ブルゴーニュ・ルージュ キュベ・アリナール2018 [ドメーヌ・ベルナール・デュガピィ]

型番 店舗内セラー在庫
販売価格 7,920円(税込)
在庫数 1本
購入数

村名ジュヴレ・シャンベルタンの樹齢30年未満の若木の葡萄をデクラセして造るお買い得キュベ



質・量とも豊作となった最新ヴィンテージ2018年のドメーヌ蔵出し正規品
ブルゴーニュ・ルージュ キュベ・アリナール2018



 ご承知の通り、デュガ・ピィは、いとこのクロード・デュガと共に、ジュヴレ・シャンベルタンに本拠を置く小規模ドメーヌながら、カルト的な人気を誇る造り手で、僅か0.05haで1樽にも満たない特級シャンベルタンを筆頭とする珠玉のワインを造っています。また、デュガ・ピィの畑の葡萄の樹齢は非常に古く、ドメーヌ平均で65年、しかも所有する畑はいずれも極小で、生産量も少ないことでも有名で、ブルゴーニュ愛好家垂涎の入手困難な造り手の代表格となっています。



 ベルナール・デュガ・ピィのワイン造りのスタイルは、濃密な果実味をバックボーンに備えながら、あくまでピノ・ノワール特有のエレガントさを体現し、それに個々のテロワールの差異が彩りを添えるというものであり、現在のブルゴーニュで望みうる最上のワインを産するドメーヌと呼ばれています。1998年から完全有機農法(ビオロジック)を開始し、2003年にすべての畑をビオロジック栽培に転換完了しており、酸、タンニン、果実味、樽が高い次元で渾然一体となった驚くべき品質のワインを造り出しています。



 ワイン版ミシュランと呼ばれるフランスのワイン評価本レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス(2007年版までの名称はル・クラスマン)でも、最高の三ツ星生産者にランクされています。この本の中でブルゴーニュの三ツ星生産者は11名、その内、赤ワインに限ると三ツ星生産者はルロワ等5名だけですので、その品質は折り紙付きです。



 キュベ・アリナールは、レジオナルとなっていますが、村名ジュヴレ・シャンベルタン畑の樹齢30年未満の葡萄をデクラセ(格下げ)してリリースしているもので、実際には村名ジュヴレ・シャンベルタンを名乗れるものです。村名ジュヴレ・シャンベルタンの品質向上のためにあえてデクラセしており、通常のブルゴーニュ・ルージュとは別物のお買い得ワインで、平均の葡萄樹齢28年、新樽率20%、生産本数は2500本〜3500本の人気ワインです。

 通常のブルゴーニュ・ルージュも平均樹齢45年の古樹から造られますが、レジオナル格の畑のため、樹齢がどれほど古くなってもレジオナルから格上げされることはありませんが、村名格畑のキュベ・アリナールに使われている葡萄は、樹齢を経るにつれて、ジュヴレ・シャンベルタンV.V.やクール・デュ・ロワとなっていきます。


 また、このワインの銘柄名となっている「アリナール」は、ワイナリーを意味する中世の言葉「アリナール」に由来するものです。ベルナール・デュガ・ピィのエチケットに描かれているドメーヌ自慢のセラーは、12世紀に建てられ、ディジョンのベニーニョ大聖堂のワインの保管蔵として使われた「ブルゴーニュ最古のワインセラーの一つ」であることから、その長い歴史を踏まえ、この「アリナール」をACブルゴーニュの名前に付け、「ブルゴーニュ・ルージュ キュベ・アリナール(Bourgogne Rouge Cuvee Halinard)」の銘柄でリリースしているのです。

  最新ヴィンテージとなる2018年の評価はまだ出揃っておりませんが、2017年と同様に暑く乾燥した夏と収穫期の温暖な気候のおかげで、「豊作で葡萄の熟度も高く、果実味に溢れ、芳醇なワインとなった優良年」と報告されています。 

 こちらのインポーターはラックコーポレーションの蔵出し正規品で、店舗内セラー保管商品です。



【商品内容】
商品名:ブルゴーニュ・ルージュ
    キュベ・アリナール2018

仏語名:2018 Bourgogne Rouge
     Cuvee Halinard

生産者:ドメーヌ・ベルナール・デュガピィ
    (Domaine Bernard Dugat-Py)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended