特級 クロ・ド・ラ・ロッシュ2013 [ドメーヌ・アルマン・ルソー]

型番 エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 58,300円(税込)
在庫数 1本
購入数

アルマン・ルソーが本拠地ジュヴレ・シャンベルタン以外に唯一所有するモレ・サン・ドニの特級畑
「クロ・ド・ラ・ロッシュ」


低収量と厳しい選果で生産量激減ながら、
「化けたヴィンテージ」と評価される2013年



 ドメーヌ・アルマン・ルソーは、ブルゴーニュで最も偉大なドメーヌの一つで、ブルゴーニュとジュヴレ・シャンベルタンを語るには欠くことのできない生産者です。
 
 アルマン・ルソーの所有する畑の特徴は、何といってもその豪華さで、所有する約15haの内、村名畑はわずか3ha、一級畑も4ha弱に止まる一方で、特級畑が8ha以上を占めています。
 
 クロ・ド・ラ・ロッシュはルソー家が本拠地ジュヴレ・シャンベルタン以外に所有する唯一の特級畑で、モレ・サン・ドニを代表する16.9haの畑で、極めて長命のワインとして有名です。

 ルソー家の所有する畑面積は1.5haですが、二区画に分かれています。小区画レ・フルニエールにある1haは1920年代に購入されたもの、もう一つの0.5haの区画は元々のクロ・ド・ラ・ロッシュ内にあって、1975年の購入後すぐに植え替えをしたもので、この二区画の葡萄を一緒に仕込んでいます。

 2013年のブルゴーニュは天候に悩まされた年でした。 春は雨と高い湿度に悩まされ、全体的に生育が遅くなり、開花期にも雨が降り、花ぶるいや結実不良が起きてしまいます。更には比較的冷涼な夏となり、雹の被害を受けることにもなりました。多雨、低温、霜害、雹害、花ぶるいにベト病と、葡萄栽培には苦難の年でした。従って2013年は一般的にはヴィンテージチャートは平均年評価とされています。

 しかし、実際に蓋を開けてみると2013年ヴィンテージは綺麗でエレガントなミレジムとなり、「良いサプライズ」もしくは「化けたヴィンテージ」というのが現在の生産者の評価です。

 この理由は、収穫前の8月は晴天が続き、赤はタンニンの熟成をじっくりと待てる好機を得たので、多くの優良生産者は、完熟した葡萄を得るには収量をぎりぎりまで低くし、選果も厳しくしたため、凝縮感があり、各テロワールの特徴が際立っているヴィンテージとなったためです。

 その反面、生産者が葡萄の収量管理を甘くしたり、傷んだり腐ったりしたものの選果を怠ったりした場合には、健全な果実味を伴わないワインになってしまいますので、2013年は生産者の技量とワイン造りの姿勢が問われるヴィンテージであり、また、生産者を選別して購入するヴィンテージと言えるのではないでしょうか。


 こちらはさいたま市の老舗卸商(株)松澤屋がリーファー・コンテナで直輸入したもので、エノテカ那須レンタルセラー保管商品となりますが、セラー契約上、お客様への直送はできないため、一旦当店を経由しての配送となりますので、通常より2〜3日お時間をいただきます。
 


【商品内容】
商品名:特級 クロ・ド・ラ・ロッシュ2013 
仏語名:2013 Clos-de-la-Roche Grand Cru
生産者:ドメーヌ・アルマン・ルソー
    (Domaine Armand Roussau)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン


Your recent history

Category

Recommended