なヴィンテージです。

 また、ラ・グランダム2012を包むこの限定ボトルは、常に限界を超えて挑戦を続け、独力で確固たる世界を構築した2人の偉大な女性、マダム・クリコと草間彌生が、150年の時を隔ててコラボレーションを実現させた作品です。

 草間彌生氏がスペシャルオブジェ「夜の闇の中に咲いた私の心」(上写真の左側:このオブジェは商品には含まれません)と共にデザインし、ギフトボックスに描かれている花は、シャンパーニュ ラ・グランダムの持つ力強さと繊細さ、さらには自身とマダム・クリコの生き方を表現するポジティブなエネルギーを想起させるものです。

 また、草間彌生氏の代名詞ともいえる水玉は、シャンパーニュの力強く弾ける泡を象徴し、その明るいイメージは人生の喜びを呼び覚まします。

 正に飲んでしまうのが惜しいようなシャンパーニュで、実際に飲み終えた後も装飾品として保管されている方も多いようで、贈り物としては勿論、各種パーティーやイベント、ご自宅用にも最適なお薦めのシャンパーニュです。

 
 こちらの商品はMHDモエ・ヘネシー・ディアジオ輸入のメゾン蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品ですが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。
 
*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


商品内容】
商品名:ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2012
    草間彌生ギフトボックス

仏語名:Veuve Clicquot La Grane Dame
     Yayoi Kusama Gift Box
   
生産者:ヴーヴ・クリコ
   (Veuve Clicquot)
容量 :750ml
タイプ :シャンパーニュ

 

Your recent history

Category

Recommended