サヴィニー・レ・ボーヌ一級レ・フルノー2012 「ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フィス]

型番 店舗内セラー在庫
販売価格 7,700円(税込)
在庫数 1
購入数

そろそろ飲み頃にさしかかった
サヴィニー・レ・ボーヌ一級レ・フルノー2012



優良年2012年のドメーヌ蔵出し正規品のバック・ヴィンテージ



 サヴィニー・レ・ボーヌのトップ生産者ドメーヌ・シモン・ビーズは、設立が1880年という歴史あるドメーヌですが、その基礎を固めたのは、1950年に3代目当主としてドメーヌを継承した孫のシモンで、葡萄栽培のみならず、醸造家としての才能にも恵まれた彼は、ブルゴーニュワインの二大改革である「トラクター使用とドメーヌ元詰め」をサヴィニーで真っ先に導入し、ドメーヌの知名度を高めました。

 そして、ドメーヌを飛躍的に発展させたのが1972年にドメーヌを引き継いだ息子のパトリックです。彼はドメーヌの名声をさらに高めると同時に、葡萄畑を大きく拡張し、1995年にラトリシエール・シャンベルタン、1997年にコルトン・シャルルマーニュと、赤白ふたつのグラン・クリュをいずれもメタヤージュ契約ではありますが、手に入れることに成功し、サヴィニー・レ・ボーヌのトップ生産者にとどまらず、ブルゴーニュのトップ生産者の仲間入りを果たします。

 シモン・ビーズが本拠地としているサヴィニー・レ・ボーヌは、コート・ボーヌの北に位置し、ロアン川が流れるペルナン・ヴェルジュレス側とボーヌ側の谷間の斜面の上流にある美しい村です。いずれも川に近い位置や平坦な場所が「村名」畑で、丘の中腹が「一級」畑となっています。

 一級畑レ・フルノーは、ヴェルジュレスの麓に位置し、サヴィニー・レ・ボーヌの一級畑では、最もアロース・コルトンに近い性格を持つ面積7.90haの畑です。畑名は「オーブンの中」を意味しており、「熱がこもる場所」のようで、実際に昔ここには炭焼き窯があったそうです。

 レ・フルノーの小区画「シャン・シュヴレ」はドメーヌ・トロ・ボーのモノポールとして有名な畑で、シモン・ビーズが所有するレ・フルノーの区画1.0haはその隣に位置している南向きの畑で、小石が多く含まれた粘土質の土壌となっています。

 植えられている葡萄樹は、1962年、1963年に植樹された古樹で、この葡萄から造られるワインは、赤い果実の中に動物的なニュアンスが感じられ、力強さとエレガンスを兼ね備えており、アロース・コルトンに似た骨格のある味わいが特徴です。

 2012年のブルゴーニュの赤は優良年と評価されるヴィンテージで、リリース後7年を経て、そろそろ飲み頃に入ったドメーヌ蔵出し正規品のバック・ヴィンテージ、サヴィニー・レ・ボーヌ一級レ・フルノー2012を是非お試し下さい。


 こちらのインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、店舗内セラー保管商品です。


【商品内容】
商品名:サヴィニー・レ・ボーヌ一級
    レ・フルノー2012 

仏語名:2012 Savigny-les-Beaune 1er Cru
     Les Fournaux

生産者:ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フィス
    (Domaine Simon Bize & Fils)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended