シャトー・オーゾンヌ2019 [サン・テミリオン/Saint-Emillion]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 108,900円(税込)
在庫数 1本
購入数

世界的なコロナの影響や米国の関税の関係で、優良年ながらシャトーの蔵出し価格が下がったお買い得ヴィンテージ


シャトー・シュヴァル・ブランと双璧を成すサン・テミリオンの王者「シャトー・オーゾンヌ2019」

 シャトー・オーゾンヌは、サン・テミリオンの王者と評され、ペトリュスを凌ぐ程の人気シャトーですが、難点は年間生産量が僅か2万本程度で非常に少なく、入手困難なことです。

 それだけに、一度は飲んでみたいと思っている方も多いワインなのですが、実は八大シャトーの中で“最も見つけるのが困難なワイン”として知られているとても希少な生産者です。それは、オーゾンヌの畑の面積がわずか「7ha」しかないことが最大の理由です。サン・テミリオンのもう一つの雄「シャトー・シュヴァル・ブラン」と比べると約1/5の畑面積で、しかも、30hl/haという極めて低収量なのです。

 オーゾンヌのスタイルは、シャトー・シュヴァル・ブランとは全く異なります。シャトー・オーゾンヌのワインは、真価を発揮するためには長い時間を要し、若いうちはしばしば厳しい評価を下されることもあります。

 時には「分かりにくい」と評されることもあるワインですが、良い年のものであれば、100年以上の熟成にも耐えることができ、全ボルドーの中で、最も個性的であり、完成度の高いワインがシャトー・オーゾンヌなのです。


 こちらはボルドーの優良年2019年のシャトー蔵出しの「シャトー・オーゾンヌ2019」です。

 2019年のボルドーは、夏に気温が高く、乾燥した日が続き、水分不足が心配されていましたが、幸運にも丁度良いタイミングで降雨があり、また、昼夜の寒暖差が葡萄に鮮度をもたらすなど、テロワールに祝福されたヴィンテージとなりました。

 特に保水力のある粘土質土壌の右岸シャトーは素晴らしい収穫条件となり、カベルネ・フラン65%、メルロー35%のセパージュで造られた[シャトー・オーゾンヌ2019]は、パーカーポイント「98+点」を獲得しています。また、予想される飲み頃を、2029年から2065年としており、極めて長命のワインです。

 ワイン愛好家にとってもう一つ嬉しいことは、ブルゴーニュとは正反対にシャトーの蔵出し価格がかなり値下げされていることで、これには新型コロナの世界経済への影響や最大の輸入国米国のフランス産ワインに対する関税のアップ等が影響しているようです。

 従いまして、秀逸なヴィンテージながら比較的お求めやすい価格でリリースされたボルドーの2019年は、[お買い得ヴィンテージ]と言え、お薦めです。
 もともと生産量が少ないレア・ワインだけに、高評価のヴィンテージとなるとなかなか、お手頃価格で見つけられるものではありません。この希少なワインを入手できるチャンスをどうぞお見逃しなく!


 こちらは、ラックコーポレーション輸入のシャトー蔵出し品で、エノテカ那須レンタルセラー保管商品ですが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。




商品名:シャトー・オーゾンヌ 2019
   [サン・テミリオン格付け第一特別級A]

仏語名:2019 Chateau Ausone
   [Saint-Emillion Premiers Grand Cru Classes A]
   
容量750ml  赤ワイン




Your recent history

Category

Recommended