特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2015[ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 89,640円(税込)
在庫数 1本
購入数

偉大な祖父シャルル・ノエラから引き継いだ珠玉の特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァン。
グレート・ヴィンテージ2015年の逸品


ロマネ・サン・ヴィヴァンの中でDRCとルロワの間に挟まれた僅か0.48haの好立地区画

 ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラは、シャンボール・ミュジニー生まれのアラン・ユドロ氏とヴォーヌ・ロマネに本拠を置いた名門ドメーヌ・シャルル・ノエラの孫娘オディル氏が結婚後1964年にヴージョで創設したもので、ドメーヌの名称は双方のファミリー・ネームを結合させたものです。



 その後1978年にオディル夫人が祖父シャルル・ノエラの所有畑の4分の1を受け継ぎ、ヴォーヌ・ロマネからシャンボール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュにかけて一挙に珠玉の畑を所有することとなります。



 シャルル・ノエラは全盛期には、ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエと比較されるほどの名ドメーヌでしたが、1988年ドメーヌ・ルロワに畑を売却したため、シャルル・ノエラの名前は消失し、現在はそれらの畑からはドメーヌ・ルロワの珠玉のワインが生み出されています。従って、ドメーヌ・ルロワとドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラの所有する畑は元々一つだったため、両者の区画は近接しており、同一のテロワールを有しています。



 ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラの現当主はアラン・ユドロ氏とオディル夫人の孫にあたるシャルル・ヴァン・カネイ氏です。1988年生まれのカネイ氏は、2008年にドメーヌを引き継ぎ、2005年からここで働くヴァンサン・ムニエ氏の補佐の下で葡萄栽培、醸造、マーケティングにいたるまでドメーヌの仕事のほとんどを委ねられています。



 そんなシャルル・ノエラの畑を引き継いでいるアラン・ユドロ・ノエラのワインは、きめ細やかで華やかなワインとして知られ、人気漫画「神の雫」の中でも「とても女性的なやさしいワインを造るドメーヌ」として紹介されています。ドメーヌの本拠地はヴージョ村ですが、偉大なシャルル・ノエラの畑を引き継いでいるだけに、ヴォーヌ・ロマネにも特級、一級、村名に至るまで優れた畑を所有しています。

 ここで特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンについて少し詳しくご説明します。特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンは、世界最高の畑ロマネ・コンティとリシュブールの真下にある3つの区画から構成される9.43haの平坦な畑で、ロマネ・コンティの生産者として名高いDRC社(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)の5.29haを筆頭に現在10人の所有者がいます。
 
 「ヴォーヌ・ロマネ村=ロマネ・コンティ」とすぐに連想しがちですが、中世の頃のヴォーヌ・ロマネ一帯は、西暦890年頃に設立されたサン・ヴィヴァン修道院が所有していました。
 特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンは、このサン・ヴィヴァン修道院が12世紀に数度にわたり寄進を受けたものですが、16世紀頃まではワイン造りを伝えたローマ人を意味する「ロマネ」と呼ばれていました。
 世界最高の畑ロマネ・コンティは、このロマネ・サン・ヴィヴァンの中にあった一区画[Cloux des cinq journaux]が、1584年に単独で売却・分化され、後に1760年にここを購入したコンティ公の名にちなんでロマネ・コンティとなったもので、歴史的な観点から見ればロマネ・サン・ヴィヴァンが由緒正しい本家の畑と言えるのです。

 フランス革命後の1791年、ロマネ・サン・ヴィヴァンはブルゴーニュの大地主マレ・モンジェ家(Marey-Monge)が全区画9.43haを全て所有し、その後少しずつ切り売りしていきますが、それでも1988年までは子孫のネイラン家が9.43haの半分以上を占める5.29haを所有していました。DRC社はネイラン家からこの区画を賃借して特級ロマネ・サン・ヴィヴァンを造っていたのです。

 ところが1988年に相続問題がネイラン家に発生し、高額の相続税を納めるために、この5.29haの区画をこれまで賃貸契約関係にあったDRCに売却することになります。DRCはこの買収資金に充てるため、これまで所有していた特級畑グラン・ゼシェゾーとエシェゾーの一部を売却し資金を捻出、ロマネ・サン・ヴィヴァンを購入したのです。また、この時北端の一区画をシャルル・ノエラが購入しています。

 この経緯を聞くと、DRC社がロマネ・コンティの本家とも言える歴史ある銘醸畑ロマネ・サン・ヴィヴァンをいかに高く評価しているか、またいかに欲しかったかが分かりますね。ですから、DRCのロマネ・サン・ヴィヴァンのボトルのエチケットには、畑の最初の所有者マレ・モンジェ家に敬意を払い、「Marey-Monge」の名が刻まれているのです。

 一方、今や伝説となった幻のドメーヌ・シャルル・ノエラのロマネ・サン・ヴィヴァンの畑は、ドメーヌ・ルロワと孫のドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラに継承されたため、珠玉の特級畑(リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、クロ・ド・ヴージョ)に所有する両者の区画は相互に近接した場所に位置しています。



 参考までに、ロマネ・サン・ヴィヴァンのルロワとアラン・ユドロ・ノエラの区画に隣接してジャン・ジャック・コンフュロンが所有する区画がありますが、この畑もシャルル・ノエラのもう一人の孫娘が嫁いだことによりコンフュロン家が相続したもので、元々シャルル・ノエラの所有する一つの畑だったためです。



 下に、現在のロマネ・サン・ヴィヴァンの所有者の区画図を掲載します。ルロワとジャック・コンフュロン、そしてアラン・ユドロ・ノエラの所有する区画が隣り合っている理由は、元々シャルル・ノエラが所有する一つの畑だったためであることが良くお分かりになると思います。




 

 元々珠玉の畑を有するだけに、新進気鋭の若き後継者を得て、近年その評価は急上昇していますが、フランス国内やヨーロッパ各国に根強い人気があり、EU以外への輸出量は全生産量の20%程度と言われています。米国においても評価は非常に高く、著名なワイン評論家パーカー氏も「探し求めてでも、手に入れたい宝石のようなワイン」と絶賛しています。



 当然、日本でも大人気で、しかも販売数も少量であることから、毎回リリース後、即完売の入手困難な稀少プレミアムワインの代表格で、今や日本のブルゴーニュ愛好家の方々にとってはまさに垂涎と羨望のドメーヌとなっています。



 特にこちらの特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2015はグレート・ヴィンテージの呼び声の高い2015年の逸品です。



 こちらの商品のインポーターはラックコーポレーションのドメーヌ蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品ですが、セラー契約上お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。


*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。


【商品内容】
商品名:特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2015 
仏語名:2015 Romanee St-Vivant Grand Cru

生産者:ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ
     (Domaine Alaine Hudelot Noellat)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended