特級クロ・ド・ヴージョ2019 [ドメーヌ・二コル・ラマルシュ(旧フランソワ・ラマルシュ)]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 29,700円(税込)
在庫数 1本
購入数

父フランソワ・ラマルシュを継ぎ、2018年ヴィンテージからドメーヌ名を改称し、名実ともに新たな歴史を刻み始めたドメーヌ・二コル・ラマルシュ

ドメーヌ・二コル・ラマルシュが4区画、合計1.35haの畑の葡萄をブレンドして造る
最新ヴィンテージの「特級クロ・ド・ヴージョ2019」


 ロマネ・コンティとラ・ターシュに挟まれた稀有な立地を誇る特級畑ラ・グランド・リュを始めとする名だたる特級・一級畑を所有することで知られるのがドメーヌ・フランソワ・ラマルシュです。
 
 現在このドメーヌを取り仕切るのは2003年にドメーヌに参画した長女のニコル・ラマルシュ女史で、彼女は2006年から父フランソワ氏の手を借りずにワインを造っています。

 以前から「よいワインではあるが、どこか粗削りな部分や物足りなさが感じられる」との評価であったドメーヌ・フランソワ・ラマルシュのワインですが、上述したように2003年に醸造にフランソワの長女ニコルがつき、販売に姪のナタリーが加わり、大きく世代交代を果たします。

 この世代交代を機に、葡萄畑での作業がより丁寧になっただけでなく、樽の吟味も徹底、同時に葡萄畑の改革も進め、2010年には所有する畑すべてがビオロジック農法で栽培されるようになっており、世代交代したドメーヌ・フランソワ・ラマルシュはトップ・ドメーヌの座を揺るぎないものにしています。

 そして2013年にフランソワ氏が亡くなって以降もフランソワ・ラマルシュ名でワインをリリースしてきましたが、2018年ヴィンテージからドメーヌ名を自分の名前を冠した「ニコル・ラマルシュ」に変え、名実ともに新たなラマルシュ家をスタートさせました。

  こちらは新生ドメーヌ・二コル・ラマルシュの二年目となる最新ヴィンテージ2019年の「特級クロ・ド・ヴージョ2019」です。

 ブルゴーニュ最大の特級畑である面積50.96haのクロ・ド・ヴージョは、一般的には教皇の畑と言われていた上部の区画が優れていると考えられていますが、実際にはそれほど単純ではなく、畑全体に斜面の麓から上部にかけてなだらかな傾斜や波のようなウネリがあり、場所ごとにテロワールは微妙に異なっているようで、例えば最も優れた(価格面でも最も高価な)クロ・ド・ヴージョを産み出すドメーヌ・ルロワも所有畑の約半分は下部の区画にあります。

 フランス革命で1790年に畑が没収されるまで、シトー会修道院が全て所有していたクロ・ド・ヴージョは、ロマネ・コンティやシャンベルタンと並び称されていた銘酒でしたが、これは単一テロワールがもたらしたものではなく、様々な小区画から生まれるワインを寄せ集めてブレンドするというシトー会修道士たちのボルドー的な熟練した技術にあったとされています。

 ですから、やはり最終的には、小区画の位置だけではなく、畑の耕作と葡萄の栽培・剪定、収量・選果そして醸造技術の腕前が品質を左右する要因となります。

 ロマネ・コンティとラ・ターシュに挟まれた稀有のモノポール「ラ・グランド・リュ」で知られるドメーヌ・二コル・ラマルシュはクロ・ド・ヴージョに立地条件の良い四つの区画で合計1.35haの面積のまとまった畑を所有しています。下にクロ・ド・ヴージョ全景とラマルシュ家の所有区画を示す航空写真を掲載しておりますので、その位置をご確認下さい。(黄色の線で囲った四つの区画がラマルシュ家の所有区画です。)



 上の写真の通り、その内二つの区画はクロ・ド・ヴージョ城のすぐそば(写真内の,鉢◆に、他の一つは特級畑エシェゾーと接する古区画プティ・モーペルテュィ内(写真内の)にあるという好立地で、残りの一つは下部ですがルロワと近接した所(写真内のぁにあり、ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュの時代から、これらをブレンドすることで、素晴らしいクロ・ド・ヴージョを造っています。

 ドメーヌ・二コル・ラマルシュのクロ・ド・ヴージョの所有面積は1.35haで、約80人の所有者中12番目の地主で、比較的生産本数も多いことから、フランソワ・ラマルシュの時代からコスト・パフォーマンスの高いクロ・ド・ヴージョと評価されています。

 新生ドメーヌ・二コル・ラマルシュの二年目となる最新ヴィンテージ2019年の評価は、各種ヴィンテージ・レポートによれば、『2019年は4月の気温低下による霜害、初夏の天候不順に伴う花ぶるいや結実不良、更に、夏の酷暑と水不足により、収量は2018年より25%〜35%減少するものの、陽射しに恵まれて、収穫された葡萄の熟度は高く、酸も豊かであることから品質は極めて良好で、年号末尾に「9」の付く年は優良年というジンクスは守られる』とのことで、お薦めです。 

 なお、クロ・ド・ヴージョの歴史や所有者の区画図の等の詳細は当店HPトップ画面のカテゴリー「ブルゴーニュ銘醸畑詳細と区画図【クロ・ド・ヴージョ】」をご参照下さい。


 こちらのインポーターはラックコーポレーションの蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー在庫商品ですが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。

*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。 


【商品内容】
商品名:特級クロ・ド・ヴージョ 2019
 
仏語名:2019 Clos de Vougeot Grand Cru

生産者:ドメーヌ・二コル・ラマルシュ
   (旧フランソワ・ラマルシュ)
   (Domaine Nicole Lamarche)
容量 :750m
タイプ:赤ワイン


Your recent history

Category

Recommended