ニュイ・サン・ジョルジュ一級 クロ・ド・ラ・マレシャル2016 [ドメーヌ・ジャック・フレデリック・ミュニエ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 15,660円(税込)
在庫数 1本
購入数

2004年にミュニエ家に帰ってきたコート・ドール最大のモノポールの一級畑

春の霜害により収量が60%減少した2016年の一級クロ・ド・ラ・マレシャルです

  ドメーヌ・ジャック・フレデリック・ミュニエは、フランスで最も権威あるバイヤーズガイド「メイユール・ヴァン・ド・フランス」で「最高の3ツ星生産者」、「シャンボールのエレガントさを存分に体現する由緒正しきドメーヌ」、 「熱烈ファンを持ち、あまり市場に出回らない入手困難な希少ワインの生産者」等々、シャンボールで最高の造り手の一人として称賛されています。
 今や世界のワイン愛好家が探し求めるワインの一つです。

 しかし、ミュニエの所有する畑は、ミュジニー、ボンヌ・マール、レ・ザムルーズとブルゴーニュ屈指であるものの、生産量は少なく市場に出回らない希少プレミアムワインのため高価かつ入手困難で、一般人がその素晴らしさを味わう機会も限られています。
 
 確かに、ミュニエの所有する畑は、特級ミュジニー1.13ha、ボンヌ・マール 0.36ha、一級レ・ザムルーズ0.53ha、フュエ 0.7ha 、ヴィラージュでも1.33haしかないため、生産量が少なく、毎年瞬く間に完売してしまうのです。
 
 このような「ミュニエ=稀少ワイン」という状況に変化が起こるのが、2003年のニュイ・サン・ジョルジュの一級畑クロ・ド・ラ・マレシャルの賃貸契約期間の終了です。この9.76haの畑は元々、ミュニエ家のモノポールでしたが、第二次大戦後2003年まで50年間の賃貸契約でフェヴレ社に貸し出していましたが、この契約期限がようやく切れ、ミュニエ家に帰ってきたのです。

 この貸し出していた畑は50年間フェヴレ社のフラッグシップだった素晴らしい畑でしたが、2004年からミュニエのモノポールとして栽培・醸造を開始し、フェヴレ時代をはるかに上回るエレガントなワインと評判になっています。こちらの商品は春の霜害を乗り越え、逞しく育った葡萄で造った最新ヴィンテージ、2016年のニュイ・サン・ジョルジュ一級クロ・ド・ラ・マレシャルです。

  最後に雑学豆知識を一つ。クロ・ド・ラ・マレシャルのフランス語の綴りは、[ Clos de la Marechale ]ですが、エチケットを良く見ると[la]の中の[a]が裏返しの表記になっています。この畑が50年間賃貸していたフェヴレ社から帰ってきた時、畑の入口の看板もミュニエのものに掛け替えられましたが、職人が誤って[a]の文字を裏返してつけてしまったそうで、ミュニエ氏は直ぐに気付いたもののこれを意に介せず、エチケットもこれと同じに印刷してしまったそうです。デザインとしてかえって面白いと思ったのでしょうか。異色の経歴で知られるミュニエ氏は大らかな方なのかも知れません。



 
 最新ヴィンテージの2016年は春にブルゴーニュ全域を襲った霜害で各生産者とも生産量が激減し、ジャック・フレデリック・ミュニエの畑も収量の60%を失うという大打撃を受けた年でしたが、霜害後は収穫まで天候に恵まれ、「果実はしっかりと成熟し、収量は低かったものの、結果として出来の良い葡萄が収穫され、造られたワインは総じて酸の質が高くボディがしっかりとしており、真のブルゴーニュ愛好家に飲んでいただきたいヴィンテージ」と高く評価されており、お薦めのヴィンテージです。


 こちらのインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品となりますが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。



【商品内容】
商品名:ニュイ・サン・ジョルジュ
    一級 クロ・ド・ラ・マレシャル2016

仏語名:2016 Nuits Saint Georges
     1er Cru Clos de la Marechale

生産者:ドメーヌ ジャック・フレデリック・ミュニエ
    (Domaine Jacques Frederic Mugnier)
容量 :750m
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended