特級ミュジニー2012 [ドメーヌ・ジャック・プリウール]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 59,800円(税込)
在庫数 1本
購入数

ブルゴーニュを代表する銘酒”特級ミュジニー”

女性初のベスト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたナディーヌ・ギュブランの優良年の逸品



 ブルゴーニュを代表する銘酒、特級ミュジニーはシャンボール・ミュジニーの南端にあり、エシェゾーに接する10.85haのクリマですが、次の三つのリュー・ディ(小区画)から構成されています。

〇レ・ミュジニー [Les Musigny] (5.90ha)
〇レ・プティ・ミュジニー [Les Petits Musigny] (4.19ha)
〇ラ・コンブ・ドルヴォー [La Combe d'Orveau] (0.77ha)


 ミュジニーの最大の畑所有者はコント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエで、ミュジニーの面積10.85haの約70%にあたる7.12haを保有(小区画レ・プティ・ミュジニー4.19haは全てヴォギュエが所有)しており、ミュジニーを毎年約3万本造る、最大かつ最高の造り手として全世界に知られています。

 羨望の特級畑ミュジニーの所有者は僅か10名に過ぎませんが、実はコート・ド・ボーヌのムルソー村に本拠地がありながら、ヴォギュエ、そしてジャック・フレデリック・ミュニエに次ぐミュジニー三番目の広さの畑面積を所有しているのが、ドメーヌ・ジャック・プリウールなのです。下にミュジニーの主要所有者の区画図とドメーヌ・ジャック・プリウールの所有するラ・コンブ・ドルヴォー区画付近の写真を掲載していますのでご覧ください。




 上のミュジニー区画図の通り、ドメーヌ・ジャック・プリウールは、ミュジニーを構成する三つの小区画の内の一つ、面積0.77haの小区画ラ・コンブ・ドルヴォー [La Combe d'Orveau](上の区画図の中の黄色で塗ったEの部分)の全てをモノポールとして占有しています。この小区画ラ・コンブ・ドルヴォーは、北側がヴォギュエが単独所有するミュジニーの小区画レ・プティ・ミュジニー、南側はエシェゾー、そして東側はクロ・ド・ヴージョに囲まれた小区画で、この区画がミュジニーに編入されたのは0.62haが1929年、残りの0.15haが1989年のことです。

 ジャック・プリウールは18世紀末にムルソーに設立されたブルゴーニュ屈指の名門ドメーヌで、ドメーヌの初代当主ジャック・プリウール氏は「ブルゴーニュ利き酒騎士団(シュヴァリエ・ド・タストヴァン)」の創始者の1人です。

 ドメーヌの本拠地が特級畑のないムルソー村にあるにもかかわらず、ドメーヌ・ジャック・プリウールの所有する畑は素晴らしく、シャンベルタン、ミュジニー、モンラッシェ、コルトン・シャルルマーニュ等、 コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌの錚々たる特級畑9つを所有し、「グラン・クリュ・コレクター」と称されるほどのブルゴーニュ随一の豪華なラインナップを誇ります。

 しかし折角の銘醸畑を所有しながら長い間低迷していましたが、1990年に前社長ベルトラン・ドゥヴィヤール氏(現在ニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌ・デ・ペルドリのオーナー)の抜擢によりナディーヌ・ギュブラン女史が総括醸造責任者に就任し、ドメーヌ・ジャック・プリウールが昔日の栄光を取り戻して甦る大きな原動力となりました。彼女はこの功績等により1997年に女性初の「ベスト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」に輝き、2000年代に入るとビオロジックの完全実施等更なる改革を進め、今やジャック・プリウールは押しも押されもせぬ人気ドメーヌの地位にあります。

 上述したように、特級ミュジニーの所有者は僅か10名と少なく、しかもヴォギュエ以外の造り手が保有する畑面積はいずれも極小であるため、ジョルジュ・ルーミエを筆頭に生産量が少なく、市場であまり見かけることのない、稀少なプレミアムワインとなっています。

 こちらはドメーヌ・ジャック・プリウールの醸造責任者で名醸造家のナディーヌ・ギュブランの造る特級ミュジニーで、ヴィンテージは優良年2012年の逸品です。


 こちらはドメーヌ蔵出しの正規品で、エノテカ那須レンタルセラー在庫商品ですが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。
 
*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


【商品内容】
商品名:特級ミュジニー2012
仏語名:2012 Musigny Grand Cru
生産者:ドメーヌ・ジャック・プリウール
    (Domaine Jacques Prieur)
容量 :750m
タイプ:赤ワイン






Your recent history

Category

Recommended