ジュヴレ・シャンベルタン一級ラヴォー・サン・ジャック2019 [ドメーヌ・クロード・デュガ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 28,930円(税込)
在庫数 1本
購入数

超一流生産者クロード・デュガが僅か0.40haの畑から造る銘酒、一級ラヴォー・サン・ジャック2019


収量は減少したものの、素晴らしい評価となった最新2019年ヴィンテージの逸品

 ドメーヌ・クロード・デュガは、全盛期のロマネ・コンティを脅かす存在と言われるブルゴーニュ最高峰のワイン生産者で、カルト的な人気を誇る小規模ドメーヌです。



 有名なワイン評論家ロバート・パーカー氏は、これまで6本のブルゴーニュ・ワインに対し、100点満点を付与していますが、その内訳は、ドメーヌ・ロマネ・コンティが3本、ドメーヌ・ルロワが2本で、あと1本がこのドメーヌ・クロード・デュガの造った「1993グリオット・シャンベルタン」なのです。



 クロード・デュガの品質の鍵は、原料となる葡萄にあり、その信条は収量が少ないこと、収穫される葡萄が完熟していること、古樹であること、そして自然と調和して手をかけすぎないことという不干渉主義に基づいています。



 そのようにして造られるデュガのワインは、恐ろしいほど豊かで凝縮感の強い、複雑なアロマを持つ華やかなワインとして知られます。



 こちらの商品は、最新ヴィンテージ2019年のジュヴレ・シャンベルタンを代表する一級銘醸畑「ラヴォー・サン・ジャック2019」です。

 ジュヴレ・シャンベルタンの秀逸な一級畑群は、9つの特級畑とは離れたコート・ド・サン・ジャックと呼ばれる集落の北の標高290m〜350mの丘陵にあります。下の写真の通り、ラヴォー・サン・ジャックは、ブルゴーニュ最高の一級畑クロ・サン・ジャックに隣接する面積9.53haの一級畑で、南向き斜面ですが、ラヴォー渓谷を流れる風の吹き出し口に位置するため気温が抑えられ、素晴らしいバランスの取れたワインとなります。





 クロード・デュガが、このラヴォー・サン・ジャックに所有する面積は僅か0.4haで、表土が少ない上部に畑を持っています。ここから赤系果実の風味あふれる豪華で高品質のラヴォー・サン・ジャックを造っていますが毎年仕込むのは僅か5樽ですので、生産本数1,500本の稀少ワインです。



 現在は、過去の異常なまでの価格高騰や争奪戦は収まっていますが、一級・特級クラスのワインは、その品質の素晴らしさに加え、いずれも生産量が少なく稀少のため、依然ブルゴーニュ愛好家垂涎の入手困難なワインの代表格となっています。



 最新ヴィンテージとなる2019年のヴィンテージ評価は、各種ヴィンテージ・レポートによれば、『2019年は4月の気温低下による霜害、初夏の天候不順に伴う花ぶるいや結実不良、更に、夏の酷暑と水不足により、収量は2018年より25%〜35%減少するものの、陽射しに恵まれて、収穫された葡萄の熟度は高く、酸も豊かであることから品質は極めて良好で、年号末尾に「9」の付く年は優良年というジンクスは守られる』とのことです。しかし、残念なことに、11月恒例開催のオスピス・ド・ボーヌの競売会で顕著だったように、『2019年産のワインの品質は優れているものの、生産量が減少していることから、価格は2018年より高めとなる』旨も報告されています。
 

 こちらのインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー在庫商品となりますが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。


【商品内容】
商品名:ジュヴレ・シャンベルタン一級
    ラヴォー・サン・ジャック2019 
  
仏語名:2019 Gevrey-Chambertin 1er Cru
     Lavaux St-Jacques

生産者:ドメーヌ・クロード・デュガ
    (Domaine Claude Dugat)
容量 :750m
タイプ:赤ワイン


Your recent history

Category

Recommended