特級バタール・モンラッシェ2018 [ドメーヌ・ヴァンサン・エ・ソフィーモレ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 28,600円(税込)
在庫数 1本
購入数

白の名手、偉大な父ベルナール・モレの継承者
ヴァンサン・エ・ソフィー・モレの看板ワイン
特級バタール・モンラッシェ2018


弟のトマ・モレと等分相続した僅か0.10haの古樹の葡萄から造る逸品「バタール・モンラッシェ2018」

  モレ家は、シャサーニュ・モンラッシェ村最古の一族で、その歴史は1643年のクロード・モレまで遡ります。ドメーヌの基礎を築いたのは1793年のアレクシス・モレで、それ以降今日まで輝かしい歴史を築き上げてきています。ドメーヌ・ヴァンサン・エ・ソフィー・モレの当主ヴァンサン・モレはモレ家の10代目の世代にあたり、父はかつてシャサーニュの白の名手として大変な人気を得ていた、ベルナール・モレです。

 ベルナールにはヴァンサンとトマの二人の息子がおり、兄のヴァンサン・モレはボーヌのドメーヌやサン・テミリオンでの修行の後、1986年から父の下でドメーヌ・ベルナール・モレの運営に携わってきましたが、2006年のベルナールの引退に伴い、父の醸造施設を継承すると共に、父が所有する畑を弟トマ・モレと分割して引継ぎます。そしてサントネイ出身の妻ソフィーと共に設立したのが、夫妻の名前を冠したドメーヌ・ヴァンサン・エ・ソフィー・モレです。ちなみに、この時に弟トマが設立したドメーヌがドメーヌ・トマ・モレです。

 ドメーヌの所有畑は夫妻の双方の実家から継承したため総面積は20haとかなりの規模となり、白はシャサーニュ・モンラッシェ中心、赤はサントネイ中心のラインナップですが、やはり白の名手ベルナール・モレの畑と精神を受け継いだシャサーニュ・モンラッシェを中心とした白ワインが大変人気があります。



  面白いのは看板ワインの特級バタール・モンラッシェで、弟のトマ・モレと畑を等分の結果、ヴァンサン・エ・ソフィーモレは斜面下部を、弟のトマ・モレは斜面上部をそれぞれ0.1ha相続しましたが、畑の上下で差が生じないよう、葡萄の圧搾は一緒に行い、果汁を半分づつ分けてそれぞれのドメーヌで別々に醸造しています。

 実弟のドメーヌ・トマ・モレの造るバタール・モンラッシェとの違いをみるのも楽しみですね。


ここちらのインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品となりますが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


商品内容】
商品名:特級バタール・モンラッシェ2018

仏語名:2018 Batard-Montrachet Grand Cru

生産者:ドメーヌ・ヴァンサン・エ・ソフィーモレ
   (Domaine Vincent & Sophie Morey)
容量 :750ml
タイプ:白ワイン


Your recent history

Category

Recommended