サヴィニー・レ・ボーヌ  ブラン・ド・ノワール SHIROKURO 2018 [ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フィス]

型番 店舗内セラー在庫
販売価格 5,940円(税込)
在庫数 1
購入数

2018年が初ヴィンテージのドメーヌの新たなる挑戦
「サヴィニー・レ・ボーヌ ブラン・ド・ノワール SHIROKURO 2018」



薬草で手入れしたサヴィニー・レ・ボーヌの村名畑のピノ・ノワールをダイレクトにプレス後、小樽醗酵させた
村名白ワイン


既に卸元に在庫もなく、再入荷不可能な人気ワイン。
残りあと1本です!!



 サヴィニー・レ・ボーヌのトップ生産者ドメーヌ・シモン・ビーズは、設立が1880年という歴史あるドメーヌですが、その基礎を固めたのは、1950年に3代目当主としてドメーヌを継承した孫のシモンで、葡萄栽培のみならず、醸造家としての才能にも恵まれた彼は、ブルゴーニュワインの二大改革である「トラクター使用とドメーヌ元詰め」をサヴィニーで真っ先に導入し、ドメーヌの知名度を高めました。

 そして、ドメーヌを飛躍的に発展させたのが1972年にドメーヌを引き継いだ息子のパトリックです。彼はドメーヌの名声をさらに高めると同時に、葡萄畑を大きく拡張し、1995年にラトリシエール・シャンベルタン、1997年にコルトン・シャルルマーニュと、赤白ふたつのグラン・クリュをいずれもメタヤージュ契約ではありますが、手に入れることに成功し、サヴィニー・レ・ボーヌのトップ生産者にとどまらず、ブルゴーニュのトップ生産者の仲間入りを果たします。

 シモン・ビーズが本拠地としているサヴィニー・レ・ボーヌは、コート・ボーヌの北に位置し、ロワン川が流れるペルナン・ヴェルジュレス側とボーヌ側の谷間の斜面の上流にある美しい村です。下に掲載したサヴィニー・レ・ボーヌのAOC地図の通り、川に近い位置や平坦な場所が「村名」畑で、丘の中腹が「一級」畑となっており、特にロワン川左岸(地図上の右側)斜面中腹の真南あるいは南東向きに位置する一級畑からは長熟型のワインが産まれます。



  こちらの「サヴィニー・レ・ボーヌ ブラン・ド・ノワール SHIROKURO 2018」は、2018年が初ヴィンテージのドメーヌの新たなる挑戦とも言えるピノ・ノワールで造る白ワインです。
 
  ここで簡単に「ブラン・ド・ノワール」についてご説明いたします。「ブラン・ド・ノワール」の対義語は「ブラン・ド・ブラン」で、どちらも元々シャンパーニュのラベル表示に使われる言葉です。

 ブランド・ド・ブランは「白の白」、つまり白葡萄のシャルドネだけで造られたシャンパーニュ、一方、ブラン・ド・ノワールは「黒の白」で、黒葡萄のピノ・ノワールで造られたシャンパーニュと言うことになります。黒葡萄の白ワインと言うと、少し違和感があるかもしれませんが、色素を含む果皮を加えずに果汁だけを発酵させることで、黒葡萄からも白ワインのような色調のワインを造り出すことが可能です。

 ブラン・ド・ブランが、白葡萄ならではの柑橘系の香りやシャープな酸味が特徴であるのに対し、ブラン・ド・ノワールは重厚な味わいで飲みごたえがあり、黒葡萄の華やかなアロマと芳醇な香りが特徴で、肉料理との相性が抜群です。

 こちらの「サヴィニー・レ・ボーヌ ブラン・ド・ノワール SHIROKURO 2018」はワイン名称に日本語のローマ字表記で「SHIROKURO(白黒)」とあるように、ピノ・ノワール100%で造る白ワインです。タイプ別には白ワインとなりますが、実際の色はブラッシュ・ピンクで、ブラッシュ(Blush)とは、「ほんのり頬が赤くなるような色合い」です。

 輸入元であるラックコーポレーション様提供の資料によれば、「薬草で手入れしたサヴィニー・レ・ボーヌの村名畑で採れたピノ・ノワールをダイレクトにプレスした後に小樽醗酵させ、2018年はリッチなヴィンテージであったため、引き締めるために瓶詰前に亜硫酸を微量添加した」村名白ワインです。


  初ヴィンテージの珍しいワインのため、当店としても試飲をしたかったのですが、その話題性からか、入荷数が少なく、テースティングはできませんでした。シモン・ビーズ愛好家の方は是非お試し下さいませ。


 こちらのインポーターはラックコーポレーションの蔵出し正規品で、店舗内セラー保管商品です。


【商品内容】
商品名:サヴィニー・レ・ボーヌ
    ブラン・ド・ノワール SHIROKURO 2018 

仏語名:2018 Savigny-les-Beaune
    Blanc de Noir SHIROKURO 2018 

生産者:ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フィス
    (Domaine Simon Bize & Fils)
容量 :750ml
タイプ:白ワイン

Your recent history

Category

Recommended