モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ2006 [ドメーヌ・デュジャック]

型番 エノテカ那須エイジングワインセラー/エノテカ那須レンタルセラー在庫
販売価格 23,760円(税込)
在庫数 1本
購入数

ジャック・セイスが造るデュジャックの看板ワイン

 

特級クロ・ド・ラ・ロッシュの若木の葡萄を使った稀少な特別キュベ



好条件下で12年の熟成を経た

「知る人ぞ知る稀少品」


2018年6月9日再入荷しました!!

 
 7つの特級畑以外にも6つの優れた一級畑をもっているデュジャックですが、このモレ・サン・ドニ プルミエ・クリュは通常の一級畑とは異なる「知る人ぞ知る稀少品」です。

 ご存知の通り、ブルゴーニュでは全ての葡萄畑は格付けされており、特級・一級はその畑名をエチケットに記載します。
ところがこちらのワインは、エチケットをご覧になればお分かりの通り、「モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ」の表記のみで、畑名の記載はありません。

 実は、「モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ」とは、モレ・サン・ドニで最も偉大かつ最も長命な特級ワインで、デュジャックの看板ワインである「クロ・ド・ラ・ロッシュ」の若木の葡萄を使用し、あえてデクラセ(格下げ)して造られる1級ワインという稀少なスペシャル・キュベなのです。

 ここで特級畑クロ・ド・ラ・ロッシュについて少しご説明します。クロ・ド・ラ・ロッシュは、モレ・サン・ドニ村最北の斜面中腹に位置する面積16.9haのグラン・クリュで、デュジャックは、ここに1.95haの面積を所有しています。

 クロ・ド・ラ・ロッシュの土壌は薄く、石の多い粘土石灰質でミネラル分を多く含むことから、味わいの傾向としては、北隣のジュヴレ・シャンベルタンのタンニンと南隣のシャンボール・ミュジニーのフィネスの二つの特徴を映し出すと言われます。

 デクラセしながらも、特級クロ・ド・ラ・ロッシュに求められる濃厚で力強いスタイルを完璧に体現した、並大抵のグラン・クリュを凌ぐ一本に仕上がっています。

 生産量も少ない上に、名手デュジャックのフラッグシップ・ワインを味わえることが人気で、デュジャックの銘柄で真っ先に完売となる超人気商品です。しかも、こちらの商品は10年間好環境下で熟成させた良コンディションのものです。

 ドメーヌ・デュジャックも世代交代が進み、現在はジャックの息子、ジェレミー(1975年生まれ)とアレック(1977年生まれ)がそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでおり、現在のジェレミーのワイン造りのスタイルはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかり、果実味も充実したものとなっているようです。

 こちらの2006年ヴィンテージは、まだジャック・セイス時代のもので、完全無除梗による全房醸造がこの当時のドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡いが、香りと味わいはしっかりしているというものでした。現在のものと飲み比べてみると面白いと思います。


こちらの商品「モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ2006」は現在はエノテカ那須レンタルセラー在庫商品ですが、インポーターはエノテカ(株)で、2008年の輸入・通関後、2018年6月まで環境と設備の優れた同社のワイン専用倉庫の那須エイジングワインセラーに保管されていた良コンディションのものです。状態確認とエチケットのチェックのため、エノテカ那須レンタルセラーに移動しました。

また、レンタルセラー契約上、エノテカ那須からお客様への直送ができず、当店経由の配送となり、エノテカの管理下から離れるため【秘蔵】マークは付けておりませんが、那須の好環境下で12年の熟成の時を経た好コンディションのものです。



【商品内容】
商品名:モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ2006  
仏語名:2006 Morey-Saint-Denis 1er Cru
生産者:ドメーヌ・デュジャック(Domaine Dujac)
容量 :750ml
タイプ:赤ワイン

Your recent history

Category

Recommended