ヴォーヌ・ロマネ一級レ・スショ2018 [ドメーヌ・ニコル・ラマルシュ(旧フランソワ・ラマルシュ)]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 17,380円(税込)
在庫数 1本
購入数

ラ・グランド・リュを特級に導いた父フランソワ・ラマルシュを継ぎ、2018年ヴィンテージからドメーヌ名を改称

名実ともに新たな歴史を刻み始めたドメーヌ・二コル・ラマルシュの記念すべきファースト・ヴィンテージの正規品



特級畑に囲まれ、特級並みのポテンシャルを持つ銘醸畑
ヴォーヌ・ロマネ一級レ・スショ2018



 ロマネ・コンティとラ・ターシュに挟まれた稀有な立地を誇る特級畑ラ・グランド・リュを始めとする名だたる特級・一級畑を所有することで知られるのがドメーヌ・フランソワ・ラマルシュです。
 
 現在このドメーヌを取り仕切るのは2003年にドメーヌに参画した長女のニコル・ラマルシュ女史で、彼女は2006年から父フランソワ氏の手を借りずにワインを造っています。

 以前から「よいワインではあるが、どこか粗削りな部分や物足りなさが感じられる」との評価であったドメーヌ・フランソワ・ラマルシュのワインですが、上述したように2003年に醸造にフランソワの長女ニコルがつき、販売に姪のナタリーが加わり、大きく世代交代を果たします。

 この世代交代を機に、葡萄畑での作業がより丁寧になっただけでなく、樽の吟味も徹底、同時に葡萄畑の改革も進め、2010年には所有する畑すべてがビオロジック農法で栽培されるようになっており、世代交代したドメーヌ・フランソワ・ラマルシュはトップ・ドメーヌの座を揺るぎないものにしています。

 そして2013年にフランソワ氏が亡くなって以降もフランソワ・ラマルシュ名でワインをリリースしてきましたが、2018年ヴィンテージからドメーヌ名を自分の名前を冠した「ニコル・ラマルシュ」に変え、名実ともに新たなラマルシュ家をスタートさせました。

  こちらは新生ドメーヌ・二コル・ラマルシュの記念すべきファースト・ヴィンテージとなる「ヴォーヌ・ロマネ一級レ・スショ2018」です。

 神に愛された村「ヴォーヌ・ロマネには並みのワインはない」との言葉通り、優れた一級畑がありますが、このレ・スショもヴォーヌ・ロマネを代表する優れた一級畑の一つで、特級並みのポテンシャルを持つと言われています。

 レ・スショは、北をエシェゾー、南をリシュブールとロマネ・サン・ヴィヴァンの特級畑に挟まれた優れた立地にある面積13.28haのヴォーヌ・ロマネ村最大の一級畑です。標高250m〜270mにあるこの緩やかな斜面は南東を向いており、粘土質の強い石灰質と泥灰質の土壌から成っています。

 下にヴォーヌ・ロマネ中心部の葡萄畑地図を掲載していますので、レ・スショの位置をご確認下さい。



 錚々たる特級畑エシェゾー、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァンに囲まれているレ・スショが特級畑ではなく、一級畑に格付けされているのは、周囲の特級畑に比べて少し低くなっているのが理由とされていますが、それでもこの抜群の立地からは卓越したワインが産み出されており、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラやシルヴァン・カティアール、ブリューレ・ロック等の多くの優れた生産者がレ・スショを造っています。

 ドメーヌ・二コル・ラマルシュも旧ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ時代から優れた造り手の一人として知られており、レ・スショに所有する面積0.58haの小さな畑に植えられた平均樹齢40年の葡萄から素晴らしいレ・スショを造っており、稀少ワインの一つとして人気があります。

 また、新生ドメーヌ・二コル・ラマルシュの記念すべきファースト・ヴィンテージでもある最新ヴィンテージ2018年は、2017年と同様に暑く乾燥した夏と収穫期の温暖な気候のおかげで、「豊作で葡萄の熟度も高く、果実味に溢れて芳醇」と報告されており、お薦めです。 


 こちらの商品のインポーターはラックコーポレーションの蔵出し正規品で、エノテカ那須レンタルセラー在庫商品ですが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。
 
*エノテカ蠅函当店及び当ホームページとは、業務上及び営業上の関係は一切ございません。
 


【商品内容】
商品名:ヴォーヌ・ロマネ一級レ・スショ2018
 
仏語名:2018 Vosne Romanee 1er Cru Les Suchots

生産者:ドメーヌ・二コル・ラマルシュ
   (旧フランソワ・ラマルシュ)
   (Domaine Nicole Lamarche)
容量 :750m
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended